5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大河原町議会 2017-06-01 平成29年第3回定例会(6月会議)(第3号) 本文

13年前に堺屋太一氏及び東大の堺屋太一ゼミの生徒10人が執筆したどうして売れるルイ・ビィトンという書籍が刊行されました。しかし、堺屋氏もどうして売れるか核心については到達できなかったようであります。ことほどさように、ブランドづくりは難しいのであります。難しいことを認識し、それを前提に本町は今後特に広域連携を推進するという観点からしっかりとブランド政策に取り組むことを期待し、以下質問いたします。  

栗原市議会 2006-12-11 平成18年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2006年12月11日

これは私だけじゃなくて堺屋太一さんが言っている。やっぱり私なりに考えれば、遷都、昔改革をしようとしたときには、やっぱり都を移し、そして新しい体制で新しく見えるところをやったんだろう。そういうところの見えるものを出さなければ、私が批判されたように市長も暗いと言うようになるんだろう。そう考えるときに、私は、どうぞその見える具体的なものを考えてほしいと思います。  

仙台市議会 2002-04-25 情報化社会対応調査特別委員会 本文 2002-04-25

きのうちょうど夜中、堺屋太一さんがドキュメンタリーのスペシャルでそういう番組をやっていらして、一番最初のキーワードが、時代は変わったというのをぽんと出していて、そうだよなと、20世紀と21世紀というのは時代が違うんだという、その認識がまだ行き渡っていないのかなと。それが行き渡ると、もっといろいろなものがスムーズに動いていくのかなという気がするんです。

仙台市議会 1998-12-09 平成10年第4回定例会(第3日目) 本文 1998-12-09

記者会見した堺屋太一経済企画庁長官は、需要が構造、循環、気分、この三つの要因から落ち込むのは、昭和の金融恐慌以来の感じとマスコミが報じていましたが、このように日本経済が危機的な局面に陥り、国民が苦しみにあえいでいるときに、小渕内閣がこの四カ月間やってきたことは、六十兆円もの税金投入の仕組みをつくり、銀行を支援することばかりです。  仙台市をめぐる経済動向も、同様に一段と厳しい状況に陥っています。

  • 1