71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白石市議会 2020-09-17 令和2年第443回定例会(第5号) 本文 開催日:2020-09-17

ご案内であると思うんですが、平成20年から平成25年の仙南医療再生計画の中で、刈田病院には透析病棟増床あと救急に対して手術室の増設ですかね、それから院内保育この3つ、それから県南中核病院には救急、それからがんに特化した医療充実という形の中で、仙南医療再生計画がなされました。

大崎市議会 2020-06-24 06月24日-04号

で思ったのが、やっぱり院内保育これをしっかり充実させて、通常は預けていない人もそういう事態になったら、例えば子供がもう保育園に預けられなくなったらその子供を連れてきて院内保育所で面倒を見てあげるとかということで、働いている方たちのやっぱり負担を軽減するということがあるのではないかなということだとか、あと学齢児といいますか、小学校子供たち小学校が例えば休みになったときに学童保育に行くわけですけれども

大崎市議会 2019-06-28 06月28日-07号

それで、無償化内容にちょっと触れさせていただきますけれども、いわゆる認可施設認可外施設、いろいろ形はあるわけでありますけれども、今回、大崎市ですと例えば院内保育、市民病院院内保育等ありますね、それからあと会社保育事業をやって社員の便宜を図っているところ等々もありますけれども、これらも全て対象にはなっていくのでしょうか。 ○議長佐藤和好君) 伊藤子ども保育課長

仙台市議会 2018-03-02 平成30年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2018-03-02

61: ◯市立病院総務課長  当院の院内保育所におきまして、仙台病児・病後児保育事業の枠組みに基づく事業実施する場合、現在院内保育所では対応を行っていない小学生も対象として拡大しなければならないことや、現状では仙台市民以外の職員の利用に制約が生じることなどの課題があると考えているところでございます。

仙台市議会 2017-02-15 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 2017-02-15

年度予算における病院事業収益院内保育施設収益は三千四百八十六万円を計上し、一方、費用では院内保育施設費六千三十九万円を計上しており、その収支差は二千六百万円の赤字です。であるならば、職員福利厚生という視点だけでなく、地域に貢献し、一般のお子さんの預かりも検討してはいかがでしょうか。この際、企業内保育から地域型保育事業である事業所内保育への移行を望むものです。  

仙台市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第2日目) 本文 2016-12-09

病児・病後児保育事業推進に当たり、私たち市民フォーラム仙台は、市立病院院内保育所に院内病院併設型の病児・病後児保育所の設置を求めてきています。本年六月の第二回定例会でも、我が会派の代表質疑の中で、その必要性について御指摘させていただきました。その際は、実施に当たり、看護師を常時保育所へ配置する必要があるなどの課題があり、検討を続けていく旨の御答弁がありました。

大崎市議会 2016-06-28 06月28日-05号

誰もが入園できる体制を行うためには、公立保育園に常勤の看護師の配置と支援学校のように訪問看護師対応、さらに障害児の親が一番期待している市民病院に通院している患者さんなどが院内保育所で対応できるようにできないでしょうか、お伺いいたします。 次に、少子化対策の一環として、若者向きミレニアムタウンたじりの2期地区の推進についてであります。 

仙台市議会 2016-06-16 平成28年第2回定例会(第2日目) 本文 2016-06-16

あわせて平成二十六年の予算等審査特別委員会で議論されておりますが、市民フォーラム仙台としても求めている市立病院院内保育所の一時保育受け入れや、病児保育、これについては早期の開所を目指していただきたいと思いますが、その後、どういった御検討をされているのでしょうか。病院事業管理者に伺います。  

大崎市議会 2016-02-23 02月23日-02号

待遇面におきましても、育児休業制度活用院内保育所の運営を初め、トレーニングルームの完備、クラブ活動など、勤務時間外においてもリフレッシュを図るとともに、職種間、世代間のコミュニケーションがとれる仕組みをつくりながら離職防止対応してまいりたいと考えております。 最後に、市民病院南病棟活用法について申し上げます。 

大崎市議会 2015-12-18 12月18日-05号

病院事業管理者阿部健雄君) 私からは、大綱9点目の院内保育所の環境整備についてお答えいたします。 本件につきましては、昨年12月の議会定例会において議員より同様の御質問を頂戴しているところであります。指摘されました施設の10項目の改善は、院内保育所の運営事業者の意見も取り入れながら順次改善に取り組んでまいりました。

大崎市議会 2015-03-06 03月06日-05号

補助金でございますけれども、主なものといたしましては、共済の追加費用の分で1,200万円余りの減、それから院内保育所の関係経費の分で2,500万円余りの減というような状況がございまして、補助金の総額としては1,193万5,000円の減ということになってございます。合わせまして1億1,720万1,000円でございます。 ○議長佐藤清隆君) 佐藤弘樹議員

大崎市議会 2014-12-22 12月22日-07号

6つ目、本院の救急搬送受け入れ体制についても25番小沢和悦議員と同内容のため割愛することとしまして、7つ目院内保育所の環境整備につきましては、第3回定例会一般質問からの繰越案件ですが、医師看護師助産師確保対策と、安心して子供を預け、医療に従事する意味でも、夜間保育の拡充や設備の整備改善などにどう取り組んでいるのか、伺います。 

大崎市議会 2014-10-03 10月03日-06号

そういう観点から、看護師勤務時間の長さや時間帯を選べるさまざまな働き方、そして育児介護休暇充実院内保育施設により、活用されておりますけれども、それらの活用策とか、これらを含めてワーク・ライフ・バランスというのだそうです。仕事と生活の調和。支援取り組み方についてきちんと対応がとられておりますか、どうですか。 ○議長佐藤清隆君) 加藤病院経営管理部長