運営者 Bitlet 姉妹サービス
2470件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 原案では貸付期間終了の日の属する月の翌月から起算して1年を経過した後、第10条第2項の猶予期間を除き10年以内に年賦、半月賦、月賦、その他1年以内の割賦の方法により返還しなければならないとありますが、現代社会の経済状況、雇用の不安定さ、非正規雇用の常態化からすれば、若者にとってハードルが高いものとなり得ます。   もっと読む
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 例えば人的な派遣、あるいはそうでなければ、なかなか専門職を、そのたけた方々を、プロパーを雇うといいますか、雇用するのは難しいのであれば、そういったところへの例えば補助金を角田市から出すとか、そういった予定は、今回の私立への、民間への移行という中にあるのでしょうか、問います。 もっと読む
2018-12-19 白石市議会 平成30年第433回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.12.19 今や雇用労働者の約4割の2,000万人が非正規雇用、そのうち年収200万円以下の「ワーキング・プア」は1,000万人を超えている状態であり、安心して暮らせない、結婚できない、子供を産めない状況などが助長され、地域経済の落ち込みにも影響を及ぼしております。   もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 ◎6番(及川善賢君) このぐらいしつこく、小泉の町のことを何回も一般質問に上げますけれども、逆に市長から反問権を打って、「そんだら、及川議員、なんじょすんのや」なんて来たらとびくびくしていましたけれども、まあ、私に来たらですね、土地を20年間無償でも、固定資産税、今は抑えられていますけれども、ある程度この地区についてはかなりのいい条件を出しながら、土地は20年間、面積とか雇用関係もありますけれども、 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 それは、これまでの大きな課題でもあったかと思いますが、まずもっては、これまでのそういう賃金の改善の取り組みをしてきたということも踏まえて、来年度に向けては、繰り返しになりますが、働きやすい、例えばパートでの勤務であるとか、いろいろ雇用の形を工夫しながら保育士の確保に努めてまいりたいと思いますし、また会計年度任用職員の制度が平成32年度から開始するに向けまして、より適切な非正規の職員の雇用については改 もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 本市といたしまして大変重要な雇用の場所でございますので、何としても工場閉鎖の対象になっては困ると思って、すぐ本社のほうに訪問をさせていただいて、本市へのこれまでの感謝と、それから今後も市として応援できる部分は全力で応援させていただきますということ等も直接お話をさせていただいて、結果としては白石市は残って、他の工場が閉鎖になってしまって、そちらのほうから社員の方が今白石市のほうに異動しているという話も もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 その内容は、長年にわたり多くの外国人を雇用してきた気仙沼市において、最も議論されるべきではないかと感じておりました。  本市は、現在も続く技能実習制度の設立後、早くからインドネシア人技能実習生を受け入れてきた歴史があり、現在も労働力としてアジアの若者を雇用する企業の数はふえていると察せられます。私たちの日々の暮らしの中でも、異国風の装いあるいは風貌を持った若者をまちで見かけることも多くなりました。 もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 また、緊急雇用創出事業により3人のこけし工人が誕生し、現在は地方創生推進交付金事業により2人の若者が修行に励んでいることは、大変頼もしく思っています。  これからも弥治郎こけし村が、本市の伝統産業継承の拠点として多くのこけしファンに愛されますとともに、本市の体験観光の拠点として多くの観光客を集める施設として成長し続けていただきたいと思っています。 もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 しかし、移転するだけではなくて、地方にある主力生産工場に研究所を建設したり、本社から研究開発機能を移転する場合、あるいは東京23区に本社を置く企業が地方都市に本社の一部を移転するためにサテライトオフィスを設置する場合、そういった形のものがこの移転型として概念規定されておりまして、主に設備投資減税とか、雇用促進税制とか、地方税の課税免除及び不均一課税という形の支援措置があると。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 本町で育成された人材が、本町で起業や創業し、雇用を生み出す。人材を生み出しながら循環していく地域の仕組みづくりが必要であると考える。本町の考え方を問います。  以上、答弁によっては再質問させていただきます。 213:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 教育長。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 (1)町有地のうち、ソーラー発電の適地数カ所において、行政として営農型ソーラー発電事業の普及に取り組むことは、地球温暖化問題に真剣に取り組む姿勢を内外にアピールし、他の地域からの信頼を獲得するよい機会であるとともに、農業振興及び雇用増大に有効であり、ひいては本町のブランド化に資するものと考えております。   もっと読む
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 角田市役所における障害者雇用率についてであります。  国や地方自治体は、毎年9月に「障害者雇用支援月間」として、障害者雇用への国民の理解を広げるためにさまざまな啓発活動を展開しています。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 これは、昭和40年成立の男女雇用機会均等法を皮切りに、平成11年、男女共同参画社会基本法など、いわゆる社会の男女間の課題に取り組むべく打ち出された施策の最新版とも言えます。ただ、種々打ち出される法律の力をもってしても、現在私たちの日々の暮らしにはさまざまな男女間の不均衡が解消されずに存在し、多くの女性が疑問や不満を感じているのではないかと感じます。  ここでお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-26 角田市議会 平成30年第394回定例会(第3号) 本文 2018-09-26 なぜ、このような取り組みが必要になったかという理由を探れば、疲弊する地方経済と雇用の減少、そして人口減少と高齢化という事象への対抗策として、域外から人・物・金を呼び込み、経済を活性化させたいという資本主義国家の使命とも言える目標に向かい、その地域特有の資源を付加価値とした新しいビジネスモデルをつくり出す必要があったこと、また、地域特有の歴史、文化、あるいは慣習といった知的財産の保護や継承の観点からも もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 両施設ともに震災後の施設ではありますが、地域の雇用を生みながら大変な努力のもと、計画的に経営されておりました。  興味深い一言があります。園芸施設の代表から、「気仙沼市は「海と生きる」を掲げているが、我々は「土と生きる」」と言っておりました。 もっと読む
2018-09-14 大河原町議会 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文 備考2行目、雇用促進奨励金、こちらは指定企業者に町民雇用1人当たり10万円の奨励金を交付するものでございまして、予算としましては6名でしたが、実際の奨励金申請につきましては4名という結果になったものでございます。  備考6行目になります。商工会事業費補助金200万円から210万円にふえているものでございます。 もっと読む
2018-09-13 大河原町議会 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 7節の賃金の臨時職員賃金につきましては、歩きたくなるまち創造事業に関する臨時職員の雇用ということでございます。  8節の報償費の上から2番目でございます。健康ポイント商品ということで、こちらはこの歩きたくなるまち事業においてそのためたポイントに応じて商品券、3,000円、2,000円、1,000円で204名に差し上げたもんですけども、その商品代でございます。 もっと読む
2018-09-04 角田市議会 平成30年第394回定例会(第1号) 本文 2018-09-04 21款5項5目雑入、補正額は1万4,000円の追加で、臨時雇賃金に係る雇用保険料個人負担分の追加であります。  22款1項8目教育債、補正額は1,560万円の減額で、小学校施設整備事業充当債の皆減であります。  37ページにお戻り願います。  第2表、債務負担行為補正、追加が1件であります。   もっと読む
2018-09-03 白石市議会 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03 総合戦略につきましては、今後も「子育て支援」「教育環境の整備」「移住・定住の促進」「雇用の創出」などの分野で独自性を持った事業を多面的に推進するとともに、国の地方創生交付金等を最大限活用しながら、「農商工連携を核とした賑わい交流拠点事業」を初め、「農産物ブランド化」「6次産業化推進」「伝統産業の継承」「白石の魅力向上事業」など、地方創生の核となる事業を積極的に推進し、白石市が将来にわたって活気とにぎわいのあるまちであり もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第4号) 本文 (2)障害者雇用促進法で義務づけられている本町の障がい者雇用率に対する平成29年度の雇用率は。それから、30年度以降の雇用計画は、達成するためにどのように検討されたのか伺います。  (3)保育士、調理師は資格を有する専門職員であります。しかし、正職員をふやさず、嘱託職員等で対応している傾向がありますが、なぜなのか、理由をお示しいただきたい。 もっと読む