運営者 Bitlet 姉妹サービス
170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 所有権が当然残る問題でもありますので、勝手に町が、これは放置されている自転車だから活用しちゃえというわけにもいかない、そういう状況もあろうかと思います。そういったものもあわせて整備をしながら、議員への答弁、先ほどさせていただきましたとおり、前向きに対応してまいりたいと考えているところでございます。 11:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 枡 和也君。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 もともとタマネギは非常に品質のよいものが生産される地域ということでありまして、ただ田んぼの水はけの問題とかさまざまあって、現状は今全ての取り組みが成功しているわけではありませんけれども、しかし長期的に見てこういった特産品づくりを仙南地域全体ぐらいのスケールで見て生み出していく、そういう視点も必要なんではないだろうかということで、内部の議論はもちろん大事です。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 今、日本全体が人手不足というものを深刻な問題として受けとめているから、先日、政府において方針を転換して外国人の労働者の受け入れに大きく踏み出す施策に打って出たんだとも考えますが、社会情勢が厳しくなれば、なかなか行政志向は高くなるんですね。 もっと読む
2018-11-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(11月会議)(第1号) 本文 32:◯9番(堀江一男君) ◯9番(堀江一男君) 今回このような形で提案されたこと、大変うれしく思っておりますが、心配なのはですね、先ほどから国の補助の問題とか出ていますけれども、宮城県でほとんどの学校が一斉にやるというふうなことにしますと、宮城県だけではないと思うんですけれども、品不足、それから機器の高騰、そういったものが危惧されるんですけれども、高騰することによって町の持ち出しがふえるというようなことになるとこれまた もっと読む
2018-09-19 大河原町議会 2018年9月19日 平成30年決算審査特別委員会(第4号) 本文 50:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) まず、一番最初の耐震化率の問題ですけども、通常の地盤がいいところにつきましては、普通の布設を行っていますので耐震化率は当然、下がります。水位が高いとかなんとかは特殊な工法を使いますので、そういうところをやれば耐震化率が上がります。 もっと読む
2018-09-18 大河原町議会 2018年9月18日 平成30年決算審査特別委員会(第3号) 本文 2目事務局費1節報酬の不用額は、当初予算で計上し、重大事案が発生した際に開催することとしておりますいじめ問題専門委員会を開催しなかったこと等によるものでございます。  次の167、168ページに移りまして、11節需用費に29万1,524円の不用額が生じておりますが、社会科副読本印刷の際の請け差でございます。   もっと読む
2018-09-14 大河原町議会 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文 158:◯岡崎 隆委員 ◯岡崎 隆委員 子供の貧困問題について、担当課の認識聞きたいんですけど、調査出ましたよね。 もっと読む
2018-09-13 大河原町議会 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 それと、29年度では問題なかったんですか、この預金調査に当たって。本人とのですね、間でどうだったのか伺います。 68:◯委員長 ◯委員長 万波委員、30年度のことの今決算の話なので、29年度の話でよろしいですか。 69:◯万波孝子委員 ◯万波孝子委員 じゃあ、29年度は問題なかったのかどうか伺います。 70:◯委員長 ◯委員長 税務課長。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 特に一番問題なのは、生産人口が2060年、社人研の統計では51.4%までになると。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 まず、本町の小学校の教科別正答率についてお答えいたしますが、各教科のA問題は主に基礎を問う問題、B問題は主に応用を問う問題となっております。国語A74.0%、全国は70.7%で、本町は全国よりもプラス3.6となっております。以下同じように答えます。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文 この状況は周辺市・町や全国の地方都市と比べれば大変恵まれていると考えておりますが、人口減少という大きな流れは人を中心として成り立つ地方自治体において、住民の生活はもとより地域の自治、そして行政の存在意義をも揺るがす大問題です。  このような大変厳しい社会環境の中、本計画は安全・安心な生活や地域の自然や文化を未来につないでいくことを意識しております。 もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第1号) 本文 人権擁護委員として7期21年にわたり人権思想に深い理解を示し、女性の立場からさまざまな人権問題に対応しておられます。今後とも人権思想の普及、高揚に活躍できる方でありますので、よろしくお願い申し上げます。  報告第3号和解の専決処分についてご報告いたします。   もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文 確かに、町長おっしゃるとおりスペースの問題、場所の問題、どこでやったらいいかってあると思うんですけど、んで、前に質問したときは、大河原町の回答は、町の回答というか担当者の回答は、当時は、観光客の方に場所を提供したいんだと、見る場所を。あそこの土手のところで場所をとってしまうと、見る人が見れなくなる、見る場所が少なくなるっていうような話もちらっと言われたんですね。 もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文 しかし、現在も介護保険優先原則があることから、65歳になると介護保険利用部分につき利用料1割を求められるという問題が生じております。  そこで、本町の現状について伺います。  (1)障がい者が65歳に達する等で1)介護保険優先原則に基づき障害者福祉サービスから介護保険サービスに移行した件数と状況について。  2)移行により問題は生じていないのか。   もっと読む
2018-03-15 大河原町議会 2018年3月15日 平成30年予算審査特別委員会(第4号) 本文 63:◯岡崎 隆委員 ◯岡崎 隆委員 40ページ、下から2段目の教育費補助金のケアハウス運営支援事業ということで、先ほどiPat購入等々あったんですけど、以前質問したときにスペースの問題やら間仕切りの問題等々あったんですけども、いろいろな学校の式典、イベント見る限り、まだ不登校の子供というのは少なくなってないなというのが印象にあるんですけども、どのように、5年で終わってほしくはないんですけど、ことし もっと読む
2018-03-14 大河原町議会 2018年3月14日 平成30年予算審査特別委員会(第3号) 本文 そういったときにですね、この小さい町で今現在1業者で運営ができているんであれば1業者では問題ないんじゃないか。 もっと読む
2018-03-13 大河原町議会 2018年3月13日 平成30年予算審査特別委員会(第2号) 本文 そういう点では、必ずこれしないと今の問題解決できないということからなんでしょうかね。  それともう一つだけ、さっき生活状況云々ありますけど、うんと多いんですか。こういう件数というのは。仙南でも十分できるんじゃないかと思うんですね。あとは県の講習を受ければ。以上です。 82:◯委員長 ◯委員長 企画財政課長。 もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文 そういったですね、利用者、特に大人の方は問題ないと思うんですけども、受付の際ですね、今申し上げたとおり中学生のグループですか、そういうような利用者の場合はより一層ですね、注意喚起、とにかく静かに使ってくれということを、口頭で結構だと思いますので、そういったことをまた強化していただければというふうに申し上げたいと思います。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文 現在、本町におきましても、多くの自治体で深刻な問題となっている公共施設の老朽化対策が喫緊の課題となっております。  このような中、長年の懸案事項であった中央公民館複合化事業及び学校給食センターの更新事業をようやくスタートできたことは、町民及び議員各位のご理解のたまものと大変感謝いたしているところでございます。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文 (5)知事は、焼却して問題があれば当然立ちどまると言っていますが、問題が起きてからでは遅過ぎないか。問題が起きることは否定できないということではないでしょうか。町長はどう考えますか。  最後です。(6)放射能汚染廃棄物の処理方法は、焼却で放射能を拡散させるのではなく、これまでも再三主張してまいりました。農水省の交付金活用で管理保管で対応していくべき。これが最良の道であると考えます。 もっと読む