147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-02-27 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27

129: ◯文化観光局長  東北連携について、来年度主な取り組みとしましては、一番の売りとしましては、釜石市で行われるラグビーワールドカップに対しまして、東北域内の30の市、町の案内所をネットワークし、それぞれで働いているスタッフの方々を、仙台市が予算を全部国から取ってきまして、現地で研修を行って、ワールドカップ本番のときにはさまざま外国人の方々とかが案内所に相談に来るといったところを、全部釜石市のほうに

気仙沼市議会 2019-02-26 平成31年第100回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年02月26日

させていただきますが、例えばここの28ページには、交通に伴うことの、例えば公共交通の状況については、例えば観光に関する戦略的な方策も記述をされておりますし、その上でこのリアス観光創造プラットフォームの役割等についても記されておりまして、あるいはこの三陸沿岸道路の359キロの延伸という状況も記されておりますし、あるいはこの三陸沿岸のジオパークの張りつけもあったり、隣接の平泉の世界遺産の登録、あるいはラグビー

気仙沼市議会 2019-02-08 平成31年第100回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年02月08日

インバウンドの取り組みとしては、釜石市でのラグビーワールドカップの開催に合わせた取り組みやクルーズ客船の誘致、宮城オルレ気仙沼・唐桑コースへの誘客、サイクルツーリズムの推進などにより訪日外国人の誘客促進を図り、世界に開かれた観光・交流都市の実現を目指してまいります。  

仙台市議会 2018-09-21 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-21

だったらこれからね、来年はまずラグビーのワールドカップが釜石に来ます。仙台が大分お泊まりになる方もふえると思います。長期滞在者がふえると思います。その次にはオリンピックということで、さまざま大きなイベントが続き、それに伴って海外からのお客様も来られる。特に今までなかなか東北に目を向けてなかったヨーロッパの方々やなんかが、欧米の方々が来られる可能性が出てくる。

仙台市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 2018-09-14

二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック大会開催まであと二年弱、ラグビーワールドカップまで一年となり、世界の祭典に大きな期待が寄せられています。このようなビッグなスポーツイベントの開催は、世界のトッププレイヤーを間近で観戦し、スポーツの魅力を肌で感じることのできる絶好の機会となります。そして、それが多くの市民の方々に夢や勇気を、元気や活力をもたらしてくれるものと大いに期待をいたしております。  

仙台市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 2018-09-12

各高校の部活動への取り組みは活発であり、近年、仙台商業高校の軟式野球部や男子バレー部、仙台工業高校のラグビー部の全国大会出場など、輝かしい実績を上げているものと評価しております。  部活動は、目標に向かって取り組むことにより、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養など望ましい人間関係の形成に資するものであり、生徒の学校生活をより豊かにするものと認識しております。  

仙台市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018-09-10

さらに、来年は、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。東北では釜石市が会場になっておりますが、ワールドカップの周知、外国人の誘客や釜石市との連携はどのように取り組んでいるのか、あわせて伺います。  私ども自由民主党会派は、先般、直接安倍首相に面談し、将来の東北地方の持続的発展に向けた集中支援の必要性や、東日本大震災からの復興と、今後の災害等の備えといった各種要望をしてまいりました。  

仙台市議会 2018-08-21 総務財政協議会 本文 2018-08-21

この間私もラグビーの大会に行ってきたんです。我が母校の仙台工業高校が出たから。そうすると、西のほうのチームは全部中学校のときからクラブチームでやっているんです。クラブチームの名前がばーっと書いてあるんです。体格も我々と違って2倍も3倍もあるんです。本当にそう。しかし、こちらの仙台工業高校の中学校の部活の欄には卓球部とかバレー部とか珠算部と書いてあるんです。

仙台市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 2018-06-14

所沢市長自身、外務大臣主催のレセプション出席に始まり、ブラジルオリンピック委員会歓迎会、オリパラ、ラグビーワールドカップ推進委員会、オリパラ活用の地域活性化推進首長連合の会議、オリパラ担当大臣への要請とさまざまな会に出席して誘致の相手国を探していて、そこに思いがけずイタリア共和国から打診ありと報告が入り、昨年三月、イタリアオリンピック委員会副事務総長ほかが所沢市に。

仙台市議会 2018-03-06 平成30年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2018-03-06

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催の年に向け、また、その前年にはラグビーワールドカップが開催されます。これらの大会は東北の観光及び認知度向上を図るには絶好の機会であります。受け入れ環境の整備や観光に関する人材育成の推進は2020年に向けた受け入れ体制の整備はもちろん、開催後を見据えた長期的な視点での推進をしていかなくてはなりません。  

石巻市議会 2018-02-22 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号

(3)、スポーツ国際大会へのかかわりについて、ラグビーワールドカップ2019出場国の本市へのキャンプ地誘致に向けて市民の機運醸成、気持ちの高まりを図るために実施するイベントは具体的にはどのようなものを考えているのか伺います。また、それに続く2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの継続的な取り組みと組織体制確立についても伺います。  次に、編成予算について伺います。

石巻市議会 2018-02-14 平成30年 第1回 定例会-02月14日−施政方針演説−01号

さらに、スポーツを活かしたまちづくりを推進するため、楽天イーグルスやベガルタ仙台のプロスポーツチームとともに各種イベントや健康増進プログラムを実施するほか、ラグビーワールドカップ2019出場国のキャンプ地誘致及び2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る市民の機運醸成を図ってまいります。  

仙台市議会 2018-01-19 総務財政協議会 本文 2018-01-19

2019年のラグビーワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催という国際的にも大きな注目を集めるイベントが日本で開催されることを踏まえまして、JR仙台駅周辺を含む県内の複数箇所で爆発が発生したという想定のもと、国、宮城県、利府町とともに図上訓練を実施いたします。  

石巻市議会 2017-12-22 平成29年 第4回 定例会-12月22日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号

また、備品購入の内容について質疑があり、2019ラグビーワールドカップ公認キャンプ地誘致に伴う備品購入であり、ラグビー組織委員会が指定するフリーウエイトマシンが18基、ほかに一般の方にも利用いただけるようなストレッチマシンや筋トレマシンを12基予定している旨、答弁がありました。  なお、第4回定例会議案書にミスプリントがあり、正誤表の写しを配付したことを申し添え、御報告いたします。

石巻市議会 2017-12-20 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号

次に、事前キャンプ地の誘致につきましては、本市は7人制ラグビー及び米国の野球について誘致を表明しております。なお、7人制ラグビーの相手国は現在検討中であります。  事前キャンプの実現は、市内の子供たちやファンの方々にとって喜ばしいことであり、市外の方々が本市に足を運ぶ絶好の機会になると捉えておりますので、あらゆる側面から事前キャンプ地誘致活動を進めてまいりたいと考えております。

白石市議会 2017-12-19 平成29年第429回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-12-19

例えば、本市でいけば、具体的な名前を挙げますとNECが女子のバレーボールチームとかラグビーのチームを持っておって、国内のトップリーグでどちらも活躍しているチームでございますし、セコムもラグビーのチームを持っておりまして、これもトップリーグの1つ下のカテゴリーのリーグで今活躍している、そういう状態でございます。  

仙台市議会 2017-12-19 平成29年第4回定例会(第6日目) 本文 2017-12-19

昨年のリオパラリンピックにおいて、本市関係の車椅子ラグビー、車椅子バスケット、柔道など、皆様も御承知のとおりの御活躍でありました。  一方、国内におきましても、健常者の国体開催地において二週間程度後に、障害者の全国大会も毎年開催されます。ことしは愛媛県で開催され、本市からも選手、役員を合わせて五十三名が参加され、全国の障害者の選手と競い合い、御自身の限界に挑戦されました。

石巻市議会 2017-12-13 平成29年  産業建設委員会-12月13日−07号

備品の内容ということでございますが、これにつきましては委員の方々皆さん御承知のとおり、2019ラグビーワールドカップ公認キャンプ地誘致ということでの備品購入ということでございまして、内容につきましては、ラグビーの組織委員会が指定いたしますフリーウエートマシンというバーベルとかダンベルとか、あとパワーラックとか、そういった重量感のあるフリーウエートマシンが18基ぐらい。