運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 つまり、ともに学ぶ枝野小学校づくりを地域の理解と協力のもとに行い、学区を越えても希望する児童を受け入れ、心豊かな心を持つ児童を育んでいこうというものであります。  以上は、全く一例ではありますけれども、地域が本気で取り組むことによって、マイナスをプラスに変える発想が生まれ、従来にない学校教育の展開の可能性が見えてくるのではないかと強く感じます。 もっと読む
2017-03-09 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月09日−一般質問−08号 今後は、公共施設等の現状を把握し、策定した公共施設全体の基本方針をもとに、財政状況や人口推計等を踏まえた長期的な視点による進行管理を図りながら、公立幼稚園・保育施設再編計画や小中学校学区再編計画など、必要に応じた個別ごとの各種計画について、市民の理解を得ながら策定していくこととしております。 もっと読む
2013-06-19 石巻市議会 平成25年 第2回 定例会-06月19日−一般質問−04号 そういった状態を県が仲裁になって争い事のないようにと言っておりますが、今県が当事者になっている状況で、漁場の区割り問題でも海漁業調整委員会の答申をも尊重することなく、事が進められていると聞いております。こういった県の強引とも言える対処について、本市の見解を伺いたいと思います。  また、食材王国宮城、その中で水産物についてはほとんどの主力は石巻市でございます。 もっと読む
2012-05-14 石巻市議会 平成24年  東日本大震災復興促進特別委員会-05月14日−04号 まず、門脇地区の再編案といたしまして、①門脇小学校を石巻小学校と統合した場合、門脇中学校に進学する小学校が大街道小学校学区のみとなってしまうこと。②門脇中学校と併設した場合には校庭や体育館の利用が制限されること及び門脇小学校が小規模校となることを危惧する意見。③門脇中学校が学区外に建設されており、この際、石巻中学校に統合するなど門脇と石巻中学校両校の学区を再検討することなどの意見がありました。 もっと読む
2010-09-16 石巻市議会 平成22年 第3回 定例会-09月16日−一般質問−04号 総務省は、翌日の12日に、確定投票率は選挙、比例代表ともに57.92%だったと発表いたしました。前回の2007年参院選、選挙58.64%、比例代表58.63%と比べ、選挙で0.72ポイント、比例代表で0.71ポイント下回りました。また、総期日前投票(選挙)の最終投票者数は1,208万6,467人で、全投票者に占める割合は20.06%に対し、衆参国政選挙を通じて初めて2割を超えました。   もっと読む
2010-02-15 大崎市議会 平成22年 第1回定例会(2月)-02月15日−03号 そういう意味での人づくり、学都構想だというふうに思いますが、特に高等学校の学区制の廃止なども言われておりまして、大崎、古川で学生をつなぎとめることは困難になっているのではないか。あの朝の仙台方面への学生の送迎バスの活況ぶりを見まして、そう感じているわけであります。 もっと読む
2009-09-08 岩沼市議会 平成21年第4回定例会(3日目) 本文 2009.09.08 9番(佐藤一郎)私、行政ごとに言いました。でも、なかなか行政ごとにやるのは難しいのかなと思いました。でも、何となくバランスを見るとそれに近いのかなと思いますが、ちょっと遠い地区もありますが。 もっと読む
2008-03-03 東松島市議会 平成20年  3月定例会(第1回)-03月03日−一般質問−03号 私もこれはテレビ報道等で知ったわけでありますが、学校給食は、一番は千代田だったそうであります。 もっと読む
2006-09-25 石巻市議会 平成18年 第3回 定例会-09月25日−一般質問−05号 これは、要するに定数の3%まで、ほかの学区から学校は入れてもいいわけですよね。この右側が、これが学区ごとです。14学区あります。そして、100%を満たしているところ、今お話がありました。それは各地にばらついてはいるのですが、しかしその7割までが仙台なのです。逆に今度は一人もほかの学区から来なかったところを考えますと、仙台圏と仙台圏以外と考えますと、仙台圏は11%しかそういう学校はありません。 もっと読む
2005-09-29 石巻市議会 平成17年 第2回 定例会-09月29日−一般質問−05号 下水道整備は、市勢の発展に伴う公共用水域の水質保全、生活環境の改善を図るため、昭和46年、旧北上川を境に東部処理と西部処理に位置づけ、それぞれ終末処理場を有する分流式の単独公共下水道と都市下水路の下水道基本計画を策定しております。 もっと読む
  • 1