1912件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美里町議会 2019-03-25 平成31年行財政・議会活性化調査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-25

3つ目は、3款民生費の児童福祉費についてですが、1点目は保育所待機児童について申し上げます。  現時点での待機児童は19人になりました。平成31年度の小規模保育施設が1カ所ふえたことによりその人数は減っていますが、まだ足りない状況にあります。19人の方に対しては引き続き支援を行っていくよう求めました。  2点目は、小学校入学給付金支援事業について申し上げます。  

大河原町議会 2019-03-18 2019年3月18日 平成31年予算審査特別委員会(第4号) 本文

43、44ページに移りまして、16款2項7目1節教育費補助金の被災児童生徒就学支援補助金につきましては、就学支援費用が全額補助されるものでございますが、対象児童生徒数が30年度の3人から4人に1人ふえ、前年度比で15万7,000円増額しております。ケアハウス運営支援事業補助金は、事業4年目として1,449万2,000円を計上しております。  

大河原町議会 2019-03-14 2019年3月14日 平成31年予算審査特別委員会(第2号) 本文

その下の大河原民生委員・児童委員協議会補助金につきましては、補助金要綱の見直しを行いまして全国民生委員児童委員連合会及び宮城県民生委員児童委員協議会と連携する事業のうち旅費2分の1及び負担金のうち全国民生委員児童委員連合会及び県民生委員児童委員協議会の負担金を全額補助することとしましたことから増額計上となったものでございます。  次のページ、99・100をお開き願います。  

仙台市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12

第四款健康福祉費ほかにおいては、復興公営住宅入居世帯への支援について、母子父子寡婦福祉資金貸付について、子どもの貧困対策について、児童相談所について、就学前の発達障害児の早期発見、早期療育について、いじめ対策推進室について、認知症について、児童クラブについて、待機児童対策について、兄弟姉妹の保育施設等の利用について、幼児健康診査について、胃内視鏡検診について、市民健診等について、不妊・不育専門相談センター

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

放課後児童クラブのさらなる充実を求めて。  放課後児童クラブは、共働き家庭やひとり親家庭などの子供たちにとって重要な遊びと生活の場であります。本町では、待機児童解消に向け、今年度は上谷児童館内に放課後児童クラブ1単位(定員30)を増設、さらに金ヶ瀬カトリック保育園に1単位(定員40人)の運営を委託し、子供たちや保護者から大変喜ばれております。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

現実的には大河原町の場合、待機もいる状況ですので、ほかの市町村のお子さんを入れるということは原則的にはお断りしているという現状がございます。  ただ、まれに周辺市町との間で年度末に転出転入があった場合に3月までは前の保育所にいたいというような場合に特例として認めることが大河原町でも1件程度ございましたし、ほかの町に認めてもらったことも1件程度ございました。

気仙沼市議会 2019-02-28 平成31年第100回定例会(第7日) 本文 開催日:2019年02月28日

◎9番(秋山善治郎君) 最初に、救急のことについてお伺いしますが、特に救急車の待機時間について、市民の間から多くの不安が出されています。患者が救急車に乗ってからが心配になると。救急車に乗ってから長い時間待機して、いらいらしている状況があると。この現状についてはどのように御認識しているか、お伺いしたいと思います。

栗原市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年02月20日

次に、市内連携路線花山線の出発地についてでありますが、花山線は花山地区と栗原中央病院をつなぐ路線として運行しておりまして、始発停留所は「富ノ原」となっており、その待機場所といたしましては花山総合支所の北側駐車場を設定しておりますが、市政懇談会の際に「バスがさまざまな場所で待機をしている」という意見をいただいたことから、運行事業者に確認し、指定場所での待機を徹底するように指導を行ったところであります。

気仙沼市議会 2019-02-20 平成31年第100回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年02月20日

待機児童解消に向けた保育人材の確保について、現在の待機児童数を伺うとともに、新年度から実施予定の保育士等確保対策事業で待機児童が解消される見込みになるのか、市長の御所見を伺います。  また、保育士等奨学金返済制度事業で、奨学金の補助金が返済額の2分の1相当の額で、返済を1年につき10万円を上限としていますが、1年で10万円の上限では効果が薄いと感じます。

栗原市議会 2019-02-13 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年02月13日

施設入所待機者数については、施設整備が進み、選択肢がふえたことにより減少傾向になっているとの報告でありましたが、現在でも200名以上の待機者がいる現状となっておりました。  介護職員については、宮城県の調査によると全体の6割の事業所で職員が不足しており、その原因として他業種と比較して賃金水準が低いことが原因として考えられております。  

気仙沼市議会 2019-02-08 平成31年第100回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年02月08日

また、子育てと就労の両立を支援し、待機児童の解消を図るため、見直しを進めている気仙沼市児童福祉施設等再編整備計画について、官民を含む市全体の幼児教育・保育の方向性を戦略的に見せつつ、(仮称)唐桑保育所整備事業及び(仮称)面瀬保育所整備事業に着手いたします。  

角田市議会 2018-12-19 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19

議員が御指摘のとおり、児童館・児童センター及び公立幼稚園、以下「児童館等」と言うようにいたします。ここにおける平成31年度の利用者数は少人数の施設が多くなると予想されております。これまでも少人数の児童館等では、施設職員等の創意工夫によりまして他の施設との交流事業等を行ってまいりました。

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

まず、1点目といたしまして、待機児童についてです。  待機児童対策は、待機児童ゼロを目指す本市において大変切実な課題であります。子育て環境に大きな変化が生じていること、そして子育て世代の働き方にも変化が見られる。そういったことから、急激な少子化の中でも増加傾向をたどり、震災後は特に顕在化していると考えております。