5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

気仙沼市議会 2009-09-29 平成21年第25回定例会(第4日) 本文 開催日:2009年09月29日

デジタル化によって双方向通信が可能になり、災害時に避難所との連絡がスムーズにできるようになることや、チャンネルの複数化、テキスト音声合成文字情報の伝送も可能となり、音声も聞きやすくなるということであります。  これまでのアナログ方式のシステムは、年数も大分経過し、難聴地域が生じて市役所に苦情が寄せられるなど、運用面で支障が出ているようであります。

栗原市議会 2008-10-09 平成20年決算特別委員会第1分科会 本文 開催日:2008年10月09日

防災行政無線が聞こえないとか、聞こえにくいということでございまして、音声合成も使っている部分と、それから生の吹き出しということでやっているわけですが、なかなか音声合成部分では若干生の声よりも低目で聞こえにくいということがございまして、最近は直吹きということでやっておりますけれども、なおかつ音量調査等々の調整を業者とともに、地区を回りながら現在やっているところでございます。

仙台市議会 2002-12-13 公営企業委員会 本文 2002-12-13

23: ◯自動車部長  委員御指摘のとおり、車外に対する案内につきましては、市バスの方は音声合成によりまして、全車両ドアを開けたときに行き先を音声で御案内しております。宮城交通さんにつきましては、最近泉北部地区の泉営業所、あるいは富谷営業所管内のバスにおきまして同じようなシステムを導入しているというふうにお伺いしておりますけれども、御指摘のとおりまだ入っていないところがあるようです。  

仙台市議会 1996-09-04 平成8年第3回定例会(第1日目) 本文 1996-09-04

平成七年度の高速鉄道事業は、乗客サービスの向上を図るため、高齢者や身体障害者に優しい駅施設づくりとして、誘導ブロックの設置やエレベーター音声合成装置の改修を行うとともに、駅改札口での混雑緩和のため、カード対応改集札機の増設、朝ラッシュ時の混雑緩和を図るため、車両一編成四両の増備を行いました。こうした状況の中、乗客は前年度に対して二・五%の増となり、依然として増加傾向にあります。  

仙台市議会 1996-01-29 福祉の街づくり促進調査特別委員会 本文 1996-01-29

平成7年度より年次計画によりまして、視聴覚障害者の方々の利便性を図るために、トイレへの誘導、エレベーターへの誘導、ホーム階エレベーターから乗車口への誘導、またエレベーター内での音声合成装置の設置を5カ年計画ぐらいで設置していきたいという考えで今進めておるところでございます。

  • 1