2145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 美里町議会 平成31年行財政・議会活性化調査特別委員会(第2号) 本文 2019-03-20 こちらなんですけれども、スポーツ施設と同様なんですけれども、第3次美里町財政健全化計画の中にある財政健全化計画の中の使用料等の確保及び見直しのところにある、特にスポーツ及び社会教育施設については利用促進を重点的に進め、使用料の確保に努めるものとしますとあります。 もっと読む
2019-03-12 仙台市議会 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12 また、「条例改正の経緯」について質疑があり、これに対しまして、「不妊治療を受ける夫婦が増加しているという社会情勢があり、本市においても不妊治療に取り組む職員がいることは把握している。不妊治療のための休暇制度はこれまでなかったので、治療と仕事の両立に苦慮しているという声も聞かれていた。 もっと読む
2019-03-08 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08 また、社会全体でいじめの防止に取り組むという意識を一層高めるために、さまざまな手法を用いて市民の皆様に対する啓発に力を入れてまいります。 もっと読む
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 次に、「行政組織の改編について」でありますが、平成31年度は少子高齢化・人口減少等社会の到来、行政需要の多様化、国の新制度への対応など、本市を取り巻く環境は厳しさを増している中で、限られた人員で最大の効果を発揮し、効率的かつ機動的で市民サービスの一層の充実に資する組織体制を目指し、持続可能な行政経営を実現するため、本年度に引き続き行政組織を改編することといたしました。   もっと読む
2018-12-19 白石市議会 平成30年第433回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.12.19 現段階で条例には記載がないが、本会議において、販売施設の将来的な指定管理者制度への移行を想定しているとの答弁があったが、そうなれば市の財政に大きな負担となるのではないかとの質疑については、指定管理者制度への移行がいつになるかなど、まだ具体的に決まっているものは何もないが、指定管理者制度へ移行するとなれば、指定管理者を公募し、審査委員会での公募の中から1者を選び、選定結果を踏まえて市長が議会へ指定管理者 もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 初めに、「少子高齢化社会への対応について」外1カ件、21番鈴木高登君の質問を行います。21番鈴木高登君。 ◎21番(鈴木高登君) おはようございます。  それでは、通告に基づきまして、大きく2点についてお尋ねをさせていただきます。  まず、1点目でございます。 もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 でありますから、我が日本共産党角田市議団は、公設公営ということを早くから言って、民設民営でなければ補助交付にならないという制度前からこれをやっておけばこんな問題が起きなかったのではないかということを指摘いたしまして、討論にさせていただきます。 ◎議長(柄目孝治) 次に、12番武藤広一議員。       もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 市税における滞納処分による給与の差し押さえにつきましては、国税徴収法第76条により、生活保障費など差し押さえ禁止の範囲が定められており、これは滞納者の最低限の生活を保障するものであります。   もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 ただいまお話ししたように、不登校についてはそれが問題行動ではないという認識のもと、地域、社会全体で温かく見守る必要があると思います。 もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 本調査の制度設計は、一人一人の子供の学力の伸びを継続して把握し、その結果をもとに授業改善を図るということを基本としておりますので、本市におきましても複数年継続して実施していきたいと考えております。 ◯志村新一郎議長 15番佐藤秀行議員。 ◯15番(佐藤秀行議員) まず、実施してみることが必要なのかなと思います。   もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 そうすると、その時点で移行するということになれば、ほかにあしたば白石の件も今回指定管理者で出しておりますけれども、手順を踏んで、あしたば白石のような形で指定管理者を公募で募ったりという制度をやりまして、その後に条例も変更して、いわゆる指定管理者とか、それから、開館の時間とか、そういうものもあわせて今度は条例の中に盛り込むというふうな形になってくるというふうに思っております。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 (4)そもそも消費税は、高齢化社会のため、社会保障のためといって消費税が導入されて30年経過しました。増税反対世論は常に5割から7割になっています。低所得者ほど負担がふえる消費税増税は中止しかないと考えます。政府に中止を求めていく考えはないか。  以上伺います。答弁により再質問いたします。 209:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 町長。 もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第1号) 本文 ◯町民生活課長(佐藤吉則君) 国保の制度が、今年度変わりましたわけでございますけれども、昨年度もお話をしているかと思うんですけれども、その数字、とりあえず5億円ということを現時点では考えております。 ◯議長(大橋昭太郎君) 福田議員。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 前段でも述べた男女共同参画社会基本法は、最も根本的な「男女の人権の尊重」「社会における制度または慣行についての配慮」「家庭生活における活動と他の活動の両立」「国際的協調」などをうたっており、現在私たちが取り組むべき男女間の課題を網羅する代表的なものと捉えます。  それを受け、本市は平成20年、気仙沼市男女共同参画基本計画を策定し、本年3月にそれに続く第2次基本計画を定めました。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 それでは、情報通信の利活用について、まず初めに、マイナンバー制度についてお伺いします。  マイナンバーの導入に関する議論が始まったのは、平成19年に「消えた年金」問題が発覚して、社会保険を一括管理する方法として個人番号の重要性が注目されるようになり、その後国会で検討が進み、平成25年にマイナンバー法が成立、そして平成28年1月から運用がスタートしました。 もっと読む
2018-09-13 大河原町議会 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 その下の損害賠償保障金につきましては、公用車の事故等の保険金でございまして、4台についての保険金が入ってございます。  次ページにお進みください。  3行目、オータムジャンボ宝くじ交付金につきましては、前年比約68万円の減額の交付となってございます。 もっと読む
2018-09-04 角田市議会 平成30年第394回定例会(第1号) 本文 2018-09-04 まず、自己啓発等休業につきましては、地方公務員法第26条の5に規定されているもので、休業、3年を超えない範囲で、職員の大学等課程の履修または国際貢献活動の参加のための休業制度であります。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第4号) 本文 29年度も不納欠損がありませんが、回収の見込みがあるということなのかどうか、未納者に対し減免制度の活用はどれだけされているのか伺います。  5.学校給食費の未納についてであります。  学校給食費の収入未済額は771万9,000円となっております。年度別の内訳を示していただきたいと思います。回収の見込みはあるのでしょうか。未納せざるを得ない段階で就学援助制度の活用で救済できなかった理由は何なのか。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 45:◯2番(伊勢 敏君) ◯2番(伊勢 敏君) 私がお聞きしたいのは、その戦略性のある政策でありますけれども、具体的に何をもって人口減少を食い止めるのか、国立社会保障人口問題研究所は、今後12年間で、17年から29年の間に千二百数十人減ると。ところが今回の計画は600人余りしか減らないと。要するに減り方が半分なんです。その半分で食いとめるという根拠は、具体的な政策がなければできないと。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 毎年、障がい者雇用義務制度による障がい者雇用状況の報告を行っておりますが、報告に当たりましては、厚生労働省が出しておりますプライバシーに配慮した障がい者の把握確認ガイドラインに基づき、制度の対象となる障がい者についてのみ報告を行っており、水増しはないものでございます。 もっと読む