792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-12-18 経済環境委員会 本文 2019-12-18

福島第一原発事故によって飛散した放射能除染した際に、削り取った土壌などがあるわけですけれども、丸森町に仮置き場がありまして、丸森町の竹谷地区の仮置き場には1.3トンのこうした除去された土壌などがあるわけですけれども、これが水没しました。環境省は、こうした仮置き場にある除染土壌などの安全性を確保するために、平時においては居住地から十分に距離をとって、柵などを設置して人が近づかないようにする。

仙台市議会 2019-12-18 都市整備建設委員会 本文 2019-12-18

原発事故による放射能はかなりの長い期間、何十年、もっとそれ以上続くと言われておりますし、チェルノブイリや福島原発事故を見ると、そこに住めないような状況になっている。それが原子力災害だと思います。原発は一旦事故が起きれば、手の施しようのない代物です。福島第一原子力発電所事故はそれを物語っていると思います。

仙台市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 2019-09-30

今回、初質問となりますが、この間にお寄せいただいた市民の皆さんの声と実態も示しながら、若者を応援するまちづくりと女川原発再稼働をめぐる問題について一般質問いたします。  私は、大学時代に奨学金を借り、低所得者向けの学生寮で暮らしてきました。寮の中には、日々の食事もまともにとれず、アルバイト漬けの日々を送る友人もいました。そうした方たちと一緒に、学費の負担軽減を求める運動に取り組んできました。  

美里町議会 2019-09-01 令和元年度9月会議(第2号) 本文

東日本大震災の発生から8年半を迎え、東京電力福島第一原発事故に伴い発生した放射性物質による農林業系汚染廃棄物の処理は未処理の状態であります。現在、美里町には570トンの汚染廃棄物が、稲わら、牧草は生産者の私有地に保管。ほだ木は町有地に一括保管されており、当初は2年の期限つきで一時保管を受け入れていましたが、いまだに処理されていない状況でございまして、生産者の方は非常に不満を抱いています。  

仙台市議会 2019-07-19 市民教育委員会 本文 2019-07-19

をして取り組んでいらっしゃるという、きょう報告を改めて受けたわけですけれども、今ほどの質疑にもあったようにやはり一つの火災についてもいろいろな性状の変化も起きてきているということもありますが、やはり本当に特殊なといいますか、何かマニュアルで動いて済ませてしまえるようなケースではない多様な状態というものもあるかというふうに思っておりますし、特に例を出して言うと石油コンビナートなどでの事故だとか、あるいは原発災害

角田市議会 2019-06-26 令和元年第397回定例会(第4号) 本文 2019-06-26

東京電力福島第一原発事故によって、放射性物質で汚染された農林業系廃業物の本焼却に向けた住民説明会が、平成31年3月16日に仙南クリーンセンターで開かれました。その次の日の河北新報の記事では、「汚染廃本焼却不安の声」「焼却試験で問題がなかったとして理解を求めたが、住民からはなおも健康被害を心配する声が相次いだ」とありました。そこで、放射性汚染廃棄物焼却等をめぐる問題について、市長に質問します。  

気仙沼市議会 2019-06-25 令和元年第102回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月25日

さらには、平成23年3月の東日本大震災及び福島第一原発事故の影響によりまして、輸出を取り巻く環境は大きく変化し、中国や韓国等の諸外国による輸入規制措置が現在も継続されており、厳しい状況が続いている中で、宮城県輸出基本方針策定後の情勢変化や、平成28年5月に国が策定した「農林水産業輸出力強化戦略」などを踏まえ、新たな輸出戦略を策定し、県産農林水産物等を効率的かつ継続的に輸出する体制の整備を目指すとのことです

栗原市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月20日

これといわゆる迫川漁業協同組合の方々からお聞きしているんですが、いわゆる原発事故8年たって、漁業協同組合で渓流、ニジマス等々の渓流の釣り許可して、当然会費を取ってやるんですが、そういう中でも渓流釣りができないという規定がまだ網がかかっているというようなことでね。そういう問題もあるんだそうです。

仙台市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 2019-06-14

九条改憲を柱とする憲法改悪への動きにも反対でありますし、原発再稼働や沖縄県民の意思を踏みにじって強行されている辺野古新基地建設も認めるわけにはいきません。  一方、デフレ脱却、景気回復を掲げたアベノミクスは、いよいよ始まった景気の後退局面に象徴的なように、その破綻は明らかとなってきています。そして、大企業、金持ち優遇の政策は、社会の隅々まで格差貧困を拡大し続けています。

仙台市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 2019-06-13

先日、脱原発市民会議と秋保石神町内会が、株主総会での市の対応について申し入れが行われ、女川原発再稼働に賛成しないこと、再生可能エネルギーに投資することなどを求め、株主提案議案に賛成するよう要請されました。  女川原発二号機の再稼働へ、この夏にも審査が終わり、宮城県同意が求められる時期が迫っています。

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議 議事日程

今後の対応について    2.学校教育における放射能問題と原子力発電について   藤 田 洋 一    1.本町児童生徒の不登校について    2.統合後の3中学校施設跡地活用について 令和元年6月12日(水)  議事日程第2号  日程第1  会議録署名議員の指名  日程第2  一般質問   手 島 牧 世    1.行政改革について    2.学校再編について   福 田 淑 子    1.原発問題

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議(第1号) 本文

マスコミを含めて、ヨウ素セシウムしか問題がないように、この原発から出たのがこの2つだけのように思ってしまう人がいるけれども、自然界になかったものが原子力発電所の中でつくり出されるという事実、そこには全然触れないんです。ここで触れているのは、さっき言ったようにヨウ素セシウムと炭素14とカリウム40。

大河原町議会 2019-06-01 令和元年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文

この実態から、原発事故発生地点に近いほど大気中の原発事故由来セシウム濃度が高く、肺内部に吸着、いわゆる内部被ばくした人数が多いことは容易に想像がつくのであります。全国と同じ増加率であれば、県の平成26年罹患数は男女合わせて1,901人となり、実態は合計255人多い2,156人に上っております。

大河原町議会 2019-06-01 令和元年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

(1)5月23日付の河北新報によると、丸森町で東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった町民らを対象とした3回目の甲状腺検査の結果、新たに1人が甲状腺がんと診断され、4人目となったことが公表されました。本町の住民にとってショックな出来事であります。このことを町長はどのように受けとめていますか。  

角田市議会 2019-03-14 平成31年第396回定例会(第5号) 本文 2019-03-14

東北電力原発事故被害により、小学校の子どもが学校プール使用できないという時期があったり、またその影響で学校水泳指導に関しては思うように指導が進まないことがありました。その後も角田中学校プール老朽化による故障により、使用不可を余儀なくされる期間もありました。そのかわりに、角田市屋内温水プール使用していたのではないか、そういったことを聞いておりました。  

白石市議会 2019-03-07 平成31年第434回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-03-07

阪神淡路大震災、8年前になる東日本大震災原発被害、熊本県北海道での地震被害と記憶に新しく、火山噴火とあわせ地球活動期に入ったのではないかと心配されました。  そんな平成時代が過ぎようとしておりますが、新元号に移行する際の行政としての作業をお聞かせいただければありがたいと思います。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

4点目、女川原発再稼働についてであります。  女川原発再稼働の動きは町民にとってますます無視できない大きな関心事になっています。町民の多くが再稼働の是非を問う県民投票条例制定を望んでいることであります。  そこで伺います。  (1)条例制定に関する町長の率直な見解をここで伺います。  

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

一般質問に入る前に、きょう3月の11日は、あの未曽有の東日本大震災東京電力福島第一原発事故から8年目を迎えます。改めて犠牲となられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災者の皆さんに心からお見舞いを申し上げます。  それでは、2項について一般質問をさせていただきます。  1点目は、国民健康保険についてであります。