運営者 Bitlet 姉妹サービス
99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 東京2020オリンピック・パラリンピックが開催され、全世界からたくさんの方が訪れる機会となり、復興支援に対する感謝と復興した気仙沼の魅力を発信するチャンスであると考えますことから、観光推進機構においても、インバウンド誘客の絶好の機会と捉え、準備を進めてまいります。   もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 しかしながら、本市ではインバウンド推進事業に積極的に取り組んでおり、外国人観光客の増加による観光消費額の拡大を目指しておりますので、キャッシュレス化の推進は非常に重要であると考えております。  つきましては、将来の観光消費額の増大を見据えて、商店街の皆様や白石商工会議所などともキャッシュレス化の推進について話し合いを行っていきたいと考えております。 ◯志村新一郎議長 13番菊地忠久議員。 もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 今月2日に、ぬま大学第4期の最終報告会がありましたが、アメリカ出身で、本市のALTを務められた御縁から、現在気仙沼観光コンベンション協会のインバウンド担当職員をされている方が「気仙沼のライフスタイルを世界へ!」と題して発表を行いました。日本語も大変流暢であり、気仙沼の魅力を世界に発信するという気仙沼愛にあふれたプレゼンの内容には大変感動したところであります。   もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 魚津市ではインバウンド(訪日外国人観光客)の誘致に積極的に取り組んでおられました。本市といたしましても観光客の増加による交流人口の拡大を図ることが急務であると痛感いたしました。  そこで、次のことについてお伺いいたします。  (1)遊歩道にかかっているつり橋が現在通行どめになっているので、通行可能にして観光客の要望に応えてほしいと思いますが、いかがでしょうか、お伺いいたします。 もっと読む
2018-09-07 白石市議会 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.09.07 ただ、例えば白石城に関して言えば、最近、インバウンド、外国人の観光客が徐々にふえてきていることもあるんですが、実際に外国人の入場者数というのは集計しているのか伺いたいと思います。 ◯遠藤輝雄企画情報課長 ただいまの菊地委員の質疑にお答えいたします。  外国人観光客の入れ込み人数につきましては、これは白石城の天守閣の部分を集計しておりますが、平成29年度におきましては2,791人。 もっと読む
2018-09-03 白石市議会 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03 さらに、インバウンド推進事業の一つとして、白石城での甲冑試着体験を行い、歴史関連観光資源を活用し、白石の魅力を発信いたしました。  また、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」の計16回の白石駅停車に合わせて、多くの市民ボランティアの皆様とともにお出迎え事業を行いました。   もっと読む
2018-06-20 白石市議会 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20 インバウンドとキャッシュレス化についてお伺いいたします。  現在、世界的にキャッシュレス化が進んでおります。日本のキャッシュレスの、こちら通告書で私「4〜5%」と書いておりましたが、ちょっとこれ間違いでございまして、日本のキャッシュレスの決済率は現在約18%とされております。この18%という数字は、先進国ではおよそ最下位クラスです。   もっと読む
2018-06-19 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月19日 観光トレッキングの宮城オルレ、これは、先進地が九州ということで、九州だと、やっている箇所、九州全体でやっているような感じでもありますので、何か、こちらで宮城でオルレをやっても、大崎でもやるとかいろいろ宮城県内でも場所は少し多目にやっていく動きもありますけれども、なかなか向こうからインバウンドが来るほうからすれば、最も近い九州のほうが、私も見たんですけれども、いろいろ催し物もすごく行ってみたいような感 もっと読む
2018-06-18 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月18日 本市といたしましても、これまで唐桑町観光協会及び関係団体と連携し、コース選定や環境整備に取り組んできたところであり、韓国を中心に外国人観光客の来訪も見込める事業であることから、本年10月のオープンに向け、その魅力を多くの方々に知っていただくため、気仙沼観光推進機構のインバウンド部会とともに情報発信や観光客の受け入れ態勢などの整備を進めてまいります。   もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 さらに、国内はもとより、海外に向けても積極的な事業を展開し、急増する訪日外国人観光客の取り込みに努めるほか、全国クルーズ活性化会議に加盟し、一定サイズのクルーズ船や大型ヨットの誘致に挑戦するなど、インバウンド市場の開拓にも取り組み、数年にわたり経済効果を生み出すことができる観光地を目指して、誘客と受け入れ態勢の整備を進めてまいります。   もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 先ほど髙橋栄一議員からも質問ありましたが、若干角度は違いますが、やはりアピールの仕方についてちょっと触れていきたいと思うのですが、例えば今インバウンドに向けて、さまざまな取り組みを提案されておりますが、どうしても日本の観光地というのは昼間型だという指摘があります。 もっと読む
2018-03-12 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月12日−一般質問−07号 特に来年度から大型客船を誘致してまいりますけれども、インバウンド向けの決済としては非常に利便性の高い通貨ではないかというふうに考えておりますので、今後訪日外国人を相手にするのであれば、やはりこの辺のところをしっかり検討していく必要があるのではないかというふうに考えております。 もっと読む
2018-03-02 石巻市議会 平成30年  総務企画委員会-03月02日−01号 今回のインバウンド用のSIMでございますが、基本的には、そういったフリーSIMをお配りして、いわゆる格安SIMです、それをお配りして、石巻市ならではの観光情報なども発信できて、あと、インバウンドが来たときに、石巻をどのように動いているかなという形のデータが我々には全くないものですから、そういったデータがとれればいいのかなということで、今回、SIMのほうを提案させていただきました。 もっと読む
2018-02-28 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月28日−議案説明・質疑・委員会付託−06号 そうしたとき、市長の所見のほうがよろしいですか、ぜひお伺いしたいのですけれども、DMOは2市1町で形成されていますから市長一人の思いではないにしても、ツール・ド・東北を担うだけの組織体ではないわけで、しっかりとそこに関与されている方々に石巻圏の観光事業、そしてインバウンドによる外貨の獲得を担ってもらうように調整していかねばならないと思っています。 もっと読む
2018-02-27 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月27日−議案説明・質疑・委員会付託−05号 ◆17番(阿部正敏議員) 石巻圏ですから、東松島市と女川町ということで、2市1町ということの連携でこういった事業を進めていかれるというふうに思うのですけれども、実は東北観光復興対策交付金という復興庁の予算の中でインバウンドに特化した予算がいろいろ出ています。そしてまた、DMO設立についてもいろいろ予算が出ていまして、いろいろな地域でもってDMOが立ち上がっています。 もっと読む
2018-02-23 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月23日−施政方針に対する質疑−03号 4点目は、インバウンド向け無料無線通信環境整備事業についてであります。国の観光ビジョンでは、観光は我が国にとって国の成長戦略と地方創生の大きな柱であるとの認識で、特に東京オリンピック・パラリンピック大会が開催される2020年の訪日外国人旅行者の目標を年間2,000万人から4,000万人へと上方修正し、旅行消費額は8兆円達成を目指すとしています。   もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 (5)、インバウンド向け無料無線通信環境整備事業について伺います。 もっと読む
2018-02-22 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年02月22日 次に、(2)インバウンド対策について伺います。  国の施策として、訪日外国人旅行者の増加を掲げていますが、三陸自動車道の延伸が目の前に迫っている今だからこそ、当市におけるインバウンド対策は急務だと思います。 もっと読む
2018-02-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月14日−施政方針演説−01号 賑わいを取り戻していくためには、人が人を呼び込む好循環の確立が必要であり、そのためには、「交流人口の拡大」が重要であることから、石巻圏観光推進機構による誘客を促進し、川や水辺を活かしたまちづくりを推進するとともに、本年度は、インバウンド元年として、大型客船の寄港等に伴う外国人観光客に対し、本市の新たな魅力を情報発信できる環境を整えてまいります。   もっと読む
2017-12-18 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年12月18日 マップを見たところ、トイレについても協力してくれる民家があるやの話も聞いておりますけれども、やはり外国人の方が来られるということで、幾らボランティアとして協力するといっても民家の方がどうぞどうぞと気安くというのは、なかなかこれは厳しい話じゃないかなと思うんですが、ぜひそういうコースにトイレの仮設的なものであってもですが、これもインバウンド等考えたときにトイレの増設とか設置とかいうことを検討すべきかと もっと読む