1505件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 また、企業誘致による税収の確保として、白石インター工業団地内での物流センターの事業を開始。新たな収入の確保として、ふるさと納税の促進を図り、取り扱いサイトの拡充や返礼品目の充実に努めた結果、平成28年度から本年12月までで約6,000万円の寄附実績となるなどの取り組み実績がございました。   もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 例えば、白石インター工業団地内ですと、先ほど課長が答弁しましたセコム工業株式会社さん、また、大鷹沢工業団地内だと株式会社トーキンさん、天王工業団地内になりますと株式会社ミドリテクノパークさんなどが対象になる可能性がある企業さんでございますので、こういった企業さんにも、さらに税制の面でもこういった優遇が図られますのでぜひ白石市のほうへということを、今後積極的に発信をしてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-14 大河原町議会 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文 同じく7目1節工業用地造成事業特別会計繰入金、こちらにつきましては、特別会計廃止による精算によるものであります。  続きまして、49、50ページになります。   もっと読む
2018-09-13 大河原町議会 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 2目の統計調査費につきましては、工業統計調査及び就業構造基本調査、平成30年度の住宅土地統計調査の単位区設定事業に関するものでございます。  続きまして、最後でございます。211ページ、212ページまで飛んでいただきたいと思います。211、212ページでございます。  12款の公債費でございます。 もっと読む
2018-09-07 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年09月07日 15億2,081万9,000円、水産加工施設等の集積を促進するため、集積地において水産物加工処理施設または水産物鮮度保持施設を建設する事業者に対して支援する水産業共同利用施設復興整備事業補助金として5,257万2,000円、地域資源等の活用、社会・地域課題の解決などを伴った新たな事業を展開する事業者や起業者を支援する創造的産業復興支援事業費補助金として1,500万円、防集事業等により新たに造成された団地 もっと読む
2018-09-03 白石市議会 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03 会議において、当局より、これまでの検討経過について、本年3月にスマートインターチェンジ整備に関する庁内検討会議、6月に国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所、ネクスコ東日本東北支社、宮城県等、関係機関との勉強会の開催に向けた打ち合わせを行い、また、7月には白石消防署及び大鷹沢工業団地企業へのヒアリングを実施し、整備効果の具体性、精度を高めるため、高速道路利用の実態把握を行ったとの報告がありました もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 第4に、基本構想の10ページ、大切な視点の7番目、産業観光振興の工業では、新しい工業用地の確保に言及しておりますが、長期戦略的な観点から、上大谷地区の農工団地の整備に着手、あるいは検討を明記してはいかがでしょうか、伺います。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 あと草がちょっと生えて、その除草とかの作業も難しいであるというのがありまして、それをですね、梅団地が、何ですかね、大型機械が入んないとかそういったこともあるんでしょうけども、ちょっとそういったことを応援したい方を募集して、何とかそういった課題を是正していきたいというのもありますし、どうでしょう、農業を全然知らない方が農業をするきっかけづくりにもなればなというふうに考えたところです。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文 報告第13号平成29年度決算に基づく大河原町工業用地造成事業資金不足比率について報告いたします。  大河原町工業用地造成事業資金不足比率につきましても、資金不足は生じておりませんので比率はありませんでした。  なお、報告に当たりましては、報告第12号と同様に算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。   もっと読む
2018-06-28 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月28日−07号 1つ、工業団地であります。  市の本気度はどうなのかということです。  市では、古川地域の新鶴巻工業団地の地盤測量調査を28年、29年、遺跡調査を完了いたしました。企業誘致をそれまでのオーダーメード方式から政策転換をし、団地分譲方式にと10ヘクタール規模の中規模工業団地の供給のスタートを切りました。 もっと読む
2018-06-21 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月21日−04号 ◎総務部理事[財政担当]兼財政課長事務取扱(赤間幸人君) 今、議員から御指摘がありましたとおり、確かに土地の値段が、工場団地で申し上げれば、買い取り造成したときよりも今は下がっています。  これまで、最後まで抱えておりました石田工業団地を例に申し上げますと、実際、帳簿価格上は平米約2万だったのですが、今回売却するときはその半額程度というふうになっていました。 もっと読む
2018-06-20 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月20日−03号 そちらにつきましては北原工業団地の周辺道路整備事業に伴いまして、圃場整備事業区域内の一部用地が必要なことから、測量設計委託料及び不動産鑑定料に係る経費として1,726万3,000円の増額補正を行うものでございます。 ○副議長(氷室勝好君) 山村議員。 もっと読む
2018-06-19 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月19日−02号 一般の住宅、例えば皆さん方が貸し家持ったり、あるいは団地持って、そういうことを考えてみたとき310万ですか、合わせて。ましてや修繕するのに設計とかそんな話聞いたことありますか。新規なら設計ということあるのですけれども。修繕でもあるでしょう、あるでしょうけれども、普通は修繕料に設計も込むのです、普通は。認識として当たり前だと思いますか、この予算の積算と発注の仕方。 もっと読む
2018-06-14 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月14日 ◎議長(菅原清喜君) 次に、議案第15号市道登米沢団地2号線の路線認定についてを議題といたします。     ○議案第15号 市道登米沢団地2号線の路線認定について ◎議長(菅原清喜君) 本案は、建設常任委員会へ付託の予定であります。  補足説明を求めます。建設部長村上 博君。 ◎建設部長(村上 博君) 議案書37ページをごらん願います。   もっと読む
2018-06-14 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月14日−01号 年度大崎市一般会計事故繰越し繰越計算書    │報告第10号 平成29年度大崎市市有林事業特別会計繰越明許費繰越計算書    │報告第11号 平成29年度大崎市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書  第4|報告第12号 平成29年度大崎市下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書    │報告第13号 平成29年度大崎市農業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書    │報告第14号 平成29年度大崎市工業団地造成事業特別会計繰越明許費繰越計算書 もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 工業・サービス業の振興については、事業者の再建加速化に向け、中小企業振興資金による資金需要への対応を図るとともに、被災事業者の施設・設備の復旧及び商店街の再建・活性化に向けた支援等を引き続き進めてまいります。   もっと読む
2018-06-01 美里町議会 平成30年度6月会議(第1号) 本文 2点目では、産業の見通しということで、いわゆる企業誘致等で大規模な工場等の誘致に関しては、既存の工業団地や隣接している未利用地等で対応できるのではないかというのが2点目です。  3点目としましては、大崎区域の中の都市において、おおむねどこの都市も集約型の都市構造を目指しているということです。コンパクトシティーを目指しているということで、大規模な郊外への開発はないであろうという考えであります。   もっと読む
2018-05-18 大崎市議会 平成30年 第1回臨時会(5月)-05月18日−02号 次に、議案第59号平成29年度大崎市工業団地造成事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、繰越明許費の補正をするものであります。  次に、議案第60号平成29年度大崎市水道事業会計補正予算(第2号)につきましては、収益的収入と資本的収入の他会計負担金などを補正するものであります。   もっと読む
2018-05-17 気仙沼市議会 平成30年第96回臨時会(第1日) 本文 開催日:2018年05月17日 1の工事内容は、面瀬地区防災集団移転団地と主要地方道気仙沼唐桑線を結ぶ市道面瀬川線について、当該道路の通行の安全性を確保するため、主要地方道気仙沼唐桑線に新たな交差点を整備するものであります。  2の変更内容は、(1)橋梁への取りつけをするため盛り土工を増工するもの。  (2)盛り土工施工前の調査により把握した軟弱地盤の範囲を踏まえ、地盤改良工(敷網工法)を増工するもの。   もっと読む
2018-03-16 角田市議会 平成30年第392回定例会(第6号) 本文 2018-03-16 どうしてこちらの地域は除かれているのかの質疑に対し、173ページの区域の範囲に記載している区域の範囲は、都市計画上の工業専用地域、工業地域、準工業地域までを区域として指定しているところですという答弁でした。  次に、この区域だけを指定するのは問題ではないか。これでは発展性がないのではないかの質疑に対し、今回の区域は緑地規制の緩和について条例を設定するものです。 もっと読む