4131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2019-06-27 令和元年第397回定例会(第5号) 本文 2019-06-27

国の援助を受けながら実施するのだが、角田市としても一般財源の支出が避けられない状況であり、交付金を充てても問題がない旨の国の回答から、交付金を充当、支出を行った。いらっしゃいプランについては、震災当時、沿岸部から内陸部へ引っ越しをしてくる方がおり、新築や中古住宅を購入した方への助成も、本交付金の該当事業になり得るとの判断で充当した。

角田市議会 2019-06-26 令和元年第397回定例会(第4号) 本文 2019-06-26

それ以外ということになってくると、相当規模の調査になってくると思いますが、学校問題だけではなくて、道路沿いにそういう危険ブロック塀等があった場合、いざというときに、地震があったときに心配なわけでありますから、全ての物件を詳細にというわけにはいかないでしょうけれども、目視で確認しながら、何らかの対応がとれるようなことは必要だと思っております。

角田市議会 2019-06-25 令和元年第397回定例会(第3号) 本文 2019-06-25

特に東日本大震災による放射性物質の飛散問題が発生して以降、食肉利用に制限がかかったため狩猟での捕獲数が減少したが、このことも生息数に影響し、被害拡大の一因になったと推測される。ここ数年では、水田の畦畔や道路の法面の掘り返しに加え、車両への衝突事故など、生活環境への被害が頻発している」とあります。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  防災・減災推進調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

○ 市民の実行動を向上するという視点で見たときに、発災時に、トンネルや  道路が使えないといった情報市民から入れてもらうようなシステムの構築  も考えていく必要があるのではないか。 ○ 障害のある方など情報弱者に対しては、健康福祉局などとも連携し、情報  を手に入れる能力の強弱に応じて、情報が漏れなく届けられる体制づくりを  求めたい。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第7日目) 本文 2019-06-24

まず、第六十五号議案令和元年度仙台市一般会計補正予算(第一号)第一条歳入歳出予算の補正中、歳入第二十二款繰入金に関しまして、「道路照明灯に係る電気料金過払い分の処理に関する市の立場と東北電力の理解」について質疑があり、これに対しまして、「道路照明灯に係る電気料金については、過払い分の料金、未払い分の料金、いずれも市民の皆様からお預かりした税金であり、本市として支払うべきものは支払うことを前提としつつ

栗原市議会 2019-06-24 令和元年産業建設常任委員会 本文 開催日:2019年06月24日

次に、歳出8款土木費2項道路橋りょう費について、担当者の説明を求めます。建設課長建設課長(佐々木輝昭) 同じく説明書19ページでございます。  8款土木費2項道路橋りょう費1目道路橋りょう総務費でありますが、補正前の額4,203万5,000円から12万円を減額し、4,191万5,000円とするものであります。

仙台市議会 2019-06-20 都市整備建設委員会 本文 2019-06-20

13: ◯道路保全課長  そのとおりでございます。 14: ◯すげの直子委員  そして、そこまで終わったことの確認も東北電力はするということになっているということです。そして、電気がついていたわけですから、それがもし契約に反映されていないとすれば、それはやっぱり、東北電力側の問題になるのではないかなというふうに思うんですけれども、いかがでしょうか。

栗原市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月20日

この問題は、これまでも幾度となく議論されてまいりましたが、高規格道路の開通に伴い、緊急性の高い道路である。そういう認識のもとに改めて質問をいたします。  令和元年6月9日、みやぎ県北高速幹線道路築館工区が開通したことにより、4号バイパスは一関青森方面へ向かう交通量の増加が見込まれます。その中で特に中央病院、築館高校や買い物客などが往来する激しい地域のど真ん中を走りぬけることにもなります。

栗原市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月19日

地区民は一旦八沢方面に上りまして、瀬峰地内の道路下り、高清水との境にある信号機を利用し、通勤、ごみ出し等をしているようでございます。立派な生活道路としてありながら、安全安心のため遠回りをしているのが現状でございます。一昨年の冬には、南側が山で凍結坂でもあります。近所の女性は融雪剤をまいておりました。日陰で危ない坂だからと言って、黙々と作業されておりました。

栗原市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月11日

次に、みやぎ県北高速幹線道路築館工区の開通についてであります。  宮城県が整備をしておりますみやぎ県北高速幹線道路の築館工区が6月9日に開通いたしました。今回の開通区間は、みやぎ県北高速幹線道路の築館萩沢の加倉インターから国道4号バイパスまでの延長1.7キロメートルの区間で、これまで仮称となっていた加倉インターという名称も、公募により築館東インターに決定いたしました。

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議(第3号) 本文

あとは安全面、踏み切りの問題、あるいは鉄塔の問題、いろんな面でこの場所に対する不安というか、そういうものを抱えている町民が多いんです。多いと思います。そういう意味で、そういうことも含めて全部ここでやるとしたときに、この地質の調査の思ったよりの違いというのは、どの程度の大きさで変えるのか。ほかのほうは、いろんな欠点があっても、そこを克服するための努力が見られないんですよね。

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議(第1号) 本文

◯4番(吉田二郎君) これは教育委員会さんだけの問題じゃなくて、町づくりというか町としても駅東、駅西、鉄道の町と言われて発展も期待されたんですけれども、逆に鉄道でこの駅東、駅西のほうの遮断というか、交流が、道路遠回りと言えばあれなんですけれども、違う道路を通ってくるとかそれは可能なんですけれども、すぐ目の前にあってそこを通行というか通るのが、やっぱり人間としては一番の方法だと私は思うんですけれども。

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議(第2号) 本文

次に、(8)児童生徒の問題行動やいじめの問題対策について、現在の状況を伺う。また、統合により改善効果が得られるのか伺うの御質問にお答えいたします。  児童生徒の問題行動につきましては、各学校によって異なりますが、小学校は、発達障害や悩みを抱えた児童が落ちついた学校生活を送ることができないという問題があり、児童に合った対策を模索しながら見つけ出し、学校挙げて取り組んでいるところであります。