15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

栗原市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月19日

市長(千葉健司) まずはインバウンド対策として、栗原市議会で初めて英語版の質問が出ましたので、画期的なきょうは1日となりましたが、インバウンドはそういった先ほどポケトークみたいな携帯の翻訳機はこれから導入に向けての検討に入るということで、言ったとおりでありますので、これを機種もどれがいいのか、これも買ったときにですがSIMカードの年間のメンテナンスが必要であったり、何か栗原をコレハラと言っていましたね

石巻市議会 2018-03-12 平成30年 第1回 定例会-03月12日−一般質問−07号

SIMカード配付を行うということで、外国人向けのポータルサイトも用意すると聞いています。そのポータルサイトに、今ほど市長が言ったとおり、換金用の案内なんかを置いておいて、インターネット経由でクレジットカード決済で地域通貨に還元してしまえば、現状市を悩ませているクレジットカード対応のレジ普及という大きな課題は解決してしまいます。

石巻市議会 2018-02-28 平成30年 第1回 定例会-02月28日−議案説明・質疑・委員会付託−06号

ですから、これは今大型客船誘致協議会でやっていますけれども、インバウンドに対する取り組みというのはトラベルSIMだったり、いろいろな形で今取り組んでいるわけですけれども、それが何か柱があっちこっちあって、うまく融合していないというところは私も感じておりますので、今後そこの辺をしっかり修正して、そしてとにかくスピードを持って、何をやっているかわからない、1年間わからないでは、これは困るのです。

石巻市議会 2018-02-23 平成30年 第1回 定例会-02月23日−施政方針に対する質疑−03号

そこで、施政方針における重点施策の中で、本市を訪問する外国人観光客を対象に良好な通信環境を提供するため、SIMカードを無料で配付して本市の新たな魅力を発進するとして、インバウンド向け無料無線通信環境整備事業を実施とあります。  この件で確認したところ、配付場所は石巻観光協会ほか4カ所で提供し、SIMカード枚数は各5枚とのことであります。

石巻市議会 2018-02-22 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号

をこれまで進めてきましたけれども、平成30年度はダイヤモンドプリンセス号が3回、それからMSCクルーズ船が、かなり大きい外国船ですけれども、1回入るということで、国内船と合わせると6隻入ってくれるということになりましたので、これはどのように外国人に対するおもてなしをしなければならないかというのは、政策的に取り組んでいかなければならないというふうに考えておりますけれども、まず今取り組んでいるのが石巻SIM

石巻市議会 2017-09-22 平成29年 第3回 定例会-09月22日−一般質問−04号

(1)、SIMカードについて、空港や大型客船で配布と伺いましたが、それ以前に市がSIMカード配布をやっていることをどこで周知し、集客につなげていくのか。  (2)、本会期中、市のインバウンドについて、田代島のニャンバウンドを大きく持ち上げているが、その将来像を伺います。  

石巻市議会 2017-09-07 平成29年 第3回 定例会-09月07日−議案説明−01号

今般提案しております補正予算案は、応急仮設住宅入居者に対する自立支援の強化や、震災遺構の整備に係る設計のほか、訪日外国人旅行者を対象としたSIMカードの作成、2次医療を必要とする障害児、障害者歯科診療を確立するための経費などを主体に編成いたしました。  以下、その主な内容について御説明を申し上げます。まず、一般会計補正予算案について御説明申し上げます。

石巻市議会 2017-09-04 平成29年  議会運営委員会-09月04日−08号

次に、2の一般会計の主な内容についてでありますが、今回の補正予算につきましては、応急仮設住宅入居者に対する自立支援の強化、震災遺構の整備に係る設計、北上地区における白浜海水浴場の整備、水産加工業者等が実施する宿舎整備に対する支援の経費などについて措置したほか、訪日外国人旅行者を対象としたSIMカードの作成、放課後児童クラブの増設、2次医療を必要とする障害児・者歯科診療の経費などについて、所要の経費を

石巻市議会 2017-06-21 平成29年 第2回 定例会-06月21日−一般質問−03号

そのために今SIMカードを使ったシステムを、アプリケーションソフトを開発しておりますので、それを使えばどこで何を買って、そしてどこを観光客が回ったかということの情報をしっかり我々は手にすることができますので、そのためにやはり海外から来られた方も日本人も、そこからSNSで発信していただくということがリピーターにつながってくるというふうに思っておりますので、そういうふうな新たなシステムの導入を今取り組んでおりますので

角田市議会 2016-12-20 平成28年第385回定例会(第3号) 本文 2016-12-20

そこで、山形県酒田市SIMを活用した対話型市民参画による総合計画の策定の事例と静岡県牧之原市の西原市長から、牧ノ原市発、対話による協働のまちづくりの事例を学ばせていただきました。両市とも市民行政の対話によるまちづくりがキーワードでした。対話というのは、自分の意見を主張し合うのではなくて、ファシリテーションという手法を使って相手の意見を聞き合うということであります。

石巻市議会 2014-02-28 平成26年 第1回 定例会-02月28日−議案説明・質疑・委員会付託−06号

日本においては、携帯電話のほう、キャリアSIMカード、いわゆる通信できるカードと通信機本体のほうをセットで売っているのが現状です。海外ではほとんどSIMカードと通信機器のほうは別売りになっていまして、海外の方がいざ日本に来られた際、現地、母国と同じような運用ができないので、今度は2年縛りで日本契約しなければならない。

  • 1