運営者 Bitlet 姉妹サービス
272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 その実現のためには、介護人材の確保と介護予防の強化が重要と考えており、平成27年度より実施している介護マンパワー確保対策事業を継続実施するとともに、気仙沼圏域介護人材確保協議会における新人職員の合同入職や交流会、合同就職説明会等の取り組みにより、介護従事者の離職防止や新規就職者の確保を図ってまいります。   もっと読む
2018-03-15 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号 過日山下中学校の卒業に参列し、別れ、旅立ちの季節感を肌で感じつつ、改めてこの3月で第一線を退かれる職員の皆様におかれましては、東日本大震災から7年、復旧、復興に尽力され、そして長年にわたり、市民の暮らしを支えてきていただいた御苦労に心から感謝するとともに、新たな船出にエールを送りたいと思います。  通告に従い、大綱第1点目、観光政策における北北上運河の活用及び認知度を上げる取り組みについて。   もっと読む
2018-03-12 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月12日−一般質問−07号 まず初めに、質問事項1、成人のあり方について3点について伺います。  ①、平成30年石巻市成人7地区のそれぞれの新成人の参加者数及びその割合、出席率はどれほどであったか伺います。  ②、成人をリード、運営する新成人による実行委員会のメンバー構成とその選抜方法は、毎年どのように決められているのか伺います。また、主催者である本市との連携はどの程度まで行われているのか伺います。   もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 次に、文部科学省所管の家庭教育支援事業と厚生労働省所管の子ども・子育て支援事業の役割の違いにつきましては、文部科学省が所管する家庭教育支援事業は、親や保護者を対象とし、親が安心感と自信を持って家庭教育を行い、子供とともに成長するための学びを支援する成人教育の一環として位置づけられているものであります。   もっと読む
2018-02-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-目次 ………………………………328 日程第1 会議録署名議員の指名……………………………………………………………………328 諸般の報告………………………………………………………………………………………………328 日程第2 一般質問……………………………………………………………………………………330  遠 藤 宏 昭 議員………………………………………………………………………………330   1 成人 もっと読む
2017-12-18 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月18日−一般質問−03号 消防団員の加入促進については、これまでも団員の方々にも成人の会場で、寒い中入団募集のチラシやポケットティッシュなどを配布し、広報活動をしていただいております。私は、広く市民に消防団の活動や勇姿を直接見ていただくような機会をつくって、知っていただいて、理解していただくことが加入促進につながると考えます。  石巻市消防団は、宮城県操法大会で常に優秀な成績をおさめ、全国大会に出場を果たしています。 もっと読む
2017-10-05 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月05日−06号 きょうは早朝から鹿島台中学校の自分探しの旅キャリアセミナーに、開会に行ってまいりました。 もっと読む
2017-09-27 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月27日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 先日の新聞に糖尿病が強く疑われる成人男女が、2016年時点で推計約1,000万人に上ったことが21日、厚生労働省の国民健康栄養調査でわかりました。前回調査の平成12年から50万人増となり、初めて大台に乗りました。その一方で、糖尿病予備群とされる人は、前回より100万人減の1,000万人で、メタボリック症候群への対策が進み、減少したということでした。 もっと読む
2017-09-25 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月25日−一般質問−05号 ②、8月26日、雄勝小学校、雄勝中学校の併設校の落成に出席させていただきました。これまで仮設小学校や他校を間借りして勉強していた子供たちも、新しい校舎での元気な挨拶や元気な活動に石巻市の未来に希望を感じ、大変うれしく思いました。そこで、廃校になった旧大須小学校校舎の再利用計画について伺います。  以上、2項目について伺います。 もっと読む
2017-06-28 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月28日−06号 常に教育委員会としましては、そういう若者たちが接しているのですけれども、学業を離れて社会人になりながらも、まだ成人になっていない子供たちというのはいっぱい大崎市にはいるわけですから、そういう子供たちが逆にふるさとにいることによって、いずれ大崎市のまちの活性化につながることを考えれば、それらに対するサポートも十分必要だというふうに思っていますので、その辺の意見を聞く、そういうのをぜひ持っていただきたいというふうに もっと読む
2017-06-27 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月27日−05号 次に、4点目として、成人が社会教育事業の一環として取り組まれていますが、新成人者の参加率の低下傾向が懸念されますが、その支援の取り組みについて伺うものであります。  本市では、社会教育事業として関係団体の補助事業交付やジュニアリーダーの研修事業など、さらに新成人を祝うとともに大人の自覚の動機づけを図ることから、成人への支援が取り組まれていることでもあります。 もっと読む
2017-06-26 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月26日−一般質問−06号 平成28年度の生ごみ減量容器に係る補助実績につきまして、生ごみ減量容器16件、EM発酵器2件、電気生ごみ処理機7件という実績となっております。 ◆12番(櫻田誠子議員) それでは、2点目、子育て支援について伺います。  (1)、就学援助について伺います。  (2)、発達障害についての2点について伺います。   もっと読む
2017-03-10 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月10日−一般質問−09号 あのとき湊中学校で卒業が行われておりました。私も参加をしていました。午後、大地震と津波が来て、大変な状況になったというふうな思いがあります。きょう各中学校で卒業が行われております。あのときを思い出すと涙が出るような状況でしたけれども、子供たちはそれからきちんと育ってきているというふうに考えますし、石巻市の復興も、少しずつですけれども、進んできているというふうに考えております。 もっと読む
2017-02-16 大崎市議会 平成29年 第1回定例会(2月)-02月16日−01号 このたび、28年度に計画期間が終了することから、これまでの取り組みを検証し、29年度からの計画を検討した結果、11分野16項目にわたる事業を実施する協定内容への変更について1市4町で協議が調い、各市、町議会においても御可決いただきましたことから、先月26日、合同調印をとり行いました。   もっと読む
2016-12-12 岩沼市議会 平成28年第5回定例会(2日目) 本文 2016.12.12 そして今、演奏会、講演会、成人や記念式典、その他多くの文化芸術行事で通う場所となっています。  (1)でございます。開館30周年を迎え、広く市民に愛されている施設である岩沼市民会館の施設環境について、1)施設についてどのような市民の声が届いているのでしょうか、お尋ねいたします。 議長(森繁男)教育長の答弁を求めます。百井崇教育長。 教育長(百井崇)お答えいたします。   もっと読む
2016-10-05 大崎市議会 平成28年 第3回定例会(9月)-10月05日−05号 共同実施者につきましては既に選定を終えておりまして、成人病予防協会に担っていただくということでございます。  ただいま御指摘ございましたように、扱う情報が極めて個人的なセキュリティーに最大限の注意をしなければならない情報であるということについては承知をいたしてございます。 もっと読む
2016-09-28 角田市議会 平成28年第384回定例会(第4号) 本文 2016-09-28 それを二十歳の成人のときにお返ししましょうということでタイムカプセル事業を行いました。 もっと読む
2016-09-27 気仙沼市議会 平成28年第85回定例会(第4日) 本文 開催日:2016年09月27日 下流老人につきましては、今現在、社会のいろいろな情勢によりまして、子供が成人に達しても、その親の費用で生活している、あるいは急な病気などで収入が途絶えるなどで、本来、現役世代で収入のあったときに比べて収入が少なくなっていると。さらに、それに輪をかけるように何かしらがあって、生活費の足りない状況になると捉えております。以上です。 ◎議長(熊谷伸一君) 3番菅原雄治君。 もっと読む
2016-09-27 角田市議会 平成28年第384回定例会(第3号) 本文 2016-09-27 特に、移動除じん機については8レーンあるスクリーンのじんかい処理に時間がかかるため、ごみにより運転途中でエンジンがとまり、排水ポンプが停止となるため、補助的にバックホー除じん機を使って何とか急場をしのいでいるのが現状です。そして、バックホー除じん機での作業は、見る限り、大変危険な作業であり、熟練したオペレーターでも油断できない作業で、一つ間違えれば命にもかかわる事態につながると認識しました。   もっと読む
2016-09-27 大崎市議会 平成28年度 決算特別委員会-09月27日−03号 それでは、8款1項1目からの被保険者等の健康保持、さらには4款1項1目の幼児の歯科相談、4款1項8目の成人歯科等々についてお伺いいたしますが、大崎市の歯科に対する取り組みが国の平均等々よりも高く数字的にあらわれているということで、大変この辺、歯科受診が低いのではないだろうかと、このように思えてならないわけであります。   もっと読む