199件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白石市議会 2019-03-06 平成31年第434回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-03-06

こういうものは、の財産として守るべきものだと思います。  それで、聞いたところによりますと、昭和初期には一度絶えかけた危機があったんだということもお聞きしております。それを昭和の初めに、片倉さんが先導して「奥州白石和紙郷土研究会」を立ち上げて現在に継承されているという、何年前になるんですかね、相当なまた、一遍は途絶えたけれども歴史を刻んできたと。  

大崎市議会 2018-06-21 平成30年 第2回定例会(6月)-06月21日−04号

   │議案第75号 平成30年度大崎夜間急患センター事業特別会計補正予算    │議案第76号 平成30年度大崎介護保険特別会計補正予算    │議案第77号 平成30年度大崎下水道事業特別会計補正予算    │議案第78号 大崎指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準を定める条例    │議案第79号 大崎特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正

大崎市議会 2018-06-20 平成30年 第2回定例会(6月)-06月20日−03号

◆12番(相澤久義君) 岩手の一関奥州、八幡平、宮古などで本格的な焼却を行っていますけれども、これらのデータなどは把握しているのか、また焼却に当たっては各市が独自の基準を設けて埋め立てを行っているとお聞きしています。この各市に比べて本の基準はどうなのか、お聞かせください。 ○議長(佐藤和好君) 尾形環境保全課長。

栗原市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年02月23日

2025年、の人口も5万9,664人となり、高齢者2万5,671名、高齢化率43%になると予想されております。しっかりとした市政運営のためにも、これから栗原を担う子供たちの力を一番にかりなければなりません。栗原の発展の礎のためにも、主催の子ども議会の開催を考えていただきたいと思います。の見解をお伺いしたいと思います。  

仙台市議会 2017-12-20 都市整備建設委員会 本文 2017-12-20

旧針惣旅館は、旧奥州街道の南材木町で戦前から昭和62年ごろまで旅館業を営み、多くの文人、墨客が滞在しております。店蔵は明治中期、主屋は昭和7年につくられたものでございます。  佐大商店登り窯は、堤焼きで有名な堤町で唯一残る登り窯で、大正7年に築造されたものでございます。東日本大震災で大きな被害を受けましたが、多くの市民ボランティアによって復元され、その活動は都市景観大賞を受賞しております。  

仙台市議会 2017-12-18 平成29年第4回定例会(第5日目) 本文 2017-12-18

昨年、仙台は、平成二十七年度から平成三十一年度までを計画期間とする仙台すこやか子育てプラン二〇一五及び仙台ひとり親家庭等安心生活プランに基づいた子育て支援施策を実施しているところであります。このたびの仙台子どもの生活に関する実態調査では、本が設定した貧困線未満の世帯が一一・八%、貧困線以上の世帯が七七・七%とされています。  

栗原市議会 2017-12-13 平成29年第6回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月13日

802年胆沢城で活躍した族長アテルイは坂上田村麻呂と戦った勇敢な人物とのことで、歌舞伎でも上演され、そしてまた奥州の埋蔵文化財調査センターにも中心的な位置づけでありました。  本来、栗原の伊治公呰麻呂をもっともっとクローズアップをして、敬愛しなければならない人物なのです。  また、栗原には小迫の延年を初め、多くの伝統文化芸能もあり、多くの人々を魅了してきました。歴史には力があります。

白石市議会 2017-12-08 平成29年第429回定例会(第1号) 名簿 開催日:2017-12-08

奥州街道ふれあいの館)      第 86号議案 指定管理者の指定について(白石城東コミュニティセンター)      第 87号議案 指定管理者の指定について(白石城・白石城歴史探訪ミュージアム・武家屋              敷(旧小関家)・白石小十郎プラザ)      第 88号議案 指定管理者の指定について(白石文化体育活動センター)      第 89号議案 指定管理者の指定について

気仙沼市議会 2017-09-25 平成29年第92回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年09月25日

青森県八戸から岩手県、宮城県気仙沼までの沿岸の全16市町村で構成され、48カ所が「ジオサイト」として選定をされております。  また、国際リニアコライダー、ILC事業は岩手県奥州を中心として、一関や気仙沼など、登米、栗原、大崎、南三陸町が連携し、県境を越えた推進協議会が設立されております。