90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石巻市議会 2021-03-16 03月16日-一般質問-10号

次に、裁判の現状についてでありますが、新蛇田地区買取型復興住宅整備事業は、本議会行政報告を申し上げたとおり、原告訴えを却下するとの判決が言い渡され、原告側はこの判決を不服として1月29日に控訴しておりますので、今後は仙台高等裁判所において審議されることとなります。また、湊東地区買取型復興住宅整備事業については、現在も仙台地方裁判所において審議中であります。 

石巻市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問-07号

本件訴訟は、本定例会報告申し上げましたとおり、令和元年5月15日に仙台地方裁判所で第1回口頭弁論が行われ、昨年11月2日で結審し、本年1月18日に原告訴えを却下するとの判決が言い渡されたものでありますが、原告はこの判決を不服として1月29日に仙台高等裁判所控訴しましたので、引き続き訴訟代理人である弁護士協議しながら対応してまいります。 

大崎市議会 2021-02-19 02月19日-02号

また、原告保証事業会社においても、判決内容を不服として2月12日に仙台高等裁判所控訴申立てが行われており、契約解除の効果に対して直接利害関係がありますことから、引き続き補助参加人として訴訟活動を行っていくことになる予定であります。 次に、大綱5点目の18歳までの医療費無料化所得制限撤廃についてですが、議員から地図等々もお示しいただいて御紹介もいただきました。

石巻市議会 2021-02-10 02月10日-施政方針演説-01号

令和元年5月15日に仙台地方裁判所で第1回口頭弁論が行われ、昨年11月2日で結審し、本年1月18日に「原告訴えを却下する」との判決が言い渡されたものでありますが、訴訟代理人を通じて裁判所に確認したところ、原告は、この判決を不服として、仙台高等裁判所控訴したとのことですので、引き続き訴訟代理人である弁護士協議しながら対応してまいります。 

石巻市議会 2020-12-14 12月14日-一般質問-03号

本件は、本年9月の第3回定例会行政報告申し上げましたとおり、市内在住男性が第一審の判決を不服として控訴していたものでありますが、10月13日に仙台高等裁判所で第1回口頭弁論が行われ、同日で結審し、11月17日に判決の言渡しがされたものであります。 判決内容は、石巻固定資産評価審査委員会主張が全面的に認められ、控訴人請求が棄却されたものであります。 

石巻市議会 2020-09-03 09月03日-議案説明-01号

なお、訴訟代理人を通じて裁判所に確認したところ、原告であります市内在住男性は、この判決を不服として、仙台高等裁判所控訴したとの報告がありましたので、石巻固定資産評価審査委員会といたしましては、訴訟代理人である弁護士対応協議しながら、引き続き本決定処分適法性主張してまいります。 次に、工事請負代金及び損害賠償請求訴訟について御報告申し上げます。

石巻市議会 2019-12-20 12月20日-一般質問・委員長報告・質疑・採決-07号

これでは高等裁判所、最高裁判所の判事に不審を抱かせ、和解の道も閉ざされるわけであります。弁護士が書いたとはいえ、本当に市長控訴上告理由に目を通したのかとまで思った次第であります。 このような経過からも、市長の命への向き合い方が問われ、その責任は重大であります。それがこれだけ重い責任にもかかわらず、この条例を決めた根拠は通常の先例に倣った提案とのことであり、到底理解できるものではありません。

石巻市議会 2019-12-19 12月19日-一般質問-06号

この問題で地方裁判所高等裁判所判決に対しても、それではどのような主張で最高裁に臨まれたのか、もう一度お伺います。 ◎菅原秀幸市長 私は、平成26年4月1日に副市長に就任いたしました。その1カ月前に、3月に地裁に原告方々訴えられたというふうな状況だったというふうに記憶しております。控訴上告については、私は副市長という立場で、それはもちろん決定の一員として参加をさせていただいております。

石巻市議会 2019-03-18 03月18日-一般質問・委員長報告・質疑・採決-11号

かたくなに地方裁判所判決、その後の高等裁判所判決を不服として最高裁判所上告したのが理解できません。遺族の方々は、初めから裁判など考えず、事件真相究明を求めていただけなのであります。市の対応のまずさから裁判になったのであります。市長の所見を伺います。 ◎亀山紘市長 お答えいたします。 大川小学校の問題については、一審、それから高等裁判所判断が分かれました。

石巻市議会 2018-12-21 12月21日-一般質問・委員長報告・討論・採決-07号

多くの市民の皆さんは、石巻市の訴え裁判の経緯、経過から勝訴できないだろう、また最高裁判所上告する際の議会議論では、まずは最高裁判所高等裁判所判断が正しいかどうか聞いてみようという、市側が敗訴する前提での議論もあるくらいであります。約20億円以上を要する大川小学校問題に詳しく触れない理由について財務部長に伺います。 ◎大内重義財務部長 お答えいたします。 

石巻市議会 2018-09-20 09月20日-一般質問-03号

菅原秀幸市長 この事件は、高等裁判所まで行って、原告訴えが退けられたという中で和解というふうなものが原告側から出てきまして、派遣されてこちらで働いていた職員裁判というふうなその立場に立ったわけでございまして、私たちこれまでのその経過をいろいろ聞いてみますと、派遣された職員も一生懸命この復興に携わって、とにかく事業の完遂というものを一生懸命やってきたという気持ちも私たちはわかっております。

石巻市議会 2018-02-23 02月23日-施政方針に対する質疑-03号

また、四国電力伊方原子力発電所3号機をめぐる仮処分で、高等裁判所として初めて広島高等裁判所が差しとめを決定しました。再生可能エネルギーへの転換は世界の潮流であります。それを行う中小業者送電線を所有する大手電力会社から送電網があいていないと拒否される事例が各地で起きています。しかし、京都大学研究グループが実際には9割あいていることを明らかにしました。

石巻市議会 2017-12-18 12月18日-一般質問-03号

本年第2回定例会において行政報告申し上げました職務を良好な成績で遂行したとは認められず、平成28年3月31日をもって免職とした元任期付職員が本市に対し免職処分取り消しを求めた訴訟につきましては、本年5月29日の判決において、元任期付職員請求は棄却されましたが、この第一審判決を不服として、6月9日に原告から仙台高等裁判所控訴の申し立てがありました。

石巻市議会 2017-12-07 12月07日-議案説明-01号

災害廃棄物処理業務委託費詐欺事件につきまして、藤久建設株式会社代表取締役であった被告人伊藤秀樹氏が、本年10月31日に仙台高等裁判所において言い渡された被告人控訴を棄却する判決を不服として、11月13日に最高裁判所上告いたしました。今後最高裁判所における審理を注目してまいります。 以上で行政報告を終わります。

石巻市議会 2017-03-08 03月08日-一般質問-07号

先月14日に仙台高等裁判所で行われた第1回進行協議では、第1回から第5回までの口頭弁論期日が指定されました。 今後の予定といたしましては、第1回口頭弁論が3月29日、第2回が5月16日、第3回が6月14日、第4回が4月19日、第5回が9月14日に行われる予定であります。 本件訴訟につきましては、引き続き代理人弁護士及び宮城県と協議の上、真摯に対応してまいりたいと考えております。