763件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美里町議会 2019-03-25 平成31年行財政・議会活性化調査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-25

また、定住化促進についての政策提言を受け、地域おこし協力隊の導入やお試し期間、空き家活用、地域の協力体制整備、雇用の創出等積極的に推進し、交流人口の増加を平成31年度より取り組むということでございます。  6款1項農業費の4目畜産業費についてでございますが、畜産振興の事業対策、畜産の後継者育成への支援はないのかとの意見がありました。

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

首都圏から地方への転入をふやすこと等でありますが、これに関しましては、気仙沼市でも空き家バンク、港であるとか、そういった定住・移住策に積極的に取り組んでおりまして、先日、我々の会派で長野県の佐久市というところに行きまして、そこも定住、移住に随分力を入れているんですが、いろいろなやりとりをする中で、気仙沼市さんのほうが進んでいるんじゃないかという話をいただいたこともありまして、この部分に関しては、本市

白石市議会 2018-12-18 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18

少子高齢化やそれに伴う人口減少問題、駅前活性化について、空き家対策について、医療や福祉の問題、観光振興等、自分たちの住むまちの課題についてよく調べ、よく考え、実にさまざまな質問や提言がなされました。開催したことによって市政や議会について身近に感じていただく機会にもなり、一定の成果は得られたと、個人的には開催して非常によかったと考えております。  

気仙沼市議会 2018-09-25 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日

その後、地元のほうからは、やはり現在使用されていない施設、空き家ですよね。その防犯上の問題なども言われています。今後その跡地利用がきちっと決まるまでの間、その旧市立病院跡地はどのように管理していって、どのように防犯上市としてはやっていただけるのかというお話を寄せられています。

大河原町議会 2018-09-19 2018年9月19日 平成30年決算審査特別委員会(第4号) 本文

町として、じゃ仙南青果やめますとなったときに大河原市場だけあそこを空き家にされて、空き店舗というか、場所だけ土地置いていかれたときに困るのは、やっぱり町だと思うので、もうちょっと踏み込んで話し合いに参加するとかというのはできないかどうか、再度、伺います。 9:◯委員長 ◯委員長 商工観光課長。

大河原町議会 2018-09-14 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文

町営住宅の平成29年度末の管理戸数は267戸、入居している住宅198戸、政策空き家50戸、募集を停止している住宅は19戸でございます。収納率は現年度分の住宅使用料で95.1%、駐車場使用料で93.7%、現年度分での住宅使用料の未納世帯は28世帯、駐車場使用料で16世帯でした。これに過年度分も含めますと、住宅使用料の未納世帯は41世帯、駐車場使用料の未納世帯は26世帯となりました。  

大河原町議会 2018-09-13 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文

2款1項1目一般管理費の1節報酬の空き家等対策協議会委員報酬につきましては、2回開催した金額となっております。  8節報償費、人権講演会等講師謝礼につきましては、11月に行いました人権フェアinおおがわらにおきまして、落語家並びに町内のハンディキャップのある団体の方に出演いただいた謝礼でございます。  

気仙沼市議会 2018-09-07 平成30年第98回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年09月07日

また、民間団体が主催する婚活イベントへの助成や、結婚新生活支援補助金などを通じて、婚活支援や新婚家庭の経済的負担軽減を図るとともに、空き家改修支援事業補助金などの利用促進に努め、移住・定住を促進してまいりたいと考えております。  地域人材の育成については、先月26日、明治大学との連携協定事業として、第3期となるアクティブ・ウーマンズ・カレッジを開講し、27名が受講しております。  

白石市議会 2018-09-03 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03

第4章「産業の活力を生み新しい価値を創造し続けるまちづくり」では、中心市街地で空き家になっていた店舗兼住宅を改修し、移住・定住の拠点施設となる「移住交流サポートセンター」を開設して、市の情報発信や交流の場の提供及び各種移住フェアへの参加など、移住・定住施策を本格稼働するとともに、“すまiる補助金”を前年度に引き続き実施し、定住化の支援を図りました。  

大河原町議会 2018-09-01 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文

最近では、介護保険事業計画、障がい者福祉計画、教育振興基本計画、空き家等対策計画、第6次長期総合計画の策定の際に実施しているところでございます。  なお、これらに対して寄せられました意見は2件でございました。  町で行われる通常の計画策定のプロセスにおいては、アンケートや懇談会の実施、策定委員会での原案協議を経て計画がほぼ固まった段階でパブリックコメントが実施されているところでございます。

美里町議会 2018-09-01 平成30年度9月会議(第2号) 本文

人口増加施策にもなるのではないかなと思っておりますし、空き家対策、空き家価格、宅地価格の下落の歯どめにもなるのではないかと。それなりの経済効果を期待できると思われますが、いかがでしょうか。 ◯議長(大橋昭太郎君) 町長。 ◯町長(相澤清一君) ただいま柳田議員の提案は、非常にいい提案だと思っております。

美里町議会 2018-09-01 平成30年度9月会議(第4号) 本文

申請者89人に対しまして、転入加算、新婚加算、子育て加算を含め3,910万円、空き家を賃貸するために改修した方2件に対して改修費用の2分の1の180万円、改修した空き家に居住した方1人に対しての月額1万円の補助10万円の補助ということでの決算となってございます。以上でございます。

大崎市議会 2018-06-29 平成30年 第2回定例会(6月)-06月29日−08号

4点目、5点目も一緒でございますが、空き家活用策でございます。  これも選挙でいろいろ歩いていまして、北町地区でございましたが、非常に空き家がふえている。この空き家の活用策を何とか考えられないのかな。北町地区においては、集会施設がほとんどないのだよと。確かに中央公民館はございます。中央公民館の場所まで北町の方々が集うということはなかなか難しいと。

大崎市議会 2018-06-28 平成30年 第2回定例会(6月)-06月28日−07号

さらに、空き家となった人家も非常に目立ってきたなというふうなことを特に感じました。このままでは5年後、10年後、この地域の実情、どうなっていくのだろうかなと将来への不安を感じたのも回ってみて感じたところであります。  かつて2014年、日本創成会議・人口減少問題検討分科会が出した推計による消滅可能性自治体、これが896として深刻な話題が物議を醸し出したことを思い出します。

大崎市議会 2018-06-27 平成30年 第2回定例会(6月)-06月27日−06号

また、中小企業の雇用支援の取り組みとして、大学生や高校生を対象としたインターンシップを推進していくほか、近年増加している空き家の対策として移住者向けの利活用を図っております。このような取り組みには試行錯誤の部分もありますので、事業効果を検証し、成果にもこだわりながら持続可能な地域社会を目指してまいりたいと考えているところでございます。  

大崎市議会 2018-06-20 平成30年 第2回定例会(6月)-06月20日−03号

◎市民協働推進部環境保全課長兼放射能対策推進室長兼空き家対策推進室長(尾形良太君) 今回、試験焼却ですけれども、説明会でもお話したとおり、4週を1クールとしまして、1週目の7日のうち5日混焼し、その後の2週目から4週目は検証するというような御説明をしております。  

白石市議会 2018-06-20 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20

平成28年10月から市内全域を対象に、外観調査による建物調査を実施し、831棟の空き家候補が確認されております。平成29年1月には、白石市空家等対策協議会を立ち上げ、本市の基本的な取り組み姿勢や対策を示した白石市空家等対策計画が策定され、1年が経過したことを踏まえ質問いたします。