190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石巻市議会 2020-09-24 09月24日-一般質問・委員長報告・討論・採決-07号

作業は続く。いつまで続くのか。間もなく10年を迎えます。テレビで見たあの光景、皆さんも忘れることができないというふうに思います。10年もたてば何とかなるのかなと思いましたけれども、チェルノブイリで行われたいろんな作業についても長期間かかっています。あと20年はかかるのかなというふうに私は思っています。 土地を離れ、仕事を離れ、家族と離れ離れになりながら、命を縮める。

東松島市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-03号

特に常備薬、食料、飲料水に必要な備品等準備体制です。  (5)として、消防団等活動方針です。被曝防止防護、避難誘導等について。  (6)市の図上訓練実施職員教育。1として、組織活動各種機関団体等との連携について、2として職員教育計画についてであります。 ○議長(大橋博之) 市長。     

仙台市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第5日目) 本文 2020-06-18

一時移転の基準である二十マイクロシーベルトアワー基準である〇・二三マイクロシーベルトアワー外部被曝についての基準です。一旦、地表に落ちた放射性物質が土に吸着されたとしても、乾燥した土ぼこりが舞えば、それを吸い込んで内部被曝となるリスクがあります。避難所には汚染した土などを持ち込ませない対策が徹底されなくてはなりません。換気のために窓を開け放つことは、大変危険なことです。

白石市議会 2020-02-19 令和2年第439回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-02-19

中でも放射能対策は、「白石実施計画」に掲げた目標数値を達成したことから措置完了としていますが、現在も除去土壌などの廃棄物を保管していることから、引き続き埋設箇所と仮置場の適切な維持管理を行うとともに、国の責任のもとに廃棄物を早急に処分するよう国に強く求めてまいります。  

仙台市議会 2019-12-18 経済環境委員会 本文 2019-12-18

福島第一原発の事故によって飛散した放射能した際に、削り取った土壌などがあるわけですけれども、丸森町に仮置き場がありまして、丸森町の竹谷地区の仮置き場には1.3トンのこうした除去された土壌などがあるわけですけれども、これが水没しました。環境省は、こうした仮置き場にある土壌などの安全性確保するために、平時においては居住地から十分に距離をとって、柵などを設置して人が近づかないようにする。

東松島市議会 2019-12-11 12月11日-一般質問-04号

なので、今回県に対し、検査円滑化について要望する中には、例えば通過しない場合についても2次ポイントを設置して、改めて検査をいただくとか、または受け入れ側部分検査証をお持ちでない方について改めて検査をして、もし放射線量が多い方については作業をその場でしていただくとか、さらにはたまたま本市の市民であってもこの30キロ圏外に事故発生時点でいらっしゃらなかった方も中にはいるかと思います。

石巻市議会 2019-03-13 03月13日-一般質問-08号

それを県が設置するわけですけれども、女川原子力発電所から約30キロメートル付近避難経路上に現在は13カ所計画しておりまして、車や人を検査し、基準値を超えた場合は簡易を行う役目を持っております。 答弁では、想定避難台数は検討中との答弁ですが、昨年10月の県議会の中では社民党の岸田県議会議員が想定質問しておりました。県全体では、3市4町で避難者約20万人、1台に1.5人乗車すれば全体で13万台。

白石市議会 2019-02-22 平成31年第434回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-02-22

また、まだ一時保管を強いられている廃棄物につきましても、国の責任のもとに早急に処分するよう、国に強く求めてまいります。  今後も、風評被害の払拭を図るため、市一丸となって放射能対策に取り組んでまいりますので、議員各位のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。  

大崎市議会 2018-12-21 12月21日-07号

放射能汚染農林業系廃棄物処理方針を決定するに至る一切の資料公開情報公開条例に基づいて求め、それを参考にして9月の定例会で質問申し上げたのでありますが、私が照会した、平成29年9月19日付で市長に提出された、ニューロン興業株式会社からの放射能汚染物質減量及び実証試験実施のお願いに庁内でどう対応したのかの資料は全くありませんでした。

仙台市議会 2018-12-19 経済環境委員会 本文 2018-12-19

また、配置予定技術者につきましては、施工実績に関しまして、40トン以上の焼却施設ダイオキシン類を含む解体ということになってございましたが、今回は、ダイオキシン類を含む解体ということで条件を緩和するとともに、年度当初に公告することにより、技術者確保が容易となるよう配慮したところでございます。

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2018-09-19

原子力災害により、女川原子力発電所からの距離5キロから30キロ圏内、いわゆるUPZと呼ばれますが、このUPZの中での線量が高まり広域避難が必要となった場合、避難者は、宮城県がUPZ境界付近、30キロの境界付近避難経路上に設置する大気検査ポイントに移動をし、放射線物質付着状況検査の後、通過証を受け取りを行いますが、基準値を超える結果となった場合には等の措置を受けることとなっております。

白石市議会 2018-09-03 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-09-03

放射能対策では、「白石実施計画」に基づき、これまで保育園学校等子供空間を初め、民有地等実施し、空間放射線量低減を図ってまいりました。このことにより、計画に掲げた目標数値は達成されたことから、平成29年6月、国に措置完了手続を行いました。  また、市内の各家庭から排出された焼却灰については、引き続き安全に収集、運搬、処分し、市民の安全・安心の確保に努めております。  

白石市議会 2018-03-02 平成30年予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日:2018-03-02

これは廃棄物置場維持管理及び埋設されている廃棄物現状調査等経費を計上しております。  また、放射能汚染対策事業として1,378万7,000円を計上しておりますが、指定廃棄物置場2カ所の維持管理を行うとともに、指定廃棄物の再調査により、基準値8,000ベクレル以下であることが確認された場合は、指定解除手続を国に行い、廃棄物を処分し、仮置場を撤去する経費を計上しております。  

石巻市議会 2018-02-27 02月27日-議案説明・質疑・委員会付託-05号

その変更につきましても、例えば方法で少し工夫をしないといけませんよねというようなことが主な内容だったと思いますので、今回の廃棄物処理には特に本市が行おうとしている一般廃棄物との混焼というような部分には余り影響はないものというふうに考えております。 ◆3番(楯石光弘議員) ありがとうございます。 

白石市議会 2018-02-23 平成30年第430回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-02-23

放射能対策は、平成24年5月に策定した「白石実施計画」に基づき、保育園学校などの子供空間民有地などの実施し、空間放射線量低減化を進めてまいりました。このことから、計画に掲げた目標数値は達成され、平成29年度に措置完了手続を国に行ったところです。  

大崎市議会 2017-12-18 12月18日-04号

国が示す基準値は0.23マイクロシーベルトであり、震災直後には基準を超えたところもありましたが、作業を行ったことで現在では基準値を下回る数値で推移しております。 また、毎年8月には全小中学校を対象とする測定も行っておりますが、この場合の測定箇所は校庭の中央及び四隅の5点で測定しており、より詳細な測定値となっております。

仙台市議会 2017-10-20 市民教育委員会 本文 2017-10-20

昨年度末に国からの無償使用により配備された車両で、大規模特殊災害が発生した場合に必要なテントなどを積載した大型システム搭載車です。大規模災害などで消防隊活動が長期にわたる場合、隊員をサポートする支援車、夜間における大型LED投光機による照明活動や大量の泡などによる消火活動、また、地下などに滞留している煙の排煙活動など、1台で三つの役割を担う高発泡照明車などの車両がございます。  

仙台市議会 2017-09-25 健康福祉委員会 本文 2017-09-25

当院としては、過去今までに汚染物質に対するテントとか、あるいは化学防護服、あるいは防毒マスク等の備えはございます。それについてもより実際的なものになるように、今年度予定しております災害訓練に合わせて、そのようなテントの設置を含め、改めて訓練を行ってまいりたいと思います。 57: ◯小野寺利裕委員  私からは大きく2点質問させていただきます。