347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石巻市議会 2020-03-16 03月16日-一般質問-10号

(資料を示す)その中で、新市石巻市の将来像のキャッチコピー、標語は「~輝く未来のために~わたしたちが創りだす笑顔と自然あふれる元気なまち―よりたくましくより幸せに!―」でありました。 そこで、大綱3点目、内陸部インフラ整備について、(1)、石巻広域都市計画区域区分の見直しについて。 (2)、主要地方道県道矢本河南線整備について。 以上、2点について伺いいたします。   

角田市議会 2020-03-13 令和2年第401回定例会(第5号) 本文 2020-03-13

市民と共に創る安心・安全な角田市について。  昨年10月台風第19号、今、名称が変わっておりますが、第21号による災害以降、多くの方々お話をさせていただきました。また、第13回角田市議会報告会、1月16日から25日まで開催いたしましたが、そちらでは災害対応中心に多くの貴重な御意見、御要望をいただきました。

仙台市議会 2020-03-10 令和2年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2020-03-10

市長は新年度主題を、多様な力で未来創る、新たな杜の都への挑戦と位置づけられました。その中で、地域経済活性化、あるいはまた若者定着や、そのための子育てするなら仙台を目指す切れ目のない子育て支援教育環境整備などを進め、交流人口の拡大へ都心再構築などに踏み込んだ施策については会派として支持をするものであります。  

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

文化創造都市国際交流都市商都、そして研究開発都市、その真ん中回遊都市ということで記載はありますけれども、まさにこのチャレンジシティ仙台を見たときに、市長市政方針または新年度主題であります、多様な力で未来創る、新たな杜の都への挑戦というところで、まさに挑戦チャレンジというところで一致をしているなというように考えたわけでありますけれども、仙台を支える中小企業方々気持ちがぐっと合致したのかなというふうに

栗原市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第8号) 本文 開催日:2020年03月09日

審査は3月3日から3月6日までの4日間、関係部長、局長、課長等の出席を求め、令和年度予算について、市民生活に直結した均衡のとれた予算であるか、第2次栗原総合計画に掲げる「市民創るくらしたい栗原」の実現に向け、具体の施策等がどのように盛り込まれたかなどの観点から詳細に審査を行いました。  

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

文化創造都市国際交流都市商都、そして研究開発都市、その真ん中回遊都市ということで記載はありますけれども、まさにこのチャレンジシティ仙台を見たときに、市長市政方針または新年度主題であります、多様な力で未来創る、新たな杜の都への挑戦というところで、まさに挑戦チャレンジというところで一致をしているなというように考えたわけでありますけれども、仙台を支える中小企業方々気持ちがぐっと合致したのかなというふうに

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

文化創造都市国際交流都市商都、そして研究開発都市、その真ん中回遊都市ということで記載はありますけれども、まさにこのチャレンジシティ仙台を見たときに、市長市政方針または新年度主題であります、多様な力で未来創る、新たな杜の都への挑戦というところで、まさに挑戦チャレンジというところで一致をしているなというように考えたわけでありますけれども、仙台を支える中小企業方々気持ちがぐっと合致したのかなというふうに

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

文化創造都市国際交流都市商都、そして研究開発都市、その真ん中回遊都市ということで記載はありますけれども、まさにこのチャレンジシティ仙台を見たときに、市長市政方針または新年度主題であります、多様な力で未来創る、新たな杜の都への挑戦というところで、まさに挑戦チャレンジというところで一致をしているなというように考えたわけでありますけれども、仙台を支える中小企業方々気持ちがぐっと合致したのかなというふうに

栗原市議会 2020-02-26 令和2年予算特別委員会 本文 開催日:2020年02月26日

総務部長佐藤義郎) 令和年度一般会計当初予算については、市長提案理由で申し上げましたとおり、「市民創る くらしたい栗原」の実現に向けて、均衡ある栗原市へ躍進するため、若者定住に向けた3本柱を強力に推進するための予算を編成しております。  それでは、令和年度予算に関する説明書に基づきまして、前年度と大きな差異があった点や特に説明を要する点を中心に主な内容を御説明させていただきます。  

栗原市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年02月21日

市の歳入の4割を占める地方交付税減少することは、地方交付税に大きく依存している栗原市にとって影響を及ぼすものと捉えておりますが、「市民創る くらしたい栗原」の実現に向け、必要な事業は確実に実施し、事業を厳選しながら財政健全化にも努め、持続可能な行財政運営を目指してまいります。  

気仙沼市議会 2020-02-20 令和2年第107回定例会(第4日) 名簿 開催日:2020年02月20日

水産基盤整備課長     村 上 秀 一 君      総務部総務課長       三 浦 利 行 君      同 人事課長        畠 山 高 寛 君      同 財政課        公共施設総合管理室長  佐々木   淳 君      震災復興企画部震災復興      ・ 企 画 課 長     後 藤 英 之 君      同 震災復興企画課参事       兼けせんぬま生戦略室長

栗原市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年02月20日

栗原市は「市民創るくらしたい栗原」に向け、市民行政との市民協働まちづくりを推進しております。令和年度栗原市民協働推進指針改定版を策定し、令和年度には市民協働推進計画行動計画)でありますが、を策定し、地域コミュニティ推進の具体的な取り組みを進めるといたしております。市内のコミュニティ推進協議会は、29の小学校のうち19組織が設立されております。  

栗原市議会 2020-02-19 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年02月19日

合併以来、「市民創るくらしたい栗原」、これを市政運営の理念といたしまして、まちづくりの最上位計画として総合計画に基づいたまちづくりを進めてきております。二度の大震災もございました。依然として人口減少もとまることなく、年間1,000人程度が減少している現況にございます。今後も継続的に減少が進む可能性が高いと予想されます。

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

令和年度は、「市民創る くらしたい栗原」を実現するため、私がスローガンとして掲げました「栗原未来、今、ここから」の公約であります1つ目、「まちの元気」、2つ目、「市民安心」、3つ目、「子どもの未来・大人の安らぎ」の大綱3点の総仕上げの年であり、公約実現に向けた集大成の年でもあります。  

栗原市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月12日

まず核としては「市民創るくらしたい栗原」というものが核としてありまして、5つの骨子があるわけですよね。あとは放射性物質不安解消というのが出されているわけでございます。この全体的なさまざまな目標値があるわけなんですけれども、これらを達成するためには先ほど御回答いただきましたが、行政方々の理解を深めていくというお話がありました。それに合わせてほかのステークホルダーですね。

仙台市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 2019-09-27

「躍動する仙台創る」「仙台で働く」という視点においても、今最も心配されるのが、消費税一〇%の増税影響です。政府は十月からの増税予定どおりに執行する予定のようですが、実質賃金は七カ月連続で前年同月を下回り、家計消費は冷え込み続けています。家計消費の冷え込みは、小売の現場にも大打撃を与えています。  

栗原市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年09月10日

今後、二度と市民信頼を失うことのないよう、信頼回復に努め、市民行政が一体となって「市民創るくらしたい栗原」の実現のため、第2次栗原総合計画に基づく事業推進に取り組まれることを期待するものであります。  次に、意見書の90ページ、水道事業会計についてであります。