636件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2019-06-24 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年06月24日

3目保育所費は、補正前の額から138万5,000円を減額するもので、15節工事請負費138万5,000円の減は、旧瀬峰保育所解体工事費の確定によるものであります。  5目母子父子福祉費は、補正前の額から2,557万4,000円を減額するもので、13節委託料229万6,000円の減は、母子生活支援施設改修工事監理業務及び母子生活支援施設入所委託料の確定によるものであります。  

栗原市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月18日

(2)保育所、幼稚園小学校中学校、放課後児童クラブの幼児、園児、児童生徒の安全確保について。  痛ましい事故事件が多発しており、いかに幼い子供たちの身の安全を守るかが問われています。そこで1.保育所、幼稚園学校、放課後児童クラブでの防犯安全指導安全対策はどう行われておりますか。  2.市が設置した防犯カメラの設置数。  3.地域防犯体制と活動状況はどうでありますか。  

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議(第2号) 本文

大きな2点目は、幼保無償についてでございます。  消費税増税が発端となり、幼児教育保育無償を実施する子ども・子育て支援法改正が国会で賛成多数で可決しました。10月からの実施になりますが、保育料は既に所得に応じ段階的になっており、保育料が免除されている世帯の方もおります。  そこで伺います。

大河原町議会 2019-06-01 令和元年第2回定例会(6月会議)(第4号) 本文

次に、2項国庫補助金2目4節子ども・子育て支援事業補助金幼児教育保育無償システム改修等事業補助金につきましては、その導入に必要なシステム改修及び設備整備等に要する経費に対する国庫補助金でございます。その下の幼児教育保育無償実施円滑事業補助金につきましては、その導入に必要となる事務費に対する国庫補助金でございます。  

仙台市議会 2019-05-21 健康福祉協議会 本文 2019-05-21

次に、就学前児童の平日の幼稚園保育施設等の今後の利用希望を聞いておりまして、前回調査と異なる点として、ことし10月から始まる幼児教育無償を前提とした聞き方をしております。幼稚園認可保育所の利用希望が多い結果となっておりますけれども、前回調査と比べると特に認可保育所の利用意向が伸びております。  

角田市議会 2019-03-15 平成31年第396回定例会(第6号) 本文 2019-03-15

次に、「あぶくま川水系角田地区土地改良区への市有財産無償譲について」でありますが、現在のあぶくま川水系角田地区土地改良区(以下、「土地改良区」とします)事務所につきましては、昭和53年3月に宮城県が市有地の無償貸与を受け、宮城県角田農業改良普及所として建築されましたが、平成8年10月に事務所等の建物について、宮城県から角田市に無償譲渡されたところであります。  

栗原市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第8号) 本文 開催日:2019年03月08日

今回の当初予算には、私たち日本共産党市議団がたびたび要望し、提言をしてきました乗り合いデマンド交通や、農業を続けたいと思っている中小農家が農機具を購入するときの助成制度の実施、そして住みたい田舎ベストランキングで東北1位、全国9位とを押し上げる大きな要因となった18歳までの医療費の無料を初めとする子育て支援のさまざまな施策を継続することなど、不十分ではありますが、一歩前進をしたという評価をするものであります

栗原市議会 2019-03-04 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年03月04日

菅原勇喜委員 それでは、次に、臨時交付金の関係で、いわゆる消費税の増税に伴って、幼児教育の、あるいは保育無償が10月から始まるとなっていますが、同時に、ただいまの前段の答弁でございましたように、いずれにしても地方消費税税収は4カ月ほどおくれて地方に配分されるというのは承知しています。

角田市議会 2019-02-27 平成31年第396回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

また、RPA(Robotics Process Automation)につきましては、単純定型業務等、パソコン上のソフトウエアにより自動処理することで業務の効率を図るものであります。具体的に現在考えていることは、保育所などの出先機関で物品を購入する場合、出先機関職員が連絡票等を作成し、決裁を受け、購入した後に本庁に連絡票と請求書を持参することとなります。

栗原市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年02月21日

次に、第2子以降への支援策についてでありますが、市ではこれまでも18歳までの医療費を無料とする子育て応援医療費助成事業や赤ちゃん用品支給事業の実施のほか、第2子以降の子育て支援といたしまして保育料や幼稚園授業料において国の制度に上乗せし、保育所同時入所及び幼稚園同時入園、幼稚園保育所同時入所の第2子以降を無償としております。

角田市議会 2019-02-19 平成31年第396回定例会(第1号) 本文 2019-02-19

5目保育所費、補正額は1,480万円の減額であります。角田保育所及び中島保育所において、臨時保育士を予定どおり確保できず、正職員である保育主任などで対応したことなどにより、産休・病休等代替保育賃金、低年齢対策保育賃金、障害児保育臨時保育士等賃金及びそれに係る社会保険料を減額するものであります。  

栗原市議会 2019-02-13 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年02月13日

次に、2つ目の将来像であります「子どもたちの豊かな感性と生きる力を育むまちを創るために」では、18歳までの医療費保育料2人目以降の無料、また小学校入学支援事業として第3子以降の子が小学校へ入学する際の学用品・通学用品の購入補助、出生から満1歳までの乳児を対象として、おむつやミルクなどの育児に係る経費の一部を助成する「赤ちゃん用品支給事業」などを継続して実施いたしました。  

角田市議会 2018-12-21 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21

お許しをいただきましたので、「角田市保育施設等統廃合基本計画(案)について」及び「行政組織の改編について」の2件について行政報告をいたします。  初めに、「角田市保育施設等統廃合基本計画(案)について」でありますが、少子及び保育所需要の高まりなどによって利用者数が著しく減少している市内の児童館児童センター及び公立幼稚園(以下、「児童館等」といたします。)