110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2020-06-25 06月25日-05号

次に、子供医療費高校卒業まで所得制限を撤廃し、経済的負担をなくすことについてお伺いいたします。 新型コロナウイルス感染拡大の中で、子育て世帯の生活や仕事に影響を受けている方々に最も効果的な支援については、子供の命を守ること、安心して病院にかかれることではないでしょうか。国でも2018年から乳幼児等医療費について、自治体が独自の助成を行った場合の国民健康保険への国費減額措置が廃止されました。

大崎市議会 2019-12-12 12月12日-04号

最後に、大綱2点、大崎市在住の高校卒業生をおおさき宝大使について伺います。 現在、議会では、高校生皆さんとの議会報告意見交換会を開催しております。1月まで続きます。高校生皆さんのさまざまな御意見、御提案にはいつもいつも感銘を受けております。そして、未来に向けてたくましく生きるその強さも感じております。そこで考えました。この若い力を大崎宝大使にできないか。 そこで提案をいたします。

大崎市議会 2019-10-03 10月03日-06号

◆11番(中鉢和三郎君) さっきも言いましたように、高校卒業までという話もあるので、財源があれば当然そこも考えていただきたいと思いますけれども、私はそれよりも、さっきも言ったように高校子供を持っている人というのは、もうそれなりのお母さんもお父さんも年が上に行っていますから、そこからまた2人も3人もというのはなかなか難しいと思うのです。

東松島市議会 2019-09-13 09月13日-総括質疑-05号

特にひびき工業団地に増設した企業なんかは、石巻地域の平均の例えば高校卒業生とか大学卒業生よりも、かなり1割か15%ぐらい高いのです。そういうところは、逆にもう募集しても、すぐ集まるというふうな形で、やはり給与によって、その企業の将来性とか、そういうものを見て、今はかなり就職のほうは手を挙げているという状況でありまして、過去のように来るそぶりで募集して、途中からキャンセルということはないように。

白石市議会 2019-03-06 平成31年第434回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-03-06

さらに、109-oneの運営支援業務委託者であるパソナの東京本社ビルにおきまして、移住相談と合わせまして、本市の地酒やササニシキなどの特産品提供、さらに白石高校卒業生で、海外でも活躍しているペイントアーティストさとうたけしさんに協力をいただき交流イベントを開催し、約300人の方にご来場をいただきました。  

大崎市議会 2018-06-27 06月27日-06号

まず初めに、子ども医療費高校卒業まで無料にし、所得制限をなくすことについてお伺いいたします。 今まで議員になってからずっと、議会休まず子供医療費中学校まで所得制限をなくしてほしいということで頑張って執行部に対しても、本当にそれに頑張って実現させていただいたことには本当に心から感謝を申し上げたいと思います。しかし、近隣市町村並み支援についてお伺いいたします。 

石巻市議会 2018-06-25 06月25日-一般質問-03号

これまでの努力に敬意を表しますが、それを高校卒業まで、さらに拡充していただきたいと思います。 石巻圏域では、女川町、東松島市でさらに実施しており、石巻圏で魅力あるまちづくりの一環としてもほかの市、町に引けをとらないため、高校生卒業まで医療費無料化は必要だと考えています。周りに住んでいるお母さんの中の声を聞いても「子育て負担のかからない市・町に移ってもいいかな」という声すら聞こえてきます。

大崎市議会 2018-06-19 06月19日-02号

それと、もう一つについては、平成29年の地方からの提案ということで、国のほうで地方から提案を受けまして、これまでは高校卒業した方について放課後児童育成健全事業を2年程度実績を積んだ方にその指導員資格要件があるよというような表現でありましたけれども、今回はいわゆる想定としては中学校を卒業した後におおむね5年程度放課後児童健全育成事業に携わっていれば指導員資格になれるよということで、資格要件の明確化

大崎市議会 2017-12-21 12月21日-07号

ですから、高校卒業まで所得制限なくしても減っているわけ。インフルエンザだけではなくて任意予防接種、全部無料なのです、そしてあっちは、栗原市は。それでも減っている。だけれども頑張る。なぜかと言ったら将来的に見るのです。先を見通しているのです。ですから、アルプスにも栗原市から結構来ているのです、だから。あら、栗原市も来ているのですかと私は言ったのですけれども、栗原市からも来ているのです。 

仙台市議会 2017-09-26 平成28年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2017-09-26

これらの取り組みにより県内企業における高校卒業者の就職後1年以内の離職率につきましては、平成22年3月卒業者が30.4%だったのに対し、平成27年3月卒業者は19.1%と10ポイント以上改善しておりまして、一定の成果があったところでございます。  引き続き雇用情勢を注視しながら、国や県など関係機関とも連携し、雇用ミスマッチ解消に取り組んでまいりたいと考えております。

石巻市議会 2017-09-21 09月21日-一般質問-03号

さらに、ゼロ歳から高校卒業まで医療費自己負担分助成しております。そしてさらに、学校給食費助成として小中学校学生全員給食費全額助成しているそうでございます。 北海道は、特に高額な出産祝金を用意している自治体が多い印象でした。 また、秋田県男鹿市では、第3子以降の出産に対し祝金10万円を支給しているほか、妊娠の届け出を行った妊婦の定期妊婦健診費と妊婦歯科健診費を公費負担しております。