179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大河原町議会 2019-03-19 2019年3月19日 平成31年予算審査特別委員会(第5号) 本文

14:◯商工観光課長(長谷川一正君) ◯商工観光課長(長谷川一正君) 市場の今後のありよう、見通しみたいな部分につきましては、その運営している仙南青果、また施設の状況、こちらのほうで課題、問題が上がった際にこの運営協議会のほうに諮るという形にしておりますので、まだそこまでの議題にはなってございません。

大河原町議会 2019-03-15 2019年3月15日 平成31年予算審査特別委員会(第3号) 本文

あと、所有者、土地の所有者の関係はですね、これから調べるんですけれども、なかなか代表の管理になってるとか、あと農地には全然関心のない方って言ったら失礼なんですけども、ただ相続で所有はしてるものの、どこにあるかもわからないなんていう方もおられるのかと思うんですけれども、まずは、1筆1筆全部所有者を調べまして、わからない、そういう問題があるところにつきましては、今後対応していきたいなというふうに考えておりますけれども

大河原町議会 2019-03-14 2019年3月14日 平成31年予算審査特別委員会(第2号) 本文

リース料の内訳としましては、製品代と調査交換費と保守管理料の合計になりますが、前の年度までに既に交換が終わっているLED照明灯651基については、製品の劣化調査で問題がなければ、保守管理だけのリース契約とすることで予定してございます。  このリース契約によりましてランニングコストは7.2%の削減を見込んでおりまして、10年間で1,262万円の削減になると見込んでおります。  

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第1号) 本文

しかしながら、広域的に捉えれば、大河原町だけが人口を維持できればよいということではないという大変難しい問題であります。  また、大河原町では、学校や集会所などの町の公共施設の老朽化対応に加え、仙南地域広域行政事務組合やみやぎ県南中核病院に対する財政負担の増大などが見込まれております。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

さまざまに難しい問題はありますけれども、待遇改善を図って、必要な人材を確保していくということについては改めて見直しをしていかなければならない観点になっているのかなというふうに考えているところでございまして、今後町としてどんな対応が具体的にできるのか検討させていただきたいと思います。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文

ただ、学校教育社会教育を推進するためには、抱え切れない問題が時代の進展とともに覆いかぶさり、教育委員会だけでは解決できない問題が次々と行く手を阻んでまいります。  つきましては、どうかこれまで同様、教育委員会及び新教育長に対しまして限りないご支援をお願いし、御礼の挨拶とさせていただきます。大変ありがとうございました。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

こちら福祉作業所さくらで今ガスコンロのほうを使用してるわけですけれども、安全問題があるということでIH調理器のほうに買いかえするという内容でございます。続きまして、その下の20の扶助費でございます。こちらのほうにつきましては、障害児施設の給付費、施設入所者の増等によるものでございます。  

大河原町議会 2018-12-01 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文

所有権が当然残る問題でもありますので、勝手に町が、これは放置されている自転車だから活用しちゃえというわけにもいかない、そういう状況もあろうかと思います。そういったものもあわせて整備をしながら、議員への答弁、先ほどさせていただきましたとおり、前向きに対応してまいりたいと考えているところでございます。

大河原町議会 2018-12-01 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文

もともとタマネギは非常に品質のよいものが生産される地域ということでありまして、ただ田んぼの水はけの問題とかさまざまあって、現状は今全ての取り組みが成功しているわけではありませんけれども、しかし長期的に見てこういった特産品づくりを仙南地域全体ぐらいのスケールで見て生み出していく、そういう視点も必要なんではないだろうかということで、内部の議論はもちろん大事です。

大河原町議会 2018-11-01 平成30年第3回定例会(11月会議)(第1号) 本文

32:◯9番(堀江一男君) ◯9番(堀江一男君) 今回このような形で提案されたこと、大変うれしく思っておりますが、心配なのはですね、先ほどから国の補助問題とか出ていますけれども、宮城県でほとんどの学校が一斉にやるというふうなことにしますと、宮城県だけではないと思うんですけれども、品不足、それから機器の高騰、そういったものが危惧されるんですけれども、高騰することによって

大河原町議会 2018-09-19 2018年9月19日 平成30年決算審査特別委員会(第4号) 本文

50:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) まず、一番最初の耐震化率の問題ですけども、通常の地盤がいいところにつきましては、普通の布設を行っていますので耐震化率は当然、下がります。水位が高いとかなんとかは特殊な工法を使いますので、そういうところをやれば耐震化率が上がります。

大河原町議会 2018-09-18 2018年9月18日 平成30年決算審査特別委員会(第3号) 本文

2目事務局費1節報酬の不用額は、当初予算で計上し、重大事案が発生した際に開催することとしておりますいじめ問題専門委員会を開催しなかったこと等によるものでございます。  次の167、168ページに移りまして、11節需用費に29万1,524円の不用額が生じておりますが、社会科副読本印刷の際の請け差でございます。  

大河原町議会 2018-09-01 平成30年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文

この状況は周辺市・町や全国の地方都市と比べれば大変恵まれていると考えておりますが、人口減少という大きな流れは人を中心として成り立つ地方自治体において、住民の生活はもとより地域の自治、そして行政存在意義をも揺るがす大問題です。  このような大変厳しい社会環境の中、本計画は安全・安心な生活や地域の自然や文化を未来につないでいくことを意識しております。