運営者 Bitlet 姉妹サービス
640件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 調査の目的は、2016年12月にがん対策基本法が改正され、がん教育に関する条文が新たに盛り込まれ、改正法に基づく第3期がん対策推進基本計画、これは2017年から2022年度までに国は全国での実施状況を把握すると明記されたことを受け、全国でのがん教育の実施状況等を把握し、今後の施策の参考とすることを目的に、文科省が初めて調査を行いました。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 一方、原発事故当時18歳以下の子供を対象に定期的に甲状腺がん検診を行ってきた丸森町において、平成28年に2人の子供が甲状腺がんを罹患しております。受診者1,564人に2人というのは、100万人に2人という子供の甲状腺がんの罹患率の600倍以上という高さであります。  また、異常が認められた者は、前回検診時の5人から11人に倍増しております。   もっと読む
2018-09-14 大河原町議会 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文 草刈り機もですね、できれば私なんかよりもぐっと若い世代のほうに使っていただくようなことが一番利用頻度を上げることにつながるかと思いますので、ぜひ若い人とか公園で遊んでるお父さん方とかにも広く周知できることが持続可能なやっぱり公園の維持管理につながると私は考えていますので、今のように何々愛好会なんとか、愛好会ってもやっぱり10年後、20年後どうなってっかわがんないって言ったらおがしいですけど、やっぱり もっと読む
2018-09-13 大河原町議会 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 職員健診個人負担金またはがん検診助成金ということで、これにつきましては個人負担または共済組合からの負担金が入ってきておりますのでよろしくお願いをしたいと思います。  続きまして、歳出のほうに移らせていただきたいと思います。  59、60ページをお開き願いたいと思います。  まず、1款の議会費でございます。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 環境中に長くとどまり、体内に入った場合、体内には溶けず、長期間体内に残留する懸念があり、がんを発症する確率が上がるというふうに指摘されております。  よって、追加被曝の可能性がゼロである社会の実現を明記してはどうかと私は思っておりますので、それについての見解、修正できないんでしょうけれども、見解だけをお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-06-26 角田市議会 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26 ホームページを見ると、6月1日現在で要精密検査11人のうち、甲状腺がんと診断された者は2人と書いてあるわけです。これに対して、丸森町の町長はきちんと十分な対策というか、不安を解消するためにやっていらっしゃるわけですよ。 もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文 3番目の質問は、がん患者のウイッグ(かつら)の助成金でございます。  抗がん剤治療の副作用として最も頻繁にあらわれるものが吐き気、または脱毛、あと白血球の減少があるのが3つが挙げられます。脱毛は、2番目に多い副作用となっております。  山形大学の調査によれば、がんが患った非雇用者の4人に1人が発病後に希望退職をするか、解雇されるという結果がございます。 もっと読む
2018-03-15 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号 同じ線量をその方々、年齢によってどれだけ被曝したことによるがん死、がんで亡くなる方々が多いのかという表なのです。これに出会って、私もびっくりしました。ゼロ歳の子は、10万人いるとして、がんによって亡くなるという方がその推計ですと1万5,170名という数値であります。片や一番右側、55歳の方は、10万人いる中、49名の死亡ということに推定されています。 もっと読む
2018-03-15 大河原町議会 2018年3月15日 平成30年予算審査特別委員会(第4号) 本文 学年を1つ上げることにですね、220人ふえておりまして、委託先の中核病院の枠もお願いしながら250人枠をとっていただいているというようなことで、まずことしは一応1歳引き上げましたが、毎年というかということでは、ちょっと今の段階では……、はい、まずは1歳上げてみてというようなことで対応させて……、また、一番不安な部分というのはやはり71歳から74歳、後期になるまでというような部分では、特定健診等とあとがん もっと読む
2018-03-14 大河原町議会 2018年3月14日 平成30年予算審査特別委員会(第3号) 本文 また、昨年度は雑入の中に検診団体からのがん検診受診票印刷助成という項目がありましたけども、受診票印刷を検診団体そのものが直接打ち出す仕様に変わったことから、今年度はその項目がなくなっているものでございます。  続きまして、歳出についてご説明申し上げ、117、118ページをお開き願います。  4款衛生費1項1目保健衛生総務費になります。 もっと読む
2018-03-13 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号 それはがんだけではなく、疲れやすい、あるいは病気にかかりやすいと、ホルモンバランスの崩れなど、長い時間の経過で影響が出る可能性があると言われております。  それで、最終処分場に保管した場合、処理された場合、安全対策は当然万全な対策で処理されると思いますが、この放射能の減り方の推移といいますか、その辺はどのように変化していくのかお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-03-06 石巻市議会 平成30年  保健福祉委員会-03月06日−01号 また、それで東北大学病院から応援している皮膚がん科と耳鼻咽喉科等で、市立病院も幅の広い診察内容できるのかなというようなところで期待するところがございます。   もっと読む
2018-03-05 石巻市議会 平成30年  環境教育委員会-03月05日−01号 統計的に見ますと低線量被曝というのは、広島、長崎の10万人の追跡調査をやっているのですけれども、100ミリシーベルトから200ミリシーベルト以下の被曝であれば確率的影響、いわゆる晩発性のがんとかの障害は、ほかのがんになる要因、いわゆる紫外線とかお酒とか肥満とかの影響レベルのほうがよほど高くて、放射線による影響が優位にあらわれないという結果が日本では出ていますし、それが世界標準の考え方です。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第1号) 本文 また、がん検診事業につきましては、引き続き乳がん検診・子宮頸がん検診の特定年齢の無料化及び胃がん検診受診者全員の無料化を実施し、受診率の向上を目指します。  また、2年目を迎えます歩いて健幸システム事業の充実を図りつつ、地区健康教室も引き続き開催し、地区組織活動に対する支援、健康寿命の延伸につなげてまいります。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文 127:◯12番(万波孝子君) ◯12番(万波孝子君) 現在福島原発が起きてからですね、甲状腺がんの子供たちもふえています。再手術した子供たちももうかなり出てきているようですが、本当にこの原発事故というものがもたらした悪影響っつのは計り知れないくらいの弊害だと思うんですよね。  そういう点で、この原発から住民を守っていく。 もっと読む
2018-02-27 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月27日−議案説明・質疑・委員会付託−05号 ただ、専門的な診療がどうしても必要な甲状腺がんとか、その他の鑑別が必要である難しい甲状腺の疾患に関しては、やはり専門医の診察が必要ということですが、今石巻赤十字病院がそういう意味では専門診療を行っていて、しかも東北大学からの支援を恐らく受けておられると思いますけれども、専門診療可能であるという状態で、当院で新たに専門医派遣を要請すること自体はなかなか難しいかなというふうに考えております。   もっと読む
2018-02-20 角田市議会 平成30年第392回定例会(第1号) 本文 2018-02-20 また、がん検診を初め、各種検診の未受診者の解消に努めてまいります。  地域医療体制の充実につきましては、休日及び夜間診療確保対策等に努めてまいります。  子育てしやすい環境づくりにつきましては、新たに実施する「子育て世代包括支援センター事業」において、妊娠期から子育て期にわたるまでの切れ目のない支援を提供してまいります。   もっと読む
2018-02-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月14日−施政方針演説−01号 四つ目の「市民の健康づくり」についてでありますが、市民が生涯に渡り、心身ともに健やかな生活を過ごすためには、「健康寿命の延伸」が重要であり、がんや生活習慣病の早期発見や重症化予防に取り組み、一人ひとりの健康づくりをみんなで支えるまちづくりを推進してまいります。   もっと読む
2018-02-13 石巻市議会 平成30年  議会運営委員会-02月13日−01号 これにつきましては、がん患者の経済的負担軽減を図る目的から、これらを購入する費用の一部を助成するものでございまして、いずれも1人1件につき2万円を助成するものでございます。   もっと読む
2017-12-22 角田市議会 平成29年第391回定例会(第4号) 本文 2017-12-22 そのときは、がん拠点病院、それから救急救命センターの整備が中心でした。 もっと読む