342件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東松島市議会 2021-06-15 06月15日-一般質問-03号

言われてみればそのとおりで、こちらでやったといっても、市民から見れば分からないということになるので、国とか県の場合は黄色のまだらのやつをつけて道路パトロールという形でやっていますから、ああいうのが1台は最低本市にあってもいいのかなと思っておりますし、そこまで行かなければ、横にちゃんとステッカーを貼るとかの形はできるのではないかと思います。早速そういう体制を取っていきたいなと思います。

仙台市議会 2020-06-23 都市整備建設委員会 本文 2020-06-23

東京アラートじゃないけれども、仙台黄色信号、この体制をやはりきちんとつくっていくべき。せっかくやるのなら日本一の体制をつくっていくべきであるし、できるはずです。局長、やるんでしょう。局長の意気込みを伺いたい。 140: ◯建設局長  南蒲生浄化センターは震災のときにも排水処理を簡易ではありましたけれども、止めることなく継続していた。

仙台市議会 2019-10-04 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2019-10-04

本市におきまして現在交付している標識につきましては、特に図柄の入ったものではなく、標準的な白、黄色、桃色といったナンバープレートを交付しているところでございます。 165: ◯渡辺博委員  まだ手をつけていないという、これも可能性の問題なので、これからのことだというふうに思います。  分科会長ちょっと例を。 166: ◯会長  はい。 167: ◯渡辺博委員  これは今治市です。

石巻市議会 2019-06-19 06月19日-一般質問-3号

また、各学校では黄色い帽子でありますとか、黄色ランドセルカバーを着用させることで、ドライバーの視覚に訴えて注意喚起に努めているところでございます。 ヘルメット着用につきましては、学校ごと地域性でありますとか、保護者の意向などへの配慮も必要となりますので、現在市としては一律にヘルメットを配付するという予定はございません。

東松島市議会 2019-06-18 06月18日-一般質問-03号

今言ったように結局今は36ホール、みんな黄色なら黄色状態で、どこにあるかわからない。年寄りと言ったらおかしいですけれども、使う方は高齢者のほうが多いので、やっぱりその人たち配慮したアレンジ、色。  それから、サルビアのホールだけれども、ここ何メーターあったかなと見たら、後ろにあるとか。通常は前のほうにあるのです。

仙台市議会 2018-10-26 新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会 本文 2018-10-26

黄色部分市民利用施設として市民ラウンジですとか市民情報センターなどが配置されております。  次に、4階が機械設備の空間となっておりますので、こちらは省略させていただきまして、その上の5階と6階の平面図をお示ししております。  左側の5階の図面ですが、高層棟部分も含めまして各委員会室が配置されております。

仙台市議会 2018-10-19 都市整備建設協議会 本文 2018-10-19

19: ◯交通局施設課長  今回の移設につきましては、まずその非常列車停止装置の位置が今までよりも使いやすい場所に移動したということ、それから、箱を黄色にして目立つようにした、それからピクトグラムというシールを張って目立たせる、そういったことによってお客様にもその存在がわかりやすくなったものと考えておりました。

仙台市議会 2018-10-19 経済環境委員会 本文 2018-10-19

写真の黄色に着色した箇所がこのたび埋立地の造成を行いました第1区画でございます。このほか浸出水処理施設管理棟建設、市道の拡幅などの工事を行いました。また、青色の線で示しておりますのが浸出水処理施設処理をした水を松森工場において下水道に放流するために敷設した移送管でございます。  第2期整備工事に大きく二つの特徴がございます。  一つ目特徴は遮水工の強化でございます。

仙台市議会 2018-05-21 経済環境協議会 本文 2018-05-21

5: ◯小山勇朗委員  ちょっと聞いておきたいんですが、この図面から言えば、農振地域青枠、あと農振農用地黄色というふうな形で示されていますよね。農業委員会農地転用の関係だのを申請できるのが農振地域なのか、あるいは農振農用地としてあれば農業委員会に対して農転をかけられるのか。その辺、まずお聞かせいただきたいと思います。

仙台市議会 2018-05-10 新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会 本文 2018-05-10

1、現時点で想定されるスケジュールでは、市民広場あり方検討として、スケジュールの中段に黄色の矢印でお示ししておりますが、まず今年度は庁内検討を行うこと、また、その検討が本庁舎の建てかえ、定禅寺通活性化に対して相互に関連し、一体性の確保に向けて議論していくことをお示ししています。