運営者 Bitlet 姉妹サービス
81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 捕獲に関しては、農作物に対し大きな被害をもたらす大型動物であるニホンジカ、また、カラス、スズメ、カルガモなど鳥類の駆除に取り組んできた結果、野生鳥獣による農作物被害は、被害面積・金額とも平成26年度をピークに3年連続で減少してきております。   もっと読む
2018-09-14 大河原町議会 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文 有害鳥獣の種類につきましては、イノシシ、カラス、カルガモ等でございまして、情報交換につきましては会合等、総会等がですね、あった都度、または講習会が年に一、二回仙南地区で開催されますので、そのときに情報交換というようなものを行っております。メンバーにつきましては、すいません、今ちょっと手持ち資料がございませんので、後ほど、お答えさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-02-20 角田市議会 平成30年第392回定例会(第1号) 本文 2018-02-20 農作物災害対策の取り組みにつきましては、イノシシの捕獲頭数の拡大と電気柵などの設置に対する助成及びカラス・カルガモの予察捕獲を今後も実施してまいります。また、狩猟免許取得に係る助成事業につきましては、市の補助率2分の1を10分の10に拡充し、狩猟免許取得者の拡大に取り組んでまいります。  次に、地域農業の推進についてであります。   もっと読む
2017-11-17 大崎市議会 平成29年  総務常任委員会-11月17日−01号 保管しましたが、大量にカラスが発生しまして、環境上よくないということで、昼夜を分かたぬ作業の中で、何とか職員一丸となって処理したという経緯がありますので、委員長推測のとおり、恐らくは含まれている部分があっただろうというふうに、私どもは思っております。当然、焼却灰の測定結果などについては、出ている部分もありましたので。   もっと読む
2017-09-15 大河原町議会 2017年9月15日 平成29年決算審査特別委員会(第2号) 本文 カラス、カルガモ捕獲ということで予定が140羽とか70羽ということでね、これ載ってますけども、ただ捕獲数が2羽とかね、3羽とか32羽とかっていう確率の問題なんですけども、鉄砲で撃ったら当たんなかったと、その鉄砲の弾は散弾銃なのか、1発の何口径のでやるのか、その辺。   もっと読む
2017-06-26 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月26日−04号 有害鳥獣とはイノシシ、カラス、ニホンザル、鹿、熊、キツネ等、あるいはここではハクビシン等も入ると思いますが、農林水産物の食害、あるいは悪戯、人間を襲うなどの害をなす動物のこととありますが、本市においては特に熊、イノシシによる被害が深刻になりつつあり、対策が急務であると感じています。   もっと読む
2017-03-14 大河原町議会 2017年3月14日 平成29年予算審査特別委員会(第3号) 本文 それから、第2点目は、19、負担金補助及び、同じ132ページのこれになるかと思うんですが、各地区のごみ置き場なんですが、今、衛生組合のほうからですか、出ているのが網だけだっていうふうな感じで、補助が出てるの、そうするとカラスや何かがつっついて大変なんですよ。あのごみね、この前も区の役員会でもいろいろ出たんですよ。 もっと読む
2017-02-20 角田市議会 平成29年第386回定例会(第1号) 本文 2017-02-20 農作物災害対策の取り組みにつきましては、イノシシなどの鳥獣被害を防止するために、イノシシの捕獲頭数の拡大と電気柵などの設置に対する助成及びカラス・カルガモの予察捕獲を今後も実施するとともに、狩猟免許取得にかかる助成事業などについても取り組んでまいります。  次に、地域農業の推進についてであります。   もっと読む
2016-12-13 石巻市議会 平成28年 第4回 定例会-12月13日−一般質問−03号 それから、鳥獣対策で網をかけるだけというお話がございましたが、カラス対策としてはただ網をかけるだけでは余り効果はございません。カラスは賢いので、網を持ち上げたり、よけたりするので、網の端にパイプ等のおもしをつけたり、一手間かけることが必要でございます。また、編み目が大きいとその編み目から突いたりされますので、網目はできるだけ細かいものがいいというようなことでございます。 もっと読む
2016-10-05 大崎市議会 平成28年 第3回定例会(9月)-10月05日−05号 初めに、大綱1点目の有害鳥獣被害対策の取り組みについてでございますが、被害の現状と対策につきましては、農作物にツキノワグマ、イノシシ、ハクビシン及びカラス、カルガモなどによる被害が拡大傾向にあり、本年度において、特にツキノワグマによる食害が著しく増加しております。議員からも御紹介がありましたが、そういう実態の中で14頭を有害捕獲いたしております。   もっと読む
2016-09-16 大河原町議会 2016年9月16日 平成28年決算審査特別委員会(第2号) 本文 そして、予察駆除を県下一斉でやっているのはカラス、カルガモなんですけれども、年に3回やっているようですけれども、これよりやっぱりイノシシ対策のほうがかなり重要になってくるのかなと思いますし、それで、136ページのイノシシの捕獲許可数60頭に対して50頭、10頭ぐらいちょっと少なくなっている。 もっと読む
2016-09-07 石巻市議会 平成28年  環境教育委員会-09月07日−06号 今うちの町内、どの町内もそうなのですけれども、ごみ置き場のカラス対策、いわゆる生ごみの排出に伴ったカラスのいたずらというのが非常に頭が痛くて、いろんな町内会の集まり等あるのですけれども、必ず出るのがこのカラス対策でございまして、抜本的な対策、いろいろなアイデアは出るのですけれども、なかなか決定的なものがなくて、市としてその辺どのような、アイデアか何かお示しできるものがあればぜひ教えていただきたいなというふうに もっと読む
2016-06-28 石巻市議会 平成28年 第2回 定例会-06月28日−委員長報告・質疑・採決−08号 次に、8款6項住宅費、3目東日本大震災関係費、復興公営住宅管理費では、市営住宅管理代行等業務委託に係るごみ集積所の具体的な改修内容について質疑があり、既存設置しているごみ集積所は覆いがないことから、カラスや猫によるいたずら防止のため、覆いと扉をつける旨、答弁がありました。  以上、御報告申し上げます。 ○議長(丹野清議員) 以上で各常任委員長の報告を終わります。 もっと読む
2016-06-17 石巻市議会 平成28年  産業建設委員会-06月17日−05号 ごみ集積所の改修ということでございますが、現在、復興住宅にはごみ集積所を設置しておりますけれども、ごみ集積所はその覆いがなくて、カラスとか猫にいたずらをされるということがありまして、それの改善ということで上に覆いをつけて、それからあと扉をつけるということで改造をしようかなとしております。 ◆遠藤宏昭委員 今お答えいただいたのも、多分住んでいる住民の方からの御意見なのだろうと思うのです。 もっと読む
2016-02-19 角田市議会 平成28年第381回定例会(第1号) 本文 2016-02-19 イノシシなどの有害鳥獣による農作物の被害の縮減対策としては、確実な有害鳥獣の駆除やカラス・カルガモの予察駆除を実施するとともに、狩猟免許取得に係る助成事業など適切な被害防止対策に取り組んでまいります。   もっと読む
2015-12-16 石巻市議会 平成27年 第4回 定例会-12月16日−一般質問−04号 やはり我々、盆あるいは彼岸等にお参りに行って、上げものをしたり、お花を置いてくるわけですが、カラスやいろんなものに食い散らかされて大変汚い。そういう状況を民営化することによってきちんとするということで、今後は前向きに考えていただくようにお願い申し上げまして、私の一般質問を終了させていただきます。ありがとうございました。 ○議長(安倍太郎議員) 以上で21番森山行輝議員の質問を終わります。 もっと読む
2015-12-10 石巻市議会 平成27年  産業建設委員会-12月10日−10号 カラスだったようでございますが、1人で入ってきて1人で出ていったと、1匹。開け方もちゃんときちっとわかっているようでございます。  ですから、これは笑いごとなのですけれども、ただ、やはり使い勝手とハセップ、いろんな相反する部分もあると思うのですが、やはり見学者に説明していて、見学していてそういう事例が見たというのを私は報告されたのです。びっくりしたのですけれども。 もっと読む
2015-09-16 大河原町議会 2015年9月16日 平成27年決算審査特別委員会(第3号) 本文 106:◯山崎 剛委員 ◯山崎 剛委員 成果説明書の128・129、これ県下一斉にカラスあるいはカルガモ駆除をやっているわけでございますけども、成果説明書を見ますと成果が上がっていないように見受けられるんですけども、例えばカラスが120羽捕獲許可数、これは大河原ですよね。県下一斉のあれじゃないですよね。ただ、捕獲数が120羽に対して9羽、あるいはカルガモなんて60羽に関して1羽と。 もっと読む
2015-09-09 東松島市議会 平成27年  9月定例会(第3回)-09月09日−一般質問−04号 本計画では、カラス、カルガモ及びスズメを水稲に害を及ぼす鳥獣、ハクビシンをトウモロコシやイチゴなどの農作物に害を及ぼす鳥獣と位置づけ、毎年駆除を実施いたしております。カラス、カルガモ及びスズメについては、春の田植え後と秋の稲刈り時に宮城県猟友会石巻支部へ依頼し、猟銃による駆除を行い、年間250羽ずつの捕獲を目標としております。 もっと読む
2015-09-08 岩沼市議会 平成27年第3回定例会(3日目) 本文 2015.09.08 農作物、いわゆる水稲等に被害を与えるものは、カラスとか、カルガモとか、キジバトなどの鳥類、そして今議員おっしゃったような野菜等に被害を与えるという点ではイノシシ、あるいはハクビシン、そういったものでございます。 議長(国井宗和)宍戸幸次議員。 もっと読む