運営者 Bitlet 姉妹サービス
2314件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 健康推進課については、母子保健係を子育て支援課へ移管するとともに、組織のスリム化と事務事業の効率的な執行を図る観点から、健康管理係と成人保健係を統合し健康推進係とし、社会福祉課の高齢者福祉部門(介護保険係、いきいき長寿係、地域包括支援センター)を加えた健康長寿課とし、成人期から老年期までのライフステージに応じた切れ目のない支援を行うとともに、特に高齢者の健康寿命を延伸するため、介護予防と疾病予防、重症化予防等 もっと読む
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 今後とも、健康の保持増進に必要な栄養を摂取することを第一と考えて、まずは必要とされる栄養価を満たす献立づくりに努めてまいりたいと考えております。 ◎議長(柄目孝治) 馬場議員。 もっと読む
2018-12-19 白石市議会 平成30年第433回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.12.19 次に、第77号議案・平成30年度白石市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)から、第80号議案・平成30年度白石市下水道事業会計補正予算(第2号)までの計4議案について、担当部長等から詳細な説明がなされ、質疑終結後、第79号議案については満場一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 ◎21番(鈴木高登君) 地域包括システムを使った介護予防、いわゆる健康増進ということだと思うんですが、もちろんそれは大事なことであろうかと思うんですが、もう既にその域を越された方が、いわゆる超高齢者と言われる方がかなり多くなっていらっしゃるんだと思うんですよ。  自分の話というか、身内の話になりますが、最近、同級生が集まると、大体両親の介護の話が酒のさかなになることが多いんですね。 もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 (2)スポーツと食と健康をコンセプトとした各種連携についてであります。   もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 名簿 開催日:2018年12月18日 情報政策課長     小野寺   晃 君      同  地域づくり推進課長  熊 谷 政 弘 君      市民生活部環境課長     阿 部 久 人 君      同  循環型社会推進課長  吉 田 喜美夫 君      同  保険課長       小野寺 幸 恵 君      保健福祉部社会福祉課長   遠 藤 光 春 君      同  子ども家庭課長    菅 原 紀 昭 君      同  健康増進課長 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 また、気仙沼市まち・ひと・しごと創生総合戦略、政策目標と主要施策の3の事業例にも「健康マイレージ(健康づくりポイント制度)」とあります。  そこで、以下の点を伺います。  健康マイレージ、健康づくりポイント制度について、1として、現在の導入への検討の進捗状況を伺います。  また、導入した場合、先進事例から考えられる効果、また市独自に想定している効果の見通しを伺います。   もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 森林経営管理法についてでございます。  本年5月に、所有者が不明確であったり手入れ不足になったりしている森林について、適切な経営管理を進めるための森林経営管理法が成立しております。 もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 また、経営未来塾においても各課から出しています。そして今回経営人材育成塾のほうも、多分職員は非常にやりづらい嫌な仕事だと思います、これは。自分たちが全く経験をしていない、お金の世界の話です。そこのお世話をするという、すごく手が挙がりづらい話ですけれども、それはつけています。 もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 また、仙台大学は、地域連携事業として健康福祉の分野でJAみやぎ仙南などと連携し、地域に根づいた取り組みとして、白石市民を巻き込みながら健康体操指導を行っています。   もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 校長先生がひとしきり高齢者の方に健康の話をされた後に、この話を切り出されたのですよ。何と言ったかというと、校長先生が言ったのはこういうことです。  子供たちが歌った歌は2曲あったのですが、その1つの歌がビリーブという、ビリーブという歌を子供たちが歌いました。 もっと読む
2018-12-04 角田市議会 平成30年第395回定例会(第1号) 本文 2018-12-04 農林業費では、農業費に尾袋川東地区農地整備に係る地形図作成のため、基盤整備関連経営体育成等促進計画作成業務委託料を追加いたしております。  土木費では、道路橋りょう費に補助事業費の確定に伴い、土浮堂前線道路整備事業費、坊前線道路整備事業費、沼南野田前線道路整備事業費及び道路舗装事業費等を減額いたしております。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 都市部では、CO2は皆さん御存じのとおり地球温暖化の要因とも言われている二酸化炭素の排出量の削減、人びとの健康増進、市街地の渋滞緩和、放置自転車対策などの効果が見込め、また観光地周遊目的で2次、3次交通に活用されるなど、国の自転車活用促進法の後押しもあり、今後ますます自転車の利用が進んでいくと思われます。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第1号) 本文 株式会社まちづくりオーガ(Orga)から「経営状況を説明する書類」が提出されておりますので、配付します。  陳情書が6件提出されておりますので、配付により報告にかえます。  以上、諸般の報告を終わります。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 なので、収穫の時期とかそういう繁忙期には、生産者を非常に大事にしているのが、東京のそういう経営者たちなんですね。そういう方も現地に足を運んで、生産者とも会いに来る機会が多々あると聞いていますので、そういうときにそういう委員会とかあって委員になっていただければ、なお一層ブランド化が図られると思うので、その点の工夫を今後お願いしたいんですがいかがですか。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 86:◯7番(岡崎 隆君) ◯7番(岡崎 隆君) 自治体に大きなお力添えをする以前に、商工会の事業というのは、業種にかかわりなく会員となってお互いの事業の発展や地域のために総合的な活動を行う団体、国や都道府県の小規模事業施策、経営改善普及事業ですとか実施機関に値するのが商工会であり、小規模事業者の皆さんももちろん支援してさまざまな事業を実施するということが商工会の大きな私は役割と認識しているので、 もっと読む
2018-10-01 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年10月01日 ○議案第27号 平成29年度気仙沼市国民健康保険特別会計決算認定について  ○議案第28号 平成29年度気仙沼市後期高齢者医療特別会計決算認定について 及び  ○議案第29号 平成29年度気仙沼市介護保険特別会計決算認定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも認定すべきものと決しました。   もっと読む
2018-09-28 角田市議会 平成30年第394回定例会(第5号) 本文 2018-09-28 総務省、第三セクター等のあり方に関する研究会報告書には、「地方公共団体は、第三セクター等の役職員の選任については、職務権限や責任にふさわしい人材を民間を含めて広く求め、民間の経営ノウハウを含めた適切な知見を有する人材が積極的に登用されることに努めることが必要である。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 特に、小規模農家は赤字経営体になっている場合が多いわけですが、赤字経営の実態を把握して課税しているのかどうか心配であります。  申告していない市民への必要資料の提出を催促してから課税すべきではないかと思いますが、答弁を求めます。 ◎議長(菅原清喜君) 市長菅原 茂君。 ◎市長(菅原 茂君) 住民税課税についてお答えいたします。   もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 1)接種率を上げて、肺炎を予防することは、本市の高齢者の健康寿命の延伸につながるのみならず、国民健康保険の医療費削減に寄与できると考えられますが、接種できなかった市民を救済する対策として、66歳以上を対象に独自助成を継続すべきではないでしょうか。本市の考えを伺います。  2)独自助成を継続する場合は、どのように周知徹底していくのかの考えを伺います。   もっと読む