運営者 Bitlet 姉妹サービス
671件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 初めに、「少子高齢社会への対応について」外1カ件、21番鈴木高登君の質問を行います。21番鈴木高登君。 ◎21番(鈴木高登君) おはようございます。  それでは、通告に基づきまして、大きく2点についてお尋ねをさせていただきます。  まず、1点目でございます。 もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 その中で、高齢社会における共助の重要性を具体的に消防の仕事として構築して進めていて、その実践の発表も含めて行われていました。消防がそういうふうな活動を実践していることについて、担当危機管理課、もしくは高齢者福祉課、きちんと連絡とかそういうふうなものも連携して行ってきたでしょうか。ちょっとお聞きします。 ◎議長(菅原清喜君) 危機管理監兼危機管理課長庄子裕明君。 もっと読む
2018-12-07 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会 目次 開催日:2018年12月07日 議事日程………………………………………………………………………………………… 313  開  議………………………………………………………………………………………… 314  会議録署名議員の指名………………………………………………………………………… 314  諸般の報告……………………………………………………………………………………… 314  一般質問   鈴 木 高 登 君    1.少子高齢社会 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 (4)そもそも消費税は、高齢社会のため、社会保障のためといって消費税が導入されて30年経過しました。増税反対世論は常に5割から7割になっています。低所得者ほど負担がふえる消費税増税は中止しかないと考えます。政府に中止を求めていく考えはないか。  以上伺います。答弁により再質問いたします。 209:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 町長。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 今お話しのように、超高齢社会を迎える中で、ごみ出しという誰もが参加できる支援を通じて、地域の支え合いの輪が広がることを期待するとともに、訪問介護サービスによるごみ出し、あるいは他の高齢者見守り活動をどのように連携させていくのかという今お話の中で、課題があると思いますけれども、環境省がこれからつくるそうでありますが、この事例集を参考にするなどして、早期に支援制度の導入を検討していただきたいと思います もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 ですから、私は広域消防の議員を長年させてもらっているので、救急車の搬送システムを全部わかっているんですが、ただ受け入れる病院側をやっぱりしっかりしないと、なお高齢社会を迎えて大きくこの問題が浮上してくると思うので、これは検討してほしいと思います。以上申し上げて、病院関係は終わりたいと思います。  2点目に建設行政ということで、新団地の公園設置について。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 1)の人口減少の抑制と超高齢社会への対応におけるその方針から、5)を除く、6)の学校教育・生涯学習に関する現状と課題などに対する基本構想の書きかえなどのご提案につきまして、一括してお答えをさせていただきます。  本計画の策定に関し、本年度はこれまでに2回の議会全員協議会を開催していただき、その中で概要説明とご意見・ご指摘をいただいてきたところでございます。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 5ページになりますけれども、政策分野共通といたしまして、1つは人口減少の抑制と超高齢社会への対応、2つ目は町のブランド化とシティプロモーション、6ページに入りまして、3つ目は町の象徴「一目千本桜」の保護と活用、町の強みと資源を生かす広域連携と官民連携、7ページに入りまして、生活環境・住民自治部門といたしまして、防災・減災の充実と生活の安全確保、地域コミュニティーの維持・再生と新たな自治の仕組みづくり もっと読む
2018-06-27 角田市議会 平成30年第393回定例会(第4号) 本文 2018-06-27 当局も、「人と地域が輝く田園交流都市」を標榜していることから、角田市のような一地方都市がオリンピックを端緒としたスポーツについての関心の高まりや高齢社会における社会体育の取り組みについて、どのような施策が行えるものか、以下質問いたします。  (1)であります。トップアスリートに対する施策について。   もっと読む
2018-06-26 角田市議会 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26 人口減少、少子化、超高齢社会の到来、そしてそれに伴う行政課題を考えた場合、行政と市民とのパートナーシップはますます重要であると認識しております。そのような意味でも、家庭や地域コミュニティーは児童生徒の教育の観点からも、持続可能な地域づくりという観点からも、とても重要なものと考えており、その維持、再生、再構築は市民と行政がともに取り組まなければならない最重要項目の一つであると考えております。 もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 また、限られた人員の中で、近年の急激な少子超高齢社会がもたらす諸課題に立ち向かい、より質の高いサービスを提供するためには、職員の意識改革とプロセス・マネジメントなどによる職員一人一人の生産性を向上させる必要があります。 もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文 少子高齢社会の進行とともに、農業者の高齢化、後継者不足は、全国的な課題となっています。そのような課題の解消手段として、農作物のブランド化による所得向上や後継者の育成が挙げられますが、今後梅やユズ、エダマメ、タマネギ等の生産者の生産者団体と協議をしながら、幅広くブランド化へ向けた支援を行ってまいります。   もっと読む
2018-03-16 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号 その御褒美といいますか、もう高齢社会で町内会を維持するのも大変な中、町内会の役員たちは大変苦労しております。ですから、それを踏まえまして、この地域自治システムに包含するような、そういう動きをぜひ、その街灯の件を起爆剤にして補助されたいと。 もっと読む
2018-03-15 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号 初めに、本市の高齢者の現状と課題、今後の対応策についてでありますが、本市の高齢化率は昨年12月末現在で31.6%であり、超高齢化が進む中で要介護状態や認知症になっても住みなれた地域で自分らしく暮らし続けることのできる地域づくりが課題であると認識しておりますことから、公的な見守り支援や地域住民主体の支え合い活動などを通じて、超高齢社会に対応できる体制づくりを進めてまいります。   もっと読む
2018-03-15 角田市議会 平成30年第392回定例会(第5号) 本文 2018-03-15 平成30年4月より第7期角田市高齢者福祉計画・介護保険事業計画が施行されますが、高齢社会により第1号被保険者が年々増加していること、また高齢者のひとり暮らしや高齢者のみの世帯の増加等、支援が必要な状況が増しているということは周知のとおりであります。市の推計でも要支援、要介護認定者はこの計画の年月の平成30年から32年の3年間におきましても年々増加しています。 もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 本当にこれから高齢社会を迎えると、特に東日本大震災以降、復興公営住宅にお住まいの高齢者の皆様、そして一人家庭が多いということも踏まえて、やはり今後どのように高齢者の皆さんを支えていく、あるいは見守りをしていくかということは、重要な課題だというふうに思っております。   もっと読む
2018-03-13 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号 人口減少と高齢社会ということで、市街化区域が拡大しますと、それによってのそういうインフラの整備でありますとか、人口密度ということで、効果的な整備もなかなか追いつかないというところも、財源とかもございまして、昨今はやっぱりコンパクト化ということで、市街化区域は極力住むところを集中させてというふうな政策になってきているというふうなところがございまして、今の経済状況、世の中では、拡大というのはかなりハードル もっと読む
2018-03-02 石巻市議会 平成30年  総務企画委員会-03月02日−01号 委員おっしゃるとおり、高齢社会に対応するためにというところで、地域の課題は地域でという、協働のまちづくりというところで自治システムを進めるということで業務を行っている状況でございますが、やはり今回の震災を踏まえまして、地域に人が戻ってきていないという状況もございますが、まずはそういったところを幾らかでもコミュニティーの再生というところで進めていかなければいけないという思いを持っております。 もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文 次に、耕作放棄地解消についてのご質疑でございますが、耕作放棄地の問題は少子高齢社会の進行とともに農業者の高齢化、後継者不足の問題にもつながってくる全国的な課題と認識しているところでございます。  そのため、農業委員会におきまして、毎年、農地パトロールを実施して実態の把握と農地所有者の意向を調査して担い手への農地集積と遊休農地の発生防止、解消を図れるように活動を行っているところでございます。   もっと読む
2018-03-01 大河原町議会 平成30年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文 今後高齢社会及び老朽化施設への対応のため、財政需要が大幅に伸びてきます。それゆえ、町の財政運営はますます計画性が重要になってまいります。補助金ありの計画性に乏しい財政運営が我が国及び地方の財政を悪化させてきたことを改めて肝に銘じなければなりません。 もっと読む