47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2017-12-21 平成29年 第4回定例会(12月)-12月21日−07号

大崎市平和希求のまち大崎市宣言を行っており、その中で私たちは我が国唯一の被爆国として、あの惨禍を繰り返さないよう非核原則の堅持とあらゆる国の核兵器廃絶を訴え、次の世代平和日本と郷土を引き継ぐため恒久平和を実現することを誓っています。私も同じように感じている一人であります。  さて、国連で7月7日に、加盟国の3分の2を超えます122カ国の賛成でこの条約が採択されました。

栗原市議会 2017-12-19 平成29年第6回定例会(第6号) 本文 開催日:2017年12月19日

戦後日本は、憲法の理念である平和自由平等人権のもと、また非核原則「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」を堅持し、全ての国々との有効・親善・平和外交を推進してきております。  栗原市は、2010年(平成20年)6月29日、核兵器廃絶平和都市宣言を行い、また日本非核宣言自治体議会加入し、核兵器の廃絶と平和なまちづくりに努めてまいりました。

岩沼市議会 2017-09-26 平成29年第3回定例会(6日目) 本文 2017.09.26

核兵器禁止条約署名し、非核原則の厳守、法制化など日本の真の非核化に踏み出すべきときです。そうしてこそ、北朝鮮への核ミサイル開発放棄も一層強く説得力を持って迫ることができます。  したがって、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に一日も早く参加するよう強く求めるこの意見書に賛成いたします。 議長(森繁男)ほかに討論はございませんか。      

大崎市議会 2017-06-29 平成29年 第2回定例会(6月)-06月29日−07号

我が大崎市は、平成22年3月31日、「平和希求のまち大崎市宣言」を行っているが、その中で、「私たちは、わが国が唯一の被爆国として、あの惨禍を繰り返さないよう非核原則の堅持とあらゆる国の核兵器廃絶を訴え、次の世代平和日本と郷土を引き継ぐため、恒久平和を実現する」ことを誓っている。  

大崎市議会 2015-09-10 平成27年 第3回定例会(9月)-09月10日−01号

私たちは、わが国が唯一の被爆国として、あの惨禍を繰り返さないよう非核原則の堅持とあらゆる国の核兵器廃絶を訴え、次の世代平和日本と郷土を引き継ぐため、恒久平和を実現すること」を誓っております。市民の皆様と一緒になって、次の世代平和日本と郷土を引き継ぐため、恒久平和を実現することをさらに強く祈念するものであります。  それでは、以下、第2回大崎市議会定例会以降の行政報告を申し述べます。  

美里町議会 2014-06-19 平成26年第3回定例会(第3号) 本文 2014-06-19

共同声明に日本政府も賛同したことは、唯一の被爆国であり、憲法平和原則と「非核原則」をかかげる国として当然の姿勢である。  よって、日本政府においては、2015年NPT再検討会議にむかって、「核兵器のない世界」への行動が直ちに開始されるよう多くの国々と協力し、核軍縮・廃絶と安全保障にかかわる諸機関で、核兵器全面禁止条約交渉開始のために努力するよう要望する。  

岩沼市議会 2013-09-03 平成25年第3回定例会(1日目)〔資料〕 2013.09.03

20日 │衆議院議長参議院議長、│ │   │護の負担免除を復活するよう求│         │内閣総理大臣財務大臣、│ │   │める意見書         │         │厚生労働大臣復興大臣、│ │   │              │         │宮城県知事       │ ├───┼──────────────┼─────────┼────────────┤ │第5号│非核原則

岩沼市議会 2013-06-20 平成25年第2回定例会(5日目) 名簿 2013.06.20

             提案理由・補足説明・一括質疑・討論・表決    日程第10 議案第65号 協定締結について              提案理由・補足説明・質疑・討論・表決    日程第11 意見書案第4号 東日本大震災被災者医療介護の負担免除を復活するよう求                 める意見書              提案理由・質疑・討論・表決    日程第12 意見書案第5号 非核原則

岩沼市議会 2013-06-20 平成25年第2回定例会(5日目) 本文 2013.06.20

─────────────────────◇────────────────────── 日程第12 意見書案第5号 非核原則の早期法制化を求める意見書 議長(高橋孝内)日程第12、意見書案第5号を議題といたします。  これより提出者から提案理由の説明を求めます。7番渡辺ふさ子議員、登壇の上、説明願います。      

大河原町議会 2013-03-15 2013年3月15日 平成25年第1回定例会(第5号) 本文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      日程第12 委発第1号 非核原則の早期法制化を求める意見書案 49:◯議長(佐藤 巖君) ◯議長(佐藤 巖君) 日程第12、委発第1号非核原則の早期法制化を求める意見書案を議題とします。  

大河原町議会 2013-03-15 2013年3月15日 平成25年第1回定例会(第5号) 名簿

年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算  第 7 議案第21号 平成25年度大河原町公共下水道事業特別会計予算  第 8 議案第22号 平成24年度大河原町水道事業会計予算  第 9 議案第23号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額を定めることについて  第10 議案第24号 平成24年度大河原町一般会計補正予算(第6号)  第11        放射線から住民を守る特別委員会調査報告  第12 発委第 1号 非核原則

岩沼市議会 2013-02-26 平成25年第1回定例会(1日目)〔資料〕 2013.02.26

─┼─────┼────┤ │第10号│乳幼児医療費助成制度について│乳幼児医療ネットワーク│H24.11.30│    │ │   │県に対する意見書採択を求める│みやぎ代表      │     │    │ │   │陳情書           │           │     │    │ ├───┼──────────────┼───────────┼─────┼────┤ │第1号│非核原則

栗原市議会 2013-02-13 平成25年第2回定例会(第1号) 名簿・日程 開催日:2013年02月13日

市道御蔵線と国道398号の交差点改良の早期着工に関                 する要望書          陳情第 2号 志波姫地区内の市道の部分改良に関する要望書          陳情第 3号 石油製品高等への特別対策石油製品の適正価格・安定                 供給を実現する行政施策強化の意見書提出を求める陳情                 書          陳情第 4号 非核原則

栗原市議会 2013-02-13 平成25年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2013年02月13日

陳情第1号 市道御蔵線と国道398号交差点改良の早期着工に関する要望書、陳情第2号 志波姫地区内の市道の部分改良に関する要望書、陳情第3号 石油製品高等への特別対策石油製品の適正価格安定供給を実現する行政施策強化の意見書提出を求める陳情書、陳情第4号 非核原則の法制化を求める議会決議、意見書採択のお願い、以上4件です。  

岩沼市議会 2010-12-13 平成22年第6回定例会(2日目) 本文 2010.12.13

平和を望む岩沼市民は、核兵器を持つすべての国に対して核兵器全面禁止廃絶を呼びかけるとともに、非核原則を守り、これを完全に実施することを強く求めるものであります。ここに岩沼市を非核平和都市とすることを宣言します」と。これが決議された文章であります。岩沼市民はということで決議されているんであります。

栗原市議会 2010-06-29 平成22年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2010年06月29日

栗原市は、日本国憲法平和主義精神に基づいて非核原則を厳守し、核兵器の完全廃絶と軍備縮小を世界に訴え人類の願いである真の世界平和の実現を希求し、永遠に核兵器廃絶平和都市であることを宣言するものであり、ご可決いただきましたなら、本日付でここ栗原市核兵器廃絶平和都市として宣言したいと思います。  なお、この平和都市宣言については、県内35市町村のうち既に31の市町村で宣言決議を行っております。

角田市議会 2010-03-18 平成22年第349回定例会(第6号) 本文 2010-03-18

1.政府は、国是である非核原則を堅持するとともに、平和市長会議が提唱する2020年までに核兵器の廃絶   「2020ビジョン」を支持し、その実現に向けて取り組むこと。  2.非核兵器地帯構想が世界平和の維持に重要な意義を有していることに考慮し、暫時、世界各地に非核兵器   地帯条約が実現するよう国際的努力を行うこと。