運営者 Bitlet 姉妹サービス
36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-20 角田市議会 平成30年第393回定例会(第2号) 本文 2018-06-20 これはおろすことによって魚類に対する、餌と一緒に入って人間の体にも循環するようになるということなんです。だから、その点どういうふうに注意してやるか。また、この塗装を剥離するときに、熱を加えちゃだめだよ。600度で鉛は気化するんだからね。だから、そういう点で、この剥離する作業というのは、本当に気化しない状況をもってその鉛を川におろさない。 もっと読む
2018-03-07 石巻市議会 平成30年  産業建設委員会-03月07日−01号 ◆後藤兼位委員 ビジネスに対応する1,500本、これを確保して対応するということで、なかなか自然も対応も厳しいと思いますけれども、北限のオリーブということで頑張ってもらいたいと思いますし、これが正規に稼働してくると、そのオリーブのかすとか云々を例えば養殖のいろんな魚類に餌としてやって、それをオリーブのサバとかオリーブの何々という形で、グレードも上がりますので、プレミアムも上がりますので、そういう部分 もっと読む
2016-06-24 石巻市議会 平成28年 第2回 定例会-06月24日−一般質問−06号 世界の海洋生物、哺乳類、鳥類、爬虫類、魚類が1970年以降40年で半減しているという報告もあります。特に魚類の減少が著しく、マグロやサバ、カツオなどは40年で何と4分の1に減少、過剰な漁獲、汚染、温暖化、酸性化などの人間活動が原因のようでございます。本市にとっても死活にかかわる重大な問題であります。  また、松くい虫やカメムシの被害も年々多くなってきました。 もっと読む
2015-12-18 大崎市議会 平成27年 第4回定例会(12月)-12月18日−05号 しかしながら、流域上流部は過疎化、中流、下流部は市民生活の多様化によって河川、漁場環境の悪化に伴う魚類資源の減少と、各漁協組合員の高齢化、減少により収入の低下もあり、魚族の増殖事業を縮小せざるを得ない状況にあります。さらには、外来魚の駆除や放射性物質による出荷の停止、さらにはカワウ対策など、現在では非常に組合員にとって人的、財的に大変な時期を迎えているのも事実であります。   もっと読む
2015-10-26 気仙沼市議会 平成27年第76回臨時会(第1日) 本文 開催日:2015年10月26日 主な部屋等といたしましては、下処理部分として検収室、肉・魚類下処理室、野菜類下処理室、厨房部分として、調理室、焼物・揚物・蒸物室、和え物室、アレルギー食調理室、配送部分として、消毒保管配送室、回収部分として洗浄室、管理部分として事務室、会議室、見学通路を整備するものであります。  2竣工期限は、平成28年10月31日とするものであります。   もっと読む
2015-10-06 大崎市議会 平成27年 第3回定例会(9月)-10月06日−06号 あそこに産直の野菜の直売所、駅前のほうにありますけれども、結局、野菜等はそれで間に合うのですけれども、肉、魚類が欲しいのだということで、特に車のない皆さんだったりには、お年寄り皆さんの強い要望があります。ぜひともやっぱりここに商業施設をというのは、やはり地元の人間として、本当にそれをかなえたいという思いでいます。   もっと読む
2015-06-12 石巻市議会 平成27年  産業建設委員会-06月12日−04号 それから、福島県沖漁場がもし解禁になるとすれば、相当量の魚類資源が手つかずのまま成長しているというふうに見ることもできますものですから、このまま漁港の工事が進み、風評被害、あるいは漁場の制限が解けていけば、漁獲量、水揚げ金額ともに伸びていく様子があるというふうに考えております。 ◆後藤兼位委員 今水産課長のほうから御説明あったのですが、今2点について御説明ありました。 もっと読む
2015-02-23 岩沼市議会 平成27年第1回定例会(2日目) 本文 2015.02.23 そして、それなりの多分値段だと思うんですが、魚類が多かったです。あとやっぱりいろいろとやると牛肉とか、牛肉の本当に高いやつとかそういうものをいろんな工夫してやっているんです。でありますので、ぜひそういう新しいメニューで、新しいそういうホームページをつくってほしいと思います。その辺でよろしくお願いします。回答願います。 議長(国井宗和)菊地啓夫市長。 もっと読む
2013-09-19 石巻市議会 平成25年 第3回 定例会-09月19日−一般質問−03号 また、尾崎地区では住居を休憩所や作業場として使用しますので、日中はそこで生活するとともに、魚類を商品化するにも水が必要となります。しかし、水道の復旧は進んでいないのが現状であります。今後本市として災害危険区域の水道復旧についてどのように考えているのか、あわせて人が住めない釜谷、長面地区の買い上げ跡地も含め、今後市全体の買い上げ跡地の利活用について市長の所見をお伺いいたします。 もっと読む
2013-06-21 石巻市議会 平成25年 第2回 定例会-06月21日−一般質問−06号 3点目として、東京電力福島第一原子力発電所事故に関してでありますが、本市の漁業における前浜物魚類の水揚げ販価が風評被害も相まって安く、東京電力事故の影響を少なからず受けております。賠償の対象になってはおりますが、こういった中で福島第一原子力発電所の地下水海洋放出計画がありますが、これは汚染物質が入った水であります。実施されれば、本市の漁業は多大な影響を受けると推測します。 もっと読む
2013-06-21 大崎市議会 平成25年 第2回定例会(6月)-06月21日−04号 これにはブラックバスなどの特定外来魚の増殖により瀕死の状態となっている在来魚類と湖畔の希少な植物の保護、再生に関係機関が連携して取り組むとともに、主要交通網からのアクセスのしやすさ、渡り鳥観察や自然散策を比較的容易に体験できる地理的、物理的な優位性を生かし、県内3つのラムサール条約登録湿地、いわゆるラムサール・トライアングルの拠点湿地としての役割を果たすことを目標にしております。   もっと読む
2012-09-12 大河原町議会 2012年9月12日 平成24年第3回定例会(第3号) 本文 大河原町には自然にすむ生物、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫類など、さまざまな生き物が多種多様生息しています。その中には、太古の昔よりこの地に生息している種、自然の力により移動してきた種、人間の生活活動の中でこの地に生息するようになった種と、さまざまな事情により大河原町に生息している生き物がおります。   もっと読む
2012-06-22 石巻市議会 平成24年 第2回 定例会-06月22日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−07号 次に、現在の魚類の検査体制についてでありますが、宮城県産の水産物に含まれる放射性物質の測定につきましては、国・県・市でそれぞれ実施いたしております。宮城県におきましては、新たに6月から検査機関として宮城県原子力センターも加わり実施しており、国及び県では厚生労働省が定める公定法、いわゆるゲルマニウム半導体検出器による検査を実施いたしております。 もっと読む
2012-03-25 石巻市議会 平成24年 第1回 定例会-03月25日−一般質問−10号 本市の一部からセシウムが出まして、水産物や農産物に風評被害があるのかどうか、その辺を聞きたいし、魚類の販売単価が平時より安いということも聞きますが、どうなのか。安全と販売の促進のために、どういった広報活動をされておられるか、その辺をお聞きします。 ◎西村洋一産業部長 お答えいたします。   もっと読む
2012-03-15 石巻市議会 平成24年  産業建設委員会-03月15日−02号 もちろんそれは関係ないよと言われればそうなのですが、全国にも水産物のいわゆる一般家庭、全国民に対して魚類を提供する、食卓に提供するというような面では、相当今までは石巻漁港でもベストテン入りは毎回果たしているわけですよ。漁獲高についても3位だったり5位だったりとかですね、そういう市場が石巻市にあるというようなことなのです。   もっと読む
2012-02-17 気仙沼市議会 平成24年第43回定例会(第1日) 本文 開催日:2012年02月17日 また、震災において、多くの冷凍・冷蔵施設が被災し、散乱した魚類などから大量のハエと臭気が発生しましたが、平成24年度は魚市場及び水産加工団地周辺の覆土などにより、その発生抑止を図ってまいります。  第1種漁港の災害復旧事業については、平成27年度までの全漁港完了を目指し、平成24年度は8漁港について実施設計及び工事を実施するとともに、各漁港において応急修繕や仮設海岸灯設置を進めてまいります。   もっと読む
2011-12-20 気仙沼市議会 平成23年第42回定例会(第4日) 本文 開催日:2011年12月20日 そういう制約がいっぱいあるわけでありますけれども、その間に他港に持っていかれてしまっているという現実があるわけですから、答弁は要りませんが、これは市長はもう魚、海、市場に、海に関して日本で一番魚類に関して詳しい市長でありますから、当然そのことは情報として入っていると思いますけれども、こういったことを、じゃどうすればいいかというとなかなか大変でしょうけれども、この気仙沼の優位性がより長く保たれるような もっと読む
2011-09-27 気仙沼市議会 平成23年第40回定例会(第5日) 本文 開催日:2011年09月27日 また、西日本を中心に比較的施設整備費が多額で、ビジネスとしてリスクが高く、企業にも一部ノウハウが存在する魚類養殖では、漁業者とつくる法人によって大手の参入が図られてきましたが、当地のような無給餌の魚類・藻類の養殖では、大手に特にノウハウがあるわけでもなく、施設整備も水産庁の政策的支援もあり、漁協の組合員としての漁業者で十分やっていける状況にあり、また、そういう漁業者でなければ作業の実態上、運営ができない もっと読む
2010-12-14 石巻市議会 平成22年 第4回 定例会-12月14日−一般質問−03号 ◎今野慶正教育委員会事務局長 小魚類の摂取量が少ないということでございますけれども、提供する給食の内容についても食材を食べやすく加工するというような工夫をしておりますが、児童・生徒が魚嫌いというのが一面あるのではないかなと思います。魚、小魚類、魚介類をメニューにしますとどうしても食べ残しが多いというのも現状でございます。 もっと読む
2010-09-27 気仙沼市議会 平成22年第32回定例会(第4日) 本文 開催日:2010年09月27日 また、遊漁船による観光についてでありますが、遊漁船業は、釣り客などに魚類その他の水産動植物を採捕させる事業と規定されております。  遊覧を目的とするためには、海上運送法による届け出が必要となりますが、既に届け出をし、営業されている地元の方がいらっしゃると伺っておりますので、今後の方策を検討してまいります。   もっと読む
  • 1
  • 2