11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

角田市議会 2017-12-22 平成29年第391回定例会(第4号) 本文 2017-12-22

阿武隈急行運行状況につきましては、阿武隈急行株式会社よりファクシミリにより情報提供いただきました。  なお、消防団につきましては、阿武隈川及び小田川水位観測所において氾濫注意水位を超えたことから、阿武隈川及び小田川の堤防の巡視及び地域内の危険箇所巡視を全分団に指示をいたしました。  

角田市議会 2013-03-15 平成25年第366回定例会(第6号) 本文 2013-03-15

これは、阿武隈急行株式会社平成25年度から27年度にかけて計画しておりました施設老朽化対策事業の一部について、前倒しで実施する事業に対する補助金追加するものです。主な事業として、横倉の左関沼橋りょうのレールと枕木の間にあるベアリングプレート修繕工事列車集中制御装置更新工事を行うものです。総事業費は2億7,440万円で、市の補助負担は総事業費の約20分の1となっております。  

角田市議会 2011-06-14 平成23年第356回定例会(第2号) 本文 2011-06-14

復旧計画につきましては、鉄道部工事になりますので、安全管理及び施行管理重要度から、特定業者による施工になりますので、阿武隈急行株式会社への委託となります。しかし、交通規制長期化により利用者に不便をかけることから、仮復旧計画担当部レベルで今現在協議を行っております。その中で、一時的な利用として、大型車両規制による通行可能ということで考えております。

角田市議会 2011-06-06 平成23年第356回定例会(第1号) 本文 2011-06-06

13節・委託料測量設計業務委託料は、角田線道路橋調査設計及びその他の道路実施設計委託料追加するもので、跨線道路橋災害復旧工事委託料は、阿武隈急行株式会社応急工事を委託するものであります。  3項1目・民生施設災害復旧費補正額は83万円の追加であります。角田児童センターなど4施設の建物の亀裂等修繕料であります。  

角田市議会 2010-02-22 平成22年第349回定例会(第1号) 本文 2010-02-22

沿線地域人口減少、景気の悪化、安全対策義務の強化に加えて、鉄道施設・設備の経年劣化などさまざまな要因が経営を圧迫している現状ですが、阿武隈急行株式会社では、平成22年度から26年度までの新経営健全化5カ年計画を策定するなど永続的運行をするための経営努力をしているところであります。大切な地域鉄道の存続のため、今後とも関係自治体と協調しながら財政支援等を行ってまいります。  

岩沼市議会 2009-03-16 平成21年条例及び予算審査特別委員会(2日目) 本文 2009.03.16

平成20年度における株の保有は、七十七銀行仙台空港ビル株式会社阿武隈急行株式会社、仙台エアカーゴターミナル株式会社の4社で、そのうち、七十七銀行を除く3社で配当がありませんでしたとの回答をいただき、以上、小項目3点については了といたしました。  続きまして、歳入16款2項2目1節の回答を申し上げます。  まず、小項目1点目、土地売り払いとして 2,000円計上しているが、どこか。  

角田市議会 2009-02-23 平成21年第342回定例会(第1号) 本文 2009-02-23

公共交通についてでありますが、地域鉄道である阿武隈急行線経営は厳しい状況にありますが、必要不可欠な生活路線であることから、阿武隈急行株式会社の不断の経営努力を求めなから、車両増備鉄道施設維持補修施設保全等のため、関係自治体と今後とも協調して財政支援を行い、利便性と安全な鉄道輸送の確保を図るとともに、鉄道利用促進に努めてまいります。  

角田市議会 2008-02-25 平成20年第337回定例会(第1号) 本文 2008-02-25

公共交通についてでありますが、地域鉄道である阿武隈急行線は、本年、開業20周年を迎え、利用促進を効果的にPRする観点から、阿武隈急行株式会社阿武隈急行沿線開発推進協議会計画している各種記念事業を側面から支援してまいります。特に、福島県伊達市との間で、パークゴルフ交流大会を新たに開催し、市民交流を通じて鉄道利用の増進に努めてまいります。  

  • 1