211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白石市議会 2019-03-07 平成31年第434回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-03-07

しかし、厚生労働省研究班によりますと、検査や治療によって80%以上の方が出産にたどり着けると報告されており、不育症を知り、適正な検査や治療をすれば多くの命を守ることができるということであります。  流産の原因となる血栓症や塞栓症に対する治療及び予防のために行う在宅自己注射に用いるヘパリンカルシウム製剤は、平成24年1月から保険適用になり、不育症に悩む女性や家族にとって朗報となっております。  

白石市議会 2019-02-22 平成31年第434回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-02-22

また、不妊治療医療費を助成する「特定不妊治療費助成事業」を継続するとともに、妊娠を希望する女性と配偶者などに対して「風しん予防のための予防接種費用助成事業」を継続します。  加えて、対象者や実施方法などの詳細は、国の動向を注視しながらとなりますが、風疹の感染拡大防止のための措置として、対象となる男性の風疹抗体検査と風疹予防接種を実施します。  

栗原市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年02月20日

がんは研究が進み、がんの多くは治療が期待できるようになっております。しかし、進行によってから見つかると治療が難しくなるようであります。鍵となるのは、早期発見・早期治療なのでございます。そのためには、がん検診を受けることであります。  国では、5つのがん、胃、肺、大腸、乳、子宮頸、いずれもがんを対象に指針をつくって検診を進めております。国の目標は50%ですが、到達していないと聞いております。

角田市議会 2019-02-19 平成31年第396回定例会(第1号) 本文 2019-02-19

なお、財源内訳の県支出金の15万円の追加は、既決予算不妊治療費の助成金に対して少子化対策支援市町村交付金が平成30年度も継続されることになったことによるものであります。  7目健康づくり推進費は、充当財源更正で、既決予算健康教育事業などが宮城県後期高齢者医療広域連合の特別対策事業費補助金の交付対象となったことによるものであります。  

大河原町議会 2018-12-01 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文

不育症の原因としては、原因不明が65.3%に上りますが、厚生労働省研究班によると、検査や治療によって80%以上の方が出産にたどり着けるという報告をされております。つまり、不育症を知り適正な検査や治療をすれば、多くの命を守ることができるということでございます。  不妊症と比べ、いまだ不育症を知らない人が多く、流産、死産したことによって心身ともに大きなダメージを受けます。

大河原町議会 2018-09-14 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文

次の行の少子化対策支援市町村交付金、こちらは第3子以降のお子さんの出生祝い金と不妊治療補助金、さらに29年度は婚活イベントが補助対象となっており交付を受けております。なお、婚活イベントに関する経費は総務費で支出しております。  次の地域子ども・子育て支援交付金は、国庫補助金と同様で補助率はそれぞれ3分の1でございます。  

美里町議会 2018-09-01 平成30年度9月会議(第5号) 本文

なお、これまで交付金を活用して実施してまいりました定住促進奨励事業、不妊治療費助成事業、農産物地形成促進事業などの事務事業につきましては、一般財源を確保し引き続き実施しております。以上でございます。 ◯議長(大橋昭太郎君) 福田議員。 ◯13番(福田淑子君) ありがとうございました。13番福田です。  

大崎市議会 2018-06-26 平成30年 第2回定例会(6月)-06月26日−05号

まず初めに、特定不妊治療に対する助成制度についてお伺いをいたします。  現在、特定不妊治療に対する助成制度は、次世代育成支援の一環として、子供が欲しくても妊娠できず不妊治療を受けている御夫妻に対し、高額の医療費がかかる特定不妊治療費の一部を助成することにより、御夫婦経済的、精神的な負担の軽減を図るものとして、宮城県でも助成制度を創設しております。

大河原町議会 2018-03-13 2018年3月13日 平成30年予算審査特別委員会(第2号) 本文

15款2項2目民生費県補助金の4目児童福祉補助金、3行目の少子化対策支援市町村交付金19万4,000円は前年度より減となっておりますが、これは県の補助金のメニューが変更となりまして、29年度まで対象となっておりました不妊治療補助、第3子以降の出生祝い金に係る補助がなくなりまして、かわって新たに子育て等に関する情報発信等の充実強化事業が対象メニューの一つになりまして、歳出で触れますが、スマートフォン

白石市議会 2018-03-09 平成30年第430回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-03-09

それから、2つ目といたしまして、子育て支援、高齢者支援、障害者支援、地域医療の確立と健康づくり支援などの福祉関係の施策についてでございますが、中でも子育て支援については赤ちゃん応援事業として14回の妊婦健康診査の費用を助成する妊婦健康診査費助成事業や、不妊治療医療費を助成する特定不妊治療費助成事業、子ども医療費助成事業、産後ケア費用補助金事業、子育て支援応援住宅などの子育て支援事業については、高く

白石市議会 2018-03-07 平成30年第430回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-03-07

子育て支援につきましては、新規事業として開始する産後ケア費用補助金事業を初め、妊婦健康診査費助成事業、特定不妊治療費助成事業、風しん予防のための予防接種費用助成事業といった赤ちゃん応援事業、子ども医療費助成事業や子育て応援住宅及び応援基金などでございます。さらに、核となる事業といたしまして、子育て支援・多世代交流複合施設を整備いたします。  

美里町議会 2018-03-01 平成30年度3月会議(第5号) 本文

母子保健事業におきまして、平成31年度は、不妊治療補助金の限度額を初回10万円、こちらを15万円に増額をして計上してございます。また、妊娠期の相談事業として新たに産前・産後サポート事業を実施してまいりますための講師謝礼を計上してございます。  事項別明細書139ページ、140ページの下段からは、4目健康増進費になります。事務事業の概要につきましては173ページからでございます。  

白石市議会 2018-02-23 平成30年第430回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-02-23

子育て支援では、「赤ちゃん応援事業」として、14回の妊婦健康診査の費用を助成する「妊婦健康診査費助成事業」や、不妊治療医療費を助成する「特定不妊治療費助成事業」、妊娠を希望する女性と配偶者などに対し、「風しん予防のための予防接種費用助成事業」を継続します。  「子ども医療費助成事業」は、引き続き通院・入院とも所得制限なしで中学3年生まで助成することで、子育て家庭経済的負担の軽減を図ります。  

角田市議会 2018-02-20 平成30年第392回定例会(第1号) 本文 2018-02-20

また、妊婦健康診査、妊婦歯科健康診査、不妊治療費の助成などで経済的な負担の軽減を図り、安心して妊娠・出産ができるよう引き続き支援をしてまいります。  子育て家庭への生活支援につきましては、引き続き、子ども医療費の助成、紙おむつ用のごみ袋支給、小学校入学祝子育て応援券支給事業を行うなど、子育て家庭に対する負担軽減に努めてまいります。  

栗原市議会 2017-12-14 平成29年第6回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年12月14日

5、栗原市不妊治療助成事業は、宮城県から助成の決定を受けた方を対象としており、現在、宮城県では43歳未満が対象となっています。昨今、晩婚化が進んでいると考えますが、そうした方々が不妊治療を受けやすい環境づくりも大切と考え、対象年齢の引き上げや助成金の拡大など、柔軟な取り組みをしてはどうか伺います。  大綱2。オンライン診療導入について。  

角田市議会 2017-09-22 平成29年第390回定例会(第3号) 本文 2017-09-22

全国的にも厳しい状況にあるわけでありますが、本市といたしましては、結婚支援事業、特定不妊治療費の助成、子育て世代包括支援センターの設置、子ども医療費の助成、小学校入学祝い子育て応援券等の施策を行い、引き続き保護者の負担軽減を図るとともに、新たな保育施設を整備して、安心して子育てできる環境を整えるなど、少子化対策に長期的に取り組み、少しでも出生数が回復するように努めてまいりたいと考えております。