1032件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2022-09-16 令和4年第127回定例会(第4日) 本文 開催日: 2022年09月16日

本市としましては、県、ふ化放流団体等連携しながら、サケ回遊本格的調査サケ増殖事業の継続に対する緊急的な支援が行われるよう、引き続き国に働きかけていくとともに、宮城県さけます増殖振興プラン等に基づき、持続的な事業実施体制構築を図り、安定的なサケ資源の造成に努めてまいります。

気仙沼市議会 2022-09-15 令和4年第127回定例会(第3日) 本文 開催日: 2022年09月15日

デジタル庁では、事業者団体である一般社団法人シェアリングエコノミー協会連携しながら、官民一体となってシェアリングエコノミーの発展に向けた取組などを推進してまいるとありますが、本市のこれまでの取組と今後の方向性について伺います。  5つ目、昨年の7月から気仙沼市内スポーツ施設ネット予約市営テニスコートを皮切りに始まりました。

気仙沼市議会 2022-09-02 令和4年第127回定例会(第1日) 本文 開催日: 2022年09月02日

平成23年から令和4年まで東日本大震災調査特別委員会に所属、平成23年5月からは副委員長として未曽有大震災に自身が被災し、最愛の奥様を失いながらも、被災者支援策充実産業基盤早期復旧など、復旧復興事業早期完遂に向け、その必要性重要性関係機関に強く訴え続け、中でも大谷地区防潮堤整備は、地域住民の声を受け入れ、全国的に希有な官民一体となった検討組織を立ち上げ、自らも計画策定に加わり、被災地

気仙沼市議会 2022-06-27 令和4年第126回定例会(第7日) 本文 開催日: 2022年06月27日

地方創生につきましては、官民連携を意識しながら、観光産業再生まちづくりなど多方面のプロジェクトを進めてまいりました。それぞれの分野において、将来に向けた種がまかれ、その萌芽が芽吹き始めていると感じています。これから市役所皆さんの手で大樹に育て上げ、その果実を市民皆さんで享受していただきたいと願っております。  

気仙沼市議会 2022-06-21 令和4年第126回定例会(第4日) 本文 開催日: 2022年06月21日

加えて仙台空港からのアクセスも大幅に改善され、本市にとっては市場拡大の大きなチャンスであることから、誘客のターゲットを仙台便就航エリアへと拡大し、本市と包括連携協定を締結しているアイベックスエアラインズなどの航空会社連携したプロモーションを継続してまいります。  

気仙沼市議会 2022-06-10 令和4年第126回定例会(第1日) 本文 開催日: 2022年06月10日

「持続可能な社会の構築」については、国連で合意された「持続可能な開発目標SDGs」が世界的な指針とされる中、本市においても官民における実績豊かな「自然との共生」に係る各種施策に加え、GX(グリーントランスフォーメーション)など新たな産業を生み、カーボンニュートラルに資する施策を体系的に進め、産業と生活のグリーン化を図るとともに、「おかえりモネ」で全国に発信された本市のアイデンティティーをさらに鮮明にし

気仙沼市議会 2022-02-24 令和4年第124回定例会(第4日) 本文 開催日: 2022年02月24日

潜在能力を十分に生かし、官民一体となった取組を完遂し、観光客の大幅な増加を目指すとともに、市内滞在型の観光都市となるためには、国道284号線の高規格化を図る岩手県一関市からの内湾への玄関口である松川地区東新城地区振興策JR気仙沼駅から内湾に至る中心市街地の新たなにぎわいのあるまちづくりが必要であります。

気仙沼市議会 2022-02-10 令和4年第124回定例会(第1日) 本文 開催日: 2022年02月10日

雇用の確保については、昨年12月末現在の有効求人倍率は1.41倍とコロナ禍においても依然高い水準で推移しており、各事業所においては、労働力確保が困難な状況が続いていることから、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進による労働生産性向上を図るとともに、外国人人材積極的活用推進し、労働力不足の解消に向け官民一体となって取り組んでまいります。  

気仙沼市議会 2021-12-14 令和3年第121回定例会(第4日) 本文 開催日: 2021年12月14日

そこで、今年度から従来の「一般コース」に加えて、新たに「都道府県主導型市町村連携コース」が設けられ、この事業都道府県が主導して実施市町村拡大していく場合には、市町村への国庫補助率を2分の1から3分の2に引き上げ、そして利用世帯への給付額最大30万円から最大60万円に倍増されることになりました。  

気仙沼市議会 2021-09-21 令和3年第119回定例会(第5日) 本文 開催日: 2021年09月21日

本年6月に立ち上げた町なかの将来像を実現するための方針や取組を検討する気仙沼まちなかエリアプラットフォームによる、他に類を見ない気仙沼らしいすばらしい官民連携まちづくり推進と、市役所なき後のこの周辺地域をこれまで以上に外貨を稼ぐにぎわいまち気仙沼創生の特別な地区としてさらに力を入れていくことを明確にしていることによる、今後の市役所移転に伴う庁舎跡地周辺まちづくり取組について、大きな期待を

気仙沼市議会 2021-09-16 令和3年第119回定例会(第3日) 本文 開催日: 2021年09月16日

新型コロナウイルスの影響で昨年度の事業は中止となりましたが、引き続き関係機関連携し、官民一体となった介護人材確保取組推進してまいります。  そのほか、第8期計画からは業務効率化に向けた取組としてICTの活用も掲げ、事務負担軽減を促すなど、介護人材が働きやすい環境づくり推進してまいります。  

気仙沼市議会 2021-06-22 令和3年第118回定例会(第3日) 本文 開催日: 2021年06月22日

市役所移転を踏まえて同地区まちづくりを進めるため、国土交通省補助事業である官民連携まちなか再生事業を生かして、新たな「未来ビジョン」を策定するための市民による協議組織を市が事務局となり今月中に設置することとしており、その中で、新駅を含めたまちづくりについて議論していただくこととしております。  一方、現在、気仙沼駅での列車との待ち合わせ時間はまちまちであり、スムーズな接続が課題となります。  

大崎市議会 2021-06-17 06月17日-01号

6月14日には、宮城県と連携し、宮城田んぼダム実証コンソーシアムを設立したところであり、今後は関係機関農業者連携、協力し、浸水被害軽減に向けて一体的に取り組んでまいります。 大崎観光振興ビジョン策定について申し上げます。 大崎観光振興ビジョンにつきましては、観光振興ビジョン戦略会議で初回の審議と3月に市民懇談会を2回開催し、これらの意見等を踏まえ、現在素案を作成しております。

気仙沼市議会 2021-06-11 令和3年第118回定例会(第1日) 本文 開催日: 2021年06月11日

また、来月には、東日本大震災で被災し連続テレビ小説舞台地となった久慈市、福島市、本市の3市が連携し、東京都千代田区内観光・物産・移住定住情報発信センターを開設し、観光PR特産品の販売、移住定住相談などを行うこととしており、ポストコロナに向けた交流人口関係人口の創出・拡大を図り、地域経済活性化につなげてまいります。