運営者 Bitlet 姉妹サービス
341件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 183:◯1番(高橋 豊君) ◯1番(高橋 豊君) 今、中央公民館がリニューアルされまして、創業とか起業支援とかに本格的に乗り出そうという時期ではあるかと思いますが、地元の人が創業とか起業を志すというのはなかなか、何ですかねリスクを考えると踏み出せない状況の方が多いと思います。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 リニューアルされた中央公民館のにぎわい創出事業は、現在、起業・創業に特化し、東北財務局、町内金融機関との包括連携協定を進めていくのか。そもそもこの連携はどのようなものなのか示していただきたい。  (6)観光物産協会の法人化に向けて、次年度からは職員の待遇が改善される見込みが大きい。喜ばしいことであるが、責任も大きくなる。 もっと読む
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 この力を事業として地域で必要な商品やサービスに生かしていただければ角田市ももっと活性化するのではないかなと考えているわけでありまして、その中で、例えば全国の事例を見ますと、シニアファーマーやシニア起業に取り組んでいる自治体が結構あります。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 一方、本市が実施している人材育成事業では、女性を対象とした事業を初め、若者やシニア層等を対象とした事業においても、多くの女性が受講し、卒業後は地域やまちづくり活動、さらには起業するなど、活躍されており、昨年実施した第2次総合計画市民ワークショップでも女性の参加者が多く見られたところであります。   もっと読む
2018-09-07 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年09月07日 の確定により生じた復興交付金の決算剰余金を基金に積み戻す東日本大震災復興交付金事業基金積立金として15億2,081万9,000円、水産加工施設等の集積を促進するため、集積地において水産物加工処理施設または水産物鮮度保持施設を建設する事業者に対して支援する水産業共同利用施設復興整備事業補助金として5,257万2,000円、地域資源等の活用、社会・地域課題の解決などを伴った新たな事業を展開する事業者や起業もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 第3に、保健医療、子育て、暮らし、観光物産、起業、働きやすさ、生き方など、広範な政策分野においてブランド化が記載されております。しかし、いずれもブランド化に至るまでのロードマップが示されず、基本計画及び実施計画の中に特色ある事業もなく、思い切った予算措置もなされず、かけ声だけに終わる気がしてなりません。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 さて、今後の本町の取り組みでございますが、このふるさと投資の仕組みは大変魅力的であると思われますが、事業の進め方などにまだまだ不明な点もございますので、地元金融機関等と連携し、今後の起業、創業支援にあわせて、先進事例などを参考にしながら少し調査研究を進めてまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。 もっと読む
2018-06-18 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月18日 さらには、後継者問題などで廃業する事業者も多い中、創造的産業復興支援事業を継続的に行い、新規起業や新分野への各企業の挑戦を後押しし、活力ある地域産業の育成に尽力してきました。   もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 コミュニティービジネス・ソーシャルビジネスの促進については、地域や社会の課題解決を目指す事業者の起業や新たな事業展開を支援してまいります。  男女共同参画の推進については、昨年度策定した第2次気仙沼市男女共同参画基本計画に基づく施策を推進してまいります。  第2に、地域経営であります。   もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第1号) 本文 本施設は、社会教育を推進する中央公民館の事業と、観光物産、起業創業、商品開発や交流促進などを図るにぎわいプラザの事業を行う複合施設であり、本条例で設置及び管理運営について規定するものであります。  なお、そのほか必要な施設の管理運営につきましては、大河原町公民館条例及び大河原町にぎわいプラザ条例において規定するものであります。   もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第4号) 本文 観光物産の情報発信拠点をつくること、起業・創業など仕事づくり対応の場をつくること、また、町の目玉となる商品づくりの場、交流を拡大する機会と場をつくること、このようなことよりにぎわいを創出する施設とするため、本条例を制定するものであります。  それでは、各条文の概要についてご説明させていただきます。  第1条は、施設の設置の条文であります。  第2条は、名称と位置を規定しております。   もっと読む
2018-03-15 角田市議会 平成30年第392回定例会(第5号) 本文 2018-03-15 最終的には3年を過ぎれば自分でひとり立ちしまして、起業・創業していただくということになりますので、うちとしてもその辺には特に配慮して気配り、目配りしているところであります。 もっと読む
2018-03-12 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月12日−一般質問−07号 一方でまた、予算での質疑がちょっとあやふやになって申しわけなかったのですけれども、石巻版松下村塾、事業としてはおもしろいのですけれども、結果市をどうしたいのか、よそ者が来て、市内で起業してもらうことで、市の起業家の魂に火をつけるだとか、あるいは市のこういう部分を民間で担ってもらえるような起業をしてもらい、行政コストを下げるだとか。  また、IT関係もそうです。以前この場で言いました。 もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第1号) 本文 本年度は、中央公民館内に起業・創業とにぎわい創出の拠点が整備されます。  起業・創業支援については、これまで東北財務局や町内金融機関との包括連携協定を進めておりますので、本年も引き続き商工会や関係機関と連携し、セミナーの開催や相談対応等を強化してまいります。 もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文 環境の変化に対応していく中で、新たな創業、起業・創業を考えるみたいなことってのは、多分これからどんどんふえていくんだと思います。自分の仕事が、AIの進展とともに必要なくなっていくみたいな現実が生まれてくるとすれば、それは自分が取り組む仕事をシフトさせていかなきゃいけない、環境の変化に対応していかなきゃいけないってことになると思います。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文 具体的な事業例といたしましては、新しい給食センターの整備については未来を担う子供たちへの投資と考えておりますし、中央公民館複合化事業につきましては起業や創業の支援機能として地域経済の活性化に向けた投資であり、また、まちづくり支援ルームや既存施設の充実はまちづくりや文化醸成に係る投資と考えております。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文 14:◯7番(岡崎 隆君) ◯7番(岡崎 隆君) また、施政方針の中で商業、サービス業の振興では、中央公民館内に起業・創業とにぎわいの創出の拠点が整備され、東北財務局、町内金融機関との包括連携協定を進め、セミナーの開催、相談対応を行うとありますが、特に起業・創業についての相談対応というのは、起こす起業にかかわることかと思うんですけども、具体的にどのような取り組みになるのか、ちょっと青写真でもいいので もっと読む
2018-02-28 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月28日−議案説明・質疑・委員会付託−06号 その中の一環として松下村塾、いわば来ていただく方に起業をしていただくための啓発、説明会、あとそちらの創業事業、第二創業事業につなぐ前の事業を松下村塾の事業としてやらせていただいております。 もっと読む
2018-02-23 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月23日−施政方針に対する質疑−03号 この事業は、首都圏等の市外在住の方で本市への移住希望者の起業や就業を促進する事業として取り組み、平成29年度は4回の講座を開催し、延べ34名が受講しているとのことであります。そこで、受講者の感想や起業家への意欲について、意向調査はされているのかどうか伺います。また、平成30年度の事業計画について伺います。  3点目は、企業育成支援事業についてであります。 もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 さらに、市内での就労体験を行いながら定住に結びつける石巻チャレンジワーキングや本市で将来起業するために必要な知識習得の場を提供する石巻版松下村塾、移住を希望する方と地域住民との交流の機会の提供などを実施し、一人でも多くの方の定住につなげられるよう努めてまいります。 もっと読む