運営者 Bitlet 姉妹サービス
29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 次に、プログラミング教育への対応についてでありますが、議員御指摘のように小学校において2020年度からプログラミング教育が必修化されます。その背景は、急速な情報化の進展により社会が大きく変化する中で、情報や情報処理技術を主体的に活用していく力や、情報処理技術を手段として活用する力が重要であるとの認識が進んだことがあります。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 初めに、本町のプログラミング教育に対する考えや取り組み及び進捗状況についてのご質問であります。  プログラミング教育とは情報や情報技術を主体的に活用していく力や情報技術を手段として活用していく力を育成し、物事を論理的に考える力、プログラミング的思考を育むものであります。これは、2020年度の新学習指導要領の実施に伴い、新たに小学校において必修化されるものであります。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 また、文部科学省では、2020年から学校でデジタル教科書を導入することやプログラミング教育を開始することなどを検討しています。これから子供たちは、このモバイル端末を手にする機会が圧倒的にふえる。なので、使用の管理という面でルールづくりが本当に必要だと考えています。   もっと読む
2017-12-21 角田市議会 平成29年第391回定例会(第3号) 本文 2017-12-21 もちろん、新しく導入される小学校の外国語やプログラミング教育など、さまざまな準備が必要なものはございますが、アクティブ・ラーニングの考え方を取り入れた実践は広く行われております。 ◎議長(柄目孝治) 八島議員。 もっと読む
2017-12-20 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号 しかし、通信技術の進歩により場所を問わない仕事もふえ、そこにロボットや人工知能による第4次産業革命も、どちらかといえば場所を問わずにできるプログラミングが軸となる産業革命であります。国も、子供たちの論理的に物事を組み立てる能力向上とプログラミング技術の育成では世界の中で出おくれていることから、2020年度から小学校でプログラミング教育を必修化させることを決めました。 もっと読む
2017-12-12 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-12月12日−07号 まず初めに、愛知県豊橋市のプログラミング教育についての視察報告を大森秀一委員よりお願いいたします。 ◆大森秀一委員 私のほうから豊橋市のプログラミング教育について報告させていただきます。   もっと読む
2017-12-07 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-12月07日−06号 なお、発表者につきましては、豊橋市のプログラミング教育につきましては大森委員、英語教育推進特区英会話のできる豊橋っ子につきましては首藤委員、倉敷市の倉敷市太陽光発電型プログラム型排出削減事業(くらしきサンサン倶楽部)につきましては阿部正敏委員から、それぞれ目的、概要、所感及び提言等の報告をお願いいたします。   もっと読む
2017-11-13 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-11月13日−05号 それでは、初めに豊橋市でございますが、視察項目はプログラミング教育についてと英語教育推進特区、英会話のできる豊橋っ子についてであります。報告書作成者は、大森秀一委員と首藤博敏委員であります。なお、プログラミング教育につきましては、大森委員と首藤委員の両委員から報告書が提出されておりますので、後ほど、この取り扱いについても委員の皆様から御意見を伺い、検討したいと思います。   もっと読む
2017-09-08 気仙沼市議会 平成29年第92回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年09月08日 地方創生分としては、情報通信技術関連産業が本地域に根差すための取り組みとして、旧小原木中学校校舎を利用したオフィスワーク拠点整備や子供を対象としたプログラミング講座及びパソコンなどの購入を行うICT関連産業誘致等推進事業として2,668万8,000円、在宅ワーク、テレワークに関するセミナーや必要なスキルを習得するための講座を開催するなど、ウエブを活用した新しい働き方の導入を支援するWeb系在宅ワーク もっと読む
2017-09-07 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-09月07日−03号 視察テーマにつきましては、豊橋市はプログラミング教育及び英語教育推進特区(英会話のできる豊橋っ子)について、倉敷市は倉敷市太陽光発電型プログラム型排出削減事業(くらしきサンサン倶楽部)についてとしております。  各テーマの内容については資料に記載のとおりであります。  なお、詳細な行程につきましては、後日配布をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。   もっと読む
2017-06-27 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月27日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−07号 あとテクノマキということで、主にプログラミング、ITに特化した人材育成を図ってございます。都内でのイベント周知や最先端IT企業での視察とか、プログラミング言語の勉強会とかいったもので541名の参加を見ております。   もっと読む
2017-06-20 気仙沼市議会 平成29年第91回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年06月20日 また、それに合わせて地元からの人材確保ができるようにIT、プログラミング教室とかそういった教育も、あわせて実施していきたいと考えております。そのことが若者の興味のある職業定着にもつながる。そしてまた地元の企業の中もそれらの技術を生かすことができると考えております。 ◎議長(熊谷伸一君) 11番村上 進君。 もっと読む
2017-03-10 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月10日−一般質問−09号 石巻市の教育の基本を示す本計画において、次期学習指導要領改訂案で組み込まれるプログラミング教育や主権者教育などが掲載されておらず、児童・生徒にはこれらの教育の機会が担保されないのではないかと映ります。ほかの地域と比較して、教育の機会、質を担保できるのか伺います。  3点目は、生活困窮者自立支援制度における学習支援事業についてです。昨年12月に教育機会確保法が成立しました。 もっと読む
2017-03-08 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月08日−一般質問−07号 ICTとの企業連携の考え方ということでございますけれども、市が直接ではございませんが、市内で民間団体ですけれども、プログラミングアプリ、そういったものを開発するような事業といいますか、教室のようなものを年に数回開催している団体がございます。こちらは、全国から公募いたしまして、毎回七、八十人くらいの人数が集まって、そういったものに参加されていると。 もっと読む
2017-02-13 石巻市議会 平成29年  全員協議会-02月13日−01号 外国語の強化とかアクティブラーニングとか載っていたのですけれども、プログラミング教育について全く言葉は載っていなかったのです。ここにも取り組まなければいけないのだろうなというふうに思っていますけれども、この辺が抜けている理由について最後お伺いしたいと思います。 ◎佐々木貞義教育委員会教育総務課長 プログラミング教育の必要性・重要性については認識しているところでございます。 もっと読む
2016-12-07 石巻市議会 平成28年  環境教育委員会-12月07日−09号 それから、最後に、2020年には小学校の必修科目になるだろうというプログラミング教育についても、東洋大学と、それからDeNAとの産学官連携で取り組んでいるということでございました。プログラミング教育の目的は、論理的な思考を鍛えるということを主眼に、現在、小学校1年生から3年生を対象にこの教育を行っているということでございます。 もっと読む
2016-09-20 石巻市議会 平成28年 第3回 定例会-09月20日−一般質問−06号 次に、プログラミング教育の導入の課題についてでありますが、現時点での課題は以下の2点と考えます。1点目は、指導計画の作成についてであります。学校の実情、児童・生徒の姿、指導体制の現状等を踏まえて各校ごとに計画、実践することになりますので、最善のプログラミング指導がなされるように学習指導要領の解説や指導事例集を研究分析しながら準備してまいりたいと考えております。   もっと読む
2016-09-13 岩沼市議会 平成28年第4回定例会(3日目) 本文 2016.09.13 それに向けて、アクティブラーニング、それからプログラミング教育というのが出ておりますけれども、このプログラミング教育につきましては、ことし6月に文部科学省の有識者会議が、小学校段階におけるプログラミング教育のあり方について議論の取りまとめを行って発表した段階ですので、まだ学校には正式におりてきておりません。ただ、その詳細については課長のほうからお答えさせます。 もっと読む
2016-06-22 岩沼市議会 平成28年第3回定例会(4日目) 本文 2016.06.22 また、中学校においては、プログラミング教育というものも市内の中学校でも始まっているというふうにお聞きしましたので、それらも含めてインフラ整備というところは非常に必要不可欠ではないかなというふうに私は感じております。 もっと読む
2016-06-21 気仙沼市議会 平成28年第83回定例会(第4日) 本文 開催日:2016年06月21日 アクティブラーニング、プログラミング教育など、次々と教員に求められる能力がふえているようです。世界一忙しい日本の教師に対し、その能力を身につけさせ、子供たちと向き合う時間の確保が可能なのでしょうか。教師側に余裕を持って資質能力を高めるための市としての取り組みをお示しください。  2番目は、教員採用試験の改革状況からです。  私は常々、地元の子供は地元の大人が育てるという考え方を持っていました。 もっと読む
  • 1
  • 2