運営者 Bitlet 姉妹サービス
313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 私どものほうは産直ということでございますので、その違いは明確にさせていただきたいと思いますけれども、失敗例ということで、土曜、日曜しか入らないと。土曜、日曜が入らないとそれも困るなと思っておりますし、そういう意味では、一番は品ぞろえということが大事だというのは意見が一致しているのかなと思っています。   もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 印象操作、これは歴史がその失敗例を山ほど私たちに教えてくれています。そういうことを多分おっしゃっているんではないと思っているわけですけれども、そこは非常に注意をしていかなくれはならない。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 当時、情報化推進室及び施設管理を行っている部署で構成するワーキンググループにおいて、システム導入の方向性について検討を重ねましたが、各施設における予約の運用ルール、申請様式、使用料の納付方法などが異なるとともに、インターネット環境を利用できない方への配慮など、統一したシステムを導入する前に解決すべき課題が多く、新システムの導入を一旦見送ったところであります。   もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 人手不足の対応として、1人当たりの生産性を上げるための技術は日進月歩でありますが、その最新設備の導入に中小企業がためらう理由の一つに固定資産税が発生することが挙げられます。  そこで、政府は今国会に減価償却を伴う新たな生産設備等の固定資産税を減免する法案、生産性向上特別措置法案を上程し、成立の見込みであります。この措置法案による関連事業の導入は、地方自治体の判断に委ねられます。 もっと読む
2018-03-13 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号 ②、導入への検討状況と今後の考え方について伺います。  以上、2項目について伺います。 ◎境直彦教育長 阿部浩章議員の御質問にお答えいたします。  部活動指導員についてお答えいたします。 もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文 その中で、それに関してそれでは、何というんでしょう、20代の人が勤務地と居住区が違うとか、働きながら消防団へ入ってくれているとか、協力事業所があったとしても常に100%活動できるわけではないという状況においてどうしたらいいかということで、その機能別団員制度の導入をしたほうがいいんではないかという団体が、あったほうがいいという団体が39%いて、この導入に反対だというのが3.8%いるんですね。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文 さらに、教職員の勤務時間を正確に把握するために、平成29年9月から非接触ICカードによる出退勤システムを導入し、時間外勤務が月80時間を超えた教員、3カ月連続で40時間を超えた教員について報告を受け、希望に応じて産業医の面接を行うこととしております。   もっと読む
2017-12-19 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月19日−一般質問−04号 また、(2)といたしまして、河南地区にあります遊楽館のリハーサル室に音楽スタジオの機材を導入して利用率を上げるのはどうか、2点伺います。 ◎草刈敏雄教育委員会事務局長 佐藤議員の御質問にお答えいたします。  ロックンロールの町・石巻についてお答えいたします。 もっと読む
2017-12-01 大河原町議会 平成29年第5回定例会(12月会議)(第2号) 本文 4)今後児童生徒用タブレットの導入も必要不可欠であり、急務と考えます。段階的に導入すべきと考えますが、どうか伺います。  5)校務の情報化、この「コウム」の「コウ」、学校の「校」に訂正をお願いいたします。  今後重要な手段と考えますが、教育長の見解と町内小・中学校の現状について伺います。   もっと読む
2017-10-03 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号 最大7日間を上限とした制度を導入すると答弁しておりました。この答弁では、休業補償を県内の市町村と折半ということを想定した答弁でございます。  そこで伺いますが、県の考えに対して大崎市はどのように対応するのか、まずお伺いいたします。  既に全国の自治体、314の自治体ではこうした助成制度を導入してございます。 もっと読む
2017-09-27 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月27日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 一方で、失敗事例といいますか、うまくいかなかった事例というのも分析の上では必要なことだと思いますし、そういうことも、もちろん国に対しては何がだめだったのかと。ほかの方への今後の参考になる部分とか、あるいはそういう一度は成立にならなかった事案についても、何か救いの手が差し伸べられないのかといったことの検討には今後とも努めてまいりたいと思います。 ◎亀山紘市長 お答えいたします。   もっと読む
2017-09-22 角田市議会 平成29年第390回定例会(第3号) 本文 2017-09-22 これもなるべく早く導入していただいて、保育士さんを確保していただきたいと思います。  次の質問に参ります。  (3)審議会などへの女性委員の登用率、平成31年度目標値は40%であります。達成困難と判断した理由及び目標を達成するためにどのような施策を行っていくのか、具体的に説明ください。 ◎議長(柄目孝治) 市長。 ◎市長(大友喜助) お答えいたします。   もっと読む
2017-09-19 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-09月19日−03号 事業内容につきましては、自伐林家の育成と木質バイオマス燃料用チップの保管施設の導入でございます。その補助金として1,000万円の増額の補正をお願いするものでございます。   もっと読む
2017-09-15 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-09月15日−02号 ◎産業経済部農林振興課長(日野洋祐君) 実は、震災復興交付金の中で要綱の一部の改正が途中行われまして、将来の地域農業の発展に向けた再投資の事業に活用されるような仕組みの導入を図るということが要綱の見直しで示されたことによりまして、再投資に係る対応をその事業収益の一部を積み立てて、地域農業の発展に向けた再投資の活用のために、その一部の積立金として平成27年度から500万ずつ10年間行ってきているところでございます もっと読む
2017-09-14 石巻市議会 平成29年  保健福祉委員会-09月14日−04号 ◎相澤和宏福祉部福祉総務課長 維持管理経費につきましては、導入経費はかかるものの、年間の維持につきましては、今のところ保守点検料としまして、35万円程度を見込んでございます。 ◆千葉眞良委員 そうすると、35万円程度は前から、平成28年度でも35万円というやつは出ていたのですけれども、ことしからかかっていくということになるのですか。 もっと読む
2017-09-01 大河原町議会 平成29年第4回定例会(9月会議)(第2号) 本文 平成31年産より導入される収入保険制度は、農業経営者のセーフティーネットとして品目の枠にとらわれず、農業経営者ごとの収入全体を見て総合的に対応し得る保険制度であり、重要施策と捉え、青色申告を行うことなどの加入要件の周知により円滑な導入に努めてまいります。   もっと読む
2017-09-01 大河原町議会 平成29年第4回定例会(9月会議)(第3号) 本文 昨年9月16日、総務省は、都道府県知事宛てにマイナンバーを利用した住民サービスの向上と地域活性化の検討について依頼文書を出し、高市総務大臣は、全地区町村で導入検討されることを強く期待すると記者発表いたしました。  この構想の背景には、9人に1人程度のマイナンバーカードの普及率向上の狙いもあります。 もっと読む
2017-06-28 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月28日−06号 基本設計に当たりましては、庁内に関係部課長連絡会議を設置し、定期的に道の駅の導入機能や周辺施設との連携などについて、各関係部署において地域振興施設や施設完成後の管理運営、観光情報の発信、大崎市の魅力ある特産品、食の提供などの検討を進めております。   もっと読む
2017-06-27 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月27日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−07号 次に、中心部低平地の地域住民の利活用、企業誘致についての具体策についてでありますが、雄勝の玄関口であります味噌作、上雄勝地区は拠点エリアへの導入口、雄勝観光ルートの入り口として大変重要な地区と認識しております。現在この地区には旧雄勝小学校跡地に太陽光発電施設が稼動し、旧雄勝中学校跡地には微細藻類生産工場が建設中であります。 もっと読む
2017-06-26 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月26日−04号 次に、電気柵の設置状況についてですが、ソーラー電気柵の導入支援の現状については、大崎市では平成28年度よりみやぎ環境交付金事業を活用し、ソーラー電気柵を導入する農業者に対して、事業費の2分の1の金額を30万円を上限として補助しております。今年度の状況については、5月30日現在で29件の申請があります。内訳は、鳴子温泉地域13件、岩出山地域11件、古川地域4件、松山地域1件となっております。   もっと読む