239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2019-06-25 令和元年総務常任委員会 本文 開催日:2019年06月25日

6月21日の令和元年第2回栗原市議会定例会において、本委員会に付託されました議案第44号 令和元年度栗原一般会計補正予算(第1号)の中の第1条第1表歳入歳出予算補正について、歳入の全款、歳出では2款総務費、9款消防費、第3条第3表地方債補正について、6月24日に委員会を開催し、関係部長課長などの出席を求め、審査をいたしました。  審査の結果については報告いたします。  

栗原市議会 2018-12-17 平成30年文教民生常任委員会 本文 開催日:2018年12月17日

施設のうち、瀬峰ふれあいセンター以外の7施設は、地域集会施設として活用されており、その管理運営は自治会組織などの地域団体が行っていることから、候補者を築館宮野いきいきセンターは築館宮野上町自治会、以下成田区会を初め記載の地域自治会組織等を候補者とし、指定管理の期間平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間とするものであります。  

石巻市議会 2018-03-13 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号

次に、各地区の整備予定地及び予算の地区ごとの内訳についてでありますが、雄勝は味噌作地区、北上は追波地区、牡鹿は鮎川地区の低平地、河北は成田地区の北上川河川敷、さらに水明町の旧北上川河川敷に整備を計画しており、今回計上しております測量設計及び用地購入に係る地区ごとの予算といたしましては、おおよそ雄勝地区2,200万円、北上地区1,700万円、牡鹿地区700万円、河北、石巻地区がそれぞれ200万円の事業費

石巻市議会 2018-02-13 平成30年  議会運営委員会-02月13日−01号

次に、第4号議案石巻指定居宅介護支援事業の人員及び運営に関する基準を定める条例です。  省令施行に伴い、居宅介護支援事業者の指定権限が県からに移譲されることから、本条例を制定するものです。  次に、第5号議案石巻農村地域工業等導入地区における固定資産税の課税免除に関する条例を廃止する条例です。  

大崎市議会 2018-01-29 平成30年  建設常任委員会-01月29日−01号

古川整備2の成田地区につきましては、未給水区域整備要望に対応するもので、配水管口径φ75ミリメートル、同じくφ100ミリメートル、合わせて延長1,200メートルを予定しております。  古川整備3の李埣新田線につきましては、建設課で進めております都市計画道路整備にあわせて、配水管口径φ100ミリメートル、延長600メートルを予定しております。  

栗原市議会 2017-09-29 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017年09月29日

ですから、やはりそういうところはきちんと片づけて整備しなければならないと思いますし、それから鐙大橋から成田橋の間、あそこも市民がいろいろと散歩に歩いているんですけれども、荒れ放題になってしまってあの辺もちゃんときちんと河川愛護会がないんですから、やはりのほうで管理するようにこれからするべきだと思いますが、きょうは決算ですから、きょうはその辺にとどめますけれども、その辺も含めて次年度から考えていただければなということでございます

栗原市議会 2017-06-26 平成29年産業建設常任委員会 本文 開催日:2017年06月26日

というのも、一般的に自治会館の文書では、ここで出なかったけれども、建築の際には地域が当然集まったりして準備して建物をつくってのほうに寄附すると、その際にやはり地元、のほうが応分を負担しながら進めてきたという経緯がありますから、例えばこの地域だけが住宅建設に合わせて駐車場のほうでつくらせるというのでは困るという思いから今話しました。

石巻市議会 2017-03-02 平成29年  産業建設委員会-03月02日−01号

 平成29年度石巻漁業集落排水事業特別会計予算   ⑤第20号議案 平成29年度石巻農業集落排水事業特別会計予算   ⑥第21号議案 平成29年度石巻浄化槽整備事業特別会計予算   ⑦第22号議案 平成29年度石巻市街地開発事業特別会計予算   ⑧第23号議案 平成29年度石巻産業用地整備事業特別会計予算  (3)補正予算 7件   ①第63号議案 平成28年度石巻一般会計補正予算(第9

大崎市議会 2016-06-27 平成28年 第2回定例会(6月)-06月27日−04号

やはり、その中で感じましたのは、関西圏という中にありましてこの大阪田尻町、関西国際空港の3分の1を持っているということで、非常に今インバウンドが盛んでございまして、多くの外国人客、今、成田、羽田を抜きまして利用者が日本一という空港でございます。そこを拠点にして、さまざまな可能性を秘めているということは確かでございます。