233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 県としましても、できるだけ早期に舗装の復旧とガードレールの設置を行いたいとのことでありますが、大谷工区窪分区の圃場整備につきましては、主な面工事は完了したものの、現在、仮置きした約3,000立方メートルの残土を、当該市道を使って搬出する作業が残されており、搬出先である防潮堤事業等との工程調整中であり、工事については土砂運搬完了後の施工とならざるを得ない状況であります。   もっと読む
2018-09-07 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年09月07日 土砂等運搬の残土処理先の排水対策を行うため、増工するもの。南側既存道路への取りつけ部の舗装を増工するもの。現地精査により、構造物撤去工を増工するものです。   もっと読む
2018-03-16 角田市議会 平成30年第392回定例会(第6号) 本文 2018-03-16 ◎土木課長(日下茂夫) 私から、造成工事に関連もいたしますので、答弁をさせていただきたいんですが、御存じのとおり今県からの残土搬入が終わりまして、今プレロードを半分、盛り土をしているという状況であります。この後、沈下もおさまりましたので、残り半分、建物区域外の部分についてこれからプレロード工を実施をいたします。それが完了する予定が、土工が4月、5月ぐらいには終わるという工程になっております。 もっと読む
2018-03-14 大河原町議会 2018年3月14日 平成30年予算審査特別委員会(第3号) 本文 そういったことをね、しっかりと説明して、もし納得していただけるんであれば、放射能濃度がね、本当に低いんであればですね、普通の残土の処分でいいんではないのかなというふうに思うんですが、その辺の考え方、もう1回、やっぱり今どのぐらいあるんだかっていうのをやっぱり測定は必要だと思うよね。 120:◯委員長 ◯委員長 副町長。 もっと読む
2018-03-06 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第7日) 本文 開催日:2018年03月06日 (3)田中前工区の発生土について、土質調査の結果、埋め戻し土に不適当であったことから、購入土による埋め戻しに変更するとともに、残土処理数量を増工するものであります。  (4)両工区において、当初、仮設鋼矢板を引き抜き撤去することにしていた一部区間において、土質調査の結果、引き抜きによる周辺地盤の沈下を防止するため残置とするものであります。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第6号) 本文 また、鷺沼残土の処分についてなど震災から7年を経過するに当たり、そこだけ時計の針がとまったままだった懸案事項に対し、針を進める決断は評価すべきものであります。本予算案は町長の施政方針との整合性もとられており、可決すべきものと判断をするものであります。   もっと読む
2018-01-29 大崎市議会 平成30年  建設常任委員会-01月29日−01号 なお、上鳴子住宅の建築工事につきましては、地盤改良の工法や残土の運搬処理に変更がありましたので、工事費が247万8,600円増額となりました。これにつきましては、2月の定例議会におきまして、専決処分とはなりますが、契約の変更をお願いしたいと考えております。  次に、耐震改修促進事業について御説明いたします。   もっと読む
2017-12-22 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月22日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 第256号議案石巻市総合運動公園造成(その4)工事請負契約の一部変更についてでありますが、本工事は遠藤興業・グリーンシェルター特定建設工事共同企業体が請負金額16億9,613万7,840円で施工しているところでございますが、敷地造成工において沈下収束に時間がかかり、沈下促進のため、追加盛り土を行っておりましたが、沈下収束によりその盛り土の残土処理を3万立方メートル増工し、7万100立方メートルとするものであります もっと読む
2017-12-22 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第6日) 本文 開催日:2017年12月22日 ◎9番(秋山善治郎君) 防集課さんのほうからいただいた資料で、残土受け入れ地というところをつくっておりまして、各地に残土の受け入れ地いっぱいつくっていまして、そこに1回入れた残土が、じゃあどこに行ったのかというのがわかりにくくなっている資料になっていましたので、前に、特に防集工事をしたとき、土地区画整理事業に土を多く搬入するという答弁もこの場でいただいていたこともあったので気にしていたんですが、その もっと読む
2017-12-18 大崎市議会 平成29年 第4回定例会(12月)-12月18日−04号 現在は志田橋関連工事の残土置き場として活用しておりますが、かつては近隣の子供たちの遊び場としても使われました。今年度内には県との契約も終了するとのことであります。その後の活用をどのように考えているのか、お伺いいたします。  第3点目は、マリス内駅前区集会所前の公共用地活用策についてであります。 もっと読む
2017-12-14 石巻市議会 平成29年  議会運営委員会-12月14日−13号 変更の内容ですが、敷地造成工における盛り土の残土処理の増工によるものです。  次に、第257号議案石巻市総合運動公園整備(その5)工事は、遠藤興業株式会社が施工しておりますが、契約金額を9,789万8,760円増額し6億6,690万5,400円とするものです。   もっと読む
2017-09-22 角田市議会 平成29年第390回定例会(第3号) 本文 2017-09-22 ◎市長(大友喜助) この回答に入る前に、先ほどの質問で、その開発許可区域に建設副産物の残土を搬入する行為についてどうなのかと、始末書を含めてやり直すべきではないかというお話がありましたが、県の判断は、これは工事着手には当たらないという判断をしていると、きのう確認をしておりますので、県の見解はそのとおりだと私は思っておりまして、特に問題はなかったと思っております。   もっと読む
2017-08-24 角田市議会 平成29年第389回臨時会(第1号) 本文 2017-08-24 現在、盛んに土を、残土と言っていいんでしょうか、土を搬入している最中だと思います。ただ、まだまだ時間がかかる作業なのかなと思っておりまして、全部で3万1,500立方メートルでしょうか。これを全部運ぶまでには相当な時間がかかるんじゃなかろうかと思っているところなんですけれども、搬入完了時期見込みというのはどの辺になりますか。 もっと読む
2017-03-27 気仙沼市議会 平成29年第90回臨時会(第1日) 本文 開催日:2017年03月27日 牧沢地区において残土の二次運搬量が減少したことによる減額。浪板二地区においてのり枠ブロックがなくなったことによる減額。牧沢地区ほかにおいて残土受け入れ地の敷き鉄板の数量が増加したことによる増額や、工事完成に向けた出来高数量の確定による変更を行ったものであります。   もっと読む
2017-03-14 大河原町議会 2017年3月14日 平成29年予算審査特別委員会(第3号) 本文 ただ、結果についてはまだまだわかないんですけれども、私のほうでも何とか、例えば鷺沼の残土の部分をですね、処理したいというふうに思っておりまして、まあそんな形で県の力も借りたいというふうには思っていたところでございます。なおですね、今、どこの土をはかっても多分数値は出てくると思うんですね。ですから私のほうの考えは、側溝土砂はその、放射能のセシウムはあったとしても人体には影響はないと。 もっと読む
2017-03-09 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月09日−一般質問−08号 それで、これからいろいろ議論になっていくわけですが、買い上げ宅地の跡地利用、それから買い上げ対象外になった農地や雑種地の活用を考える上で、盛り土がなされなければ利用はなかなか困難であるというふうに思うのですが、これまで盛り土は防災集団移転促進事業残土の活用ということで聞いておりました。 もっと読む
2017-03-01 大河原町議会 平成29年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文 また、盛り土に必要な土につきましては、町や国の工事に係る公共残土を無償で利用できるよう、関係機関と調整しているところでございます。  最後に、児童クラブの運営委託の内容のご質問でございます。  平成30年度から、放課後児童クラブ1クラス分、40人から45人の運営をお願いしたいとの内容で、協議を進めているところでございます。 もっと読む
2017-02-27 石巻市議会 平成29年  総務企画委員会-02月27日−03号 ◎岡浩復興政策部復興政策課長 低平地整備事業の今の状況でございますけれども、低平地につきましては排水不良対策ということで、防災集団移転促進事業残土を活用した形でかさ上げ等の事業を行うことといたします。対象集落が75集落、事業化済みということで実施設計以降に進んだ集落が54集落ございます。被災の度合いが小さくこの事業を行わない集落が17集落ほどあります。 もっと読む
2017-02-22 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-02月22日−議案説明・質疑・委員会付託−04号 本案は、清水・奥村石巻市復興整備事業半島部防災集団移転促進事業等共同企業体に、コンストラクションマネジメント方式により契約金額516億6,072万円で一体的に委託している業務のうち、半島部の防災集団移転促進事業について、土質変更に伴う掘削及び残土処理等の条件変更により23億6,628万円を増額するとともに、対象プロジェクト事業であります漁業集落防災機能強化事業並びに移転促進元跡地の造成及び整備事業について もっと読む
2017-02-20 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-02月20日−施政方針に対する質疑−02号 次に、長面地区についてでありますが、本地区は被災を受けた面積が広大であり、防災集団移転促進事業の高台造成に伴い発生した残土を活用した用地かさ上げを行うことが困難であることから、購入土による用地かさ上げの必要性について復興庁と協議を行っているところであります。今年度につきましては、土地利用について地元地権者との意見交換等を行いながら、整備エリアや整備手法を検討してまいります。   もっと読む