42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018-12-14

福岡市では、ことし八月、IoTやAIといった最先端の技術を活用したプロジェクトをサポートする福岡市実証実験フルサポート事業に届いた公募の中から採択された五件のプロジェクトを発表いたしましたが、五件のプロジェクトのうち二件が再配達問題解消に向けた宅配ボックス関連のプロジェクトであり、自治体として課題解決の取り組みを加速しております。

仙台市議会 2018-12-03 交通政策調査特別委員会 本文 2018-12-03

いろいろ用語の定義はあるんですが、これから国も施策でスマートシティーだとかいろんなことが進んでいきますので、そういう視点も、自動運転、そういう話だけじゃなくて、AI、IoTというんですかね、そういう視点のスマートシティーを踏まえた地域公共交通、これが大事かなと思っております。 10: ◯赤間次彦委員  大分重複している部分があるんですけれども、何点か。  

大河原町議会 2018-12-01 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文

企業として進出してみたい、この町で商売がしたいという魅力を日本全国、世界に広く深くアピールするためには、さまざまなIoTやAIを駆使した分析を行い、大河原町へと導くストーリーをつくるために、具体的に進める施策づくりを次年度に向けて早急に取り組むべきであると考えますので、以下質問いたします。  

仙台市議会 2018-09-21 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-21

Society5.0、同僚議員も議会で質問していましたけれども、狩猟社会や農耕社会、工業社会、情報社会の先につながる、広がっていく新たな社会のことを言いますけれども、それはIoTとかビッグデータとかAIとかロボットなどの活用をして、快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会というものを指しています。

仙台市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018-09-11

Society5.0では、IoT、ロボット、人工知能AI、ビッグデータといった先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れることによって、さまざまな社会課題の解決が目指されています。これらとのよりよいパートナーシップが求められる一方、先端技術の導入で全ての生産性が上がり利便性が増すといった楽観的な見方については、大いに疑いを持つものです。

仙台市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第6日目) 本文 2018-06-19

今後、国などの動向も留意しながら、学都仙台の知的資源やICT企業のノウハウなどを十分に生かして、ICT、AI、IoTなどの技術を効果的に活用した市民サービスの向上に取り組んでまいりたいと思います。  そのほかの御質問につきましては、関係の局長から御答弁を申し上げます。  私からは以上でございます。

仙台市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 2018-06-14

農業の生産性向上には、ICTやIoTといった技術やドローンなどの機器を活用し、生産の管理や無人化を進めていくことが必要なことです。新しい技術の導入について御当局はどのように考えているのか。具体にどのような支援を想定しているのか。今あるもの、今すぐできることもあります。普及の進むLINEのようなテキストチャットの活用も有効ではないでしょうか。答弁を求めます。  三つ目は、農福連携についてです。  

仙台市議会 2018-03-06 新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会 本文 2018-03-06

IoTだとか、AIだとかでもう少し縮小されていくかもしれない。もしかすると逆に大きくなるかもしれない。それはわからないことなんですけれども、私はこの計画というもの全体が、余りにもチャレンジ精神がないなという思いが私はあるんです。  この間、ピョンチャンオリンピックで私が一番感動したシーンは、女子のカーリングで3位決定戦、日本対イギリスですよ。

大河原町議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

このほかにも現在税務や保険分野でのITシステムの運用及びITシステムベンダーとの交渉、今後は健康増進、学力向上、産業振興などの分野におけるIT技術及びビッグデータの活用、医療・防災・防犯分野でのIOT(物のインターネット)など、IT技術による行政におけるさまざまな可能性が急速に拡大する時代にあって、役場職員のIT技術の向上は不可欠であり、IT関連部署の創設並びに全職員がITへの理解の向上を図り、大河原版電子役場

大崎市議会 2018-02-20 平成30年度 予算特別委員会(2月)-02月20日−05号

あとは、IoTは、皆さん御存じのように、インターネット・オブ・シングス、こういうものの活用、包括的な連携によってそれらができるわけです。今や、それが自動車産業では無人化での運転や、事故を防止する、そういうものに使われているわけです。  大崎市では、大変、MSOという産業、未来の方向について、地場企業の知恵をそれぞれ高めよう、そして育成しよう、そして発信しようということで努力しているわけです。

大崎市議会 2018-02-08 平成30年 第1回定例会(2月)-02月08日−02号

市内各地域の企業立地が図られるよう、新たな誘致対象業種として、比較的立地場所にとらわれず、今後さらなる利用と進化が見込まれるIoTやAI等の分野とのかかわりが深い情報通信関連業にもさらに目を向け、市内各地域の雇用の場の拡大が図られるよう、積極的な誘致を進めてまいります。このため、今議会において企業立地促進条例の改正について御提案させていただいているところでございます。  

石巻市議会 2017-12-20 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号

現在取り組んでいる新たな交通モデルの可能性を検証する実証事業と石巻市総合交通戦略への反映についてでありますが、現在北上地区と雄勝地区で取り組んでいる総務省IoTサービス創出支援の実証事業は、既存の住民バスを含む公共交通の仕組みが住民共助のコミュニティーカーシェアリングや民間の物流サービスと相互連携することにより、持続性のある新しい交通モデルにつながる可能性を検証するために必要な情報を収集、分析するものであり