運営者 Bitlet 姉妹サービス
16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-27 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月27日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 ◆12番(櫻田誠子議員) 次に、中学生のピロリ検査について伺います。  今中学2、3年生を対象に尿検査の際ピロリの検査を行い、陽性者を除することで、将来胃の病気の治療や予防を行うものです。今篠山市、天草市、弘前市ほか多くの自治体が取り組んでおります。今後石巻市においても取り組むべきと考えますが、いかがでしょうか、お聞きいたします。 ◎草刈敏雄教育委員会事務局長 お答えいたします。   もっと読む
2017-03-07 白石市議会 平成29年第424回定例会(第3号) 本文 開催日:2017.03.07 このように我が国の胃がんの死亡率、罹患率は非常に高く、その胃がんの原因のほとんどが「ヘリコバクターピロリ(以下「ピロリ」と述べる)」でありますが、50代以上の年齢の高い人にその発生率が多くなっております。  国内におけるピロリ感染者数は約3,500万人、人口比で4人に1人の割合、約80%を50歳以上の方々が占めていると言われております。 もっと読む
2017-02-03 大崎市議会 平成29年  民生常任委員会-02月03日−01号 胃がんの発生が、そこにありますけれどもピロリと言われておりますけれども、ピロリの感染と深くかかわっているということが調査結果からも出ているようでございます。それらのことから血液検査、胃のX線検査、ここにありますけれども、その胃炎との関係を調べるものでございます。 もっと読む
2016-03-10 石巻市議会 平成28年 第1回 定例会-03月10日−一般質問−08号 ◆11番(櫻田誠子議員) 佐賀県では、若いうちに予防しておけば胃がんリスクは大きく軽減されるということで、来年度から中学校3年生全員にピロリ検査を始めます。今2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなると言われ、患者数は増加傾向にあります。がんは早期発見、早期治療で普通の生活を送れるようになります。 もっと読む
2015-09-24 気仙沼市議会 平成27年第75回定例会(第4日) 本文 開催日:2015年09月24日 そのように全国が厚労省の指示というか、考えを受けてそれから一斉に並んで行うのではなく、当市として市民を守るんだということでピロリ胃がんABC判定を早目に実施できるような状況を、環境づくりをしてはどうかと思いますけれども、その点はいかがでしょうか。 ◎議長(熊谷伸一君) 健康増進課長村上悦子君。 ◎健康増進課長(村上悦子君) ピロリ検査のことについてお答えいたします。   もっと読む
2015-03-02 気仙沼市議会 平成27年第69回定例会(第7日) 本文 開催日:2015年03月02日 次に、ピロリ検査実施での早期発見早期治療の仕組みづくりの御提案についてでありますが、ピロリ検査はがんの要因となるピロリ感染の有無からがんになるリスクを調べるための1次的な検査であり、リスクが高いと判定された場合にはさらに医療機関での内視鏡検査などの精密検査が必要となります。 もっと読む
2014-07-09 岩沼市議会 平成26年第3回定例会(4日目) 本文 2014.07.09 胃がんの最大の原因は、胃の中に潜むピロリです。ピロリに感染している人が全員胃がんを発症するわけではありませんが、ピロリの除治療に成功すると、胃の炎症が改善し、ピロリ感染に伴うさまざまな病気の治療や予防が期待されるわけであります。  そこで、再度でありますが、胃がん死撲滅を目指して特定健診受診時に胃がんリスク検診を希望者に実施してはどうか伺います。 もっと読む
2014-06-26 気仙沼市議会 平成26年第62回定例会(第6日) 本文 開催日:2014年06月26日 最近の研究により胃がんの原因の95%以上がピロリの感染から発症することが明らかになってきたと胃がん研究の第一人者の浅香正博北大大学院特任教授が述べております。ピロリは胃の粘膜に生息しており、早期に除することで胃がんの予防が可能になることが既に証明されております。 もっと読む
2013-12-10 岩沼市議会 平成25年第5回定例会(3日目) 本文 2013.12.10 その大きな原因がヘリコバクターピロリ、ピロリと言われております。ピロリ検査、ペプシノーゲン検査は、血液を採取し、ピロリ感染の有無と胃粘膜の萎縮度を調べるもので、胃がん発症のリスクを判定することができるわけであります。 もっと読む
2013-09-27 気仙沼市議会 平成25年第55回定例会(第4日) 本文 開催日:2013年09月27日 これまで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気に限って保険が適用されておりましたが、今回それよりも症状の軽い胃のもたれや不快感などの慢性胃炎であっても、呼気検査などでヘリコバクターピロリ、通常ピロリと言っておりますけれども、この感染が確認され、内視鏡で慢性胃炎だと診断されれば、ことしの2月21日から除に保険が適用されることになりました。   もっと読む
2013-03-22 石巻市議会 平成25年 第1回 定例会-03月22日−一般質問−09号 1994年にWHOの国際がん研究機関がピロリは胃がんの因子であると認めましたが、日本ではなかなか認められず、2008年、北海道大学の浅香教授が胃がんはピロリの感染による胃炎が原因で、ピロリを除すれば胃がんの発生を抑制可能であると研究で明らかにしました。 もっと読む
2013-03-08 大崎市議会 平成25年 第1回定例会(2月)-03月08日−05号 それから、胃がん検診でありますけれども、今、私も前に一般質問したことはあるのですけれども、ピロリによってがんかどうかということがわかるというか、今回、保険適用になったのです、ピロリの除に対して。先月の21日、これがなりました。 もっと読む
2012-12-19 角田市議会 平成24年第365回定例会(第4号) 本文 2012-12-19 (4)ですけれども、通称ピロリ(ヘリコバクター・ピロリ)が慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、そして胃がんの原因細菌ではないかと疑われています。胃がん患者の胃の内部からも90%以上の高率で検出されていると言われています。 もっと読む
2012-09-24 石巻市議会 平成24年 第3回 定例会-09月24日−一般質問−05号 ただいまは子宮がんに関して若干質問させていただきましたが、胃がんも今はピロリの検査だとか、あとまたABC検診というような検診、これは塩竈市立病院で今度導入されたということですが、血液検査で子宮がんを除く5つのがんは発見できるというようなことも取り入れているようです。 もっと読む
2012-03-06 気仙沼市議会 平成24年第43回定例会(第7日) 本文 開催日:2012年03月06日 そして、最近になって、胃がんの原因は95%はピロリであることが判明しました。つまり胃がんとは、ピロリの感染が原因で起こるということであります。このの感染は生まれてから10歳くらいまでに感染し、現在の感染率は10代では10%以下に対して、50代では約50%、60代以上では80%の方が感染者と言われております。   もっと読む
2011-12-19 大崎市議会 平成23年 第4回定例会(12月)-12月19日−06号 そして、最近になって胃がんの原因は95%ピロリであることが判明いたしました。つまり、胃がんとはピロリの感染が原因で起こることがわかりました。このの感染は生まれてから10歳ぐらいまでに感染し、現在の感染率は10代では10%以下に対して、50代では約50%、60代以上では80%の方々が感染者と言われております。   もっと読む
  • 1