404件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2021-06-21 06月21日-02号

また、災害時の避難所として指定されている公民館文化施設もあり、防災機能も持ち合わせておりますので、教育委員会といたしましては、文化施設公民館施設等社会教育施設全般は非常に重要な施設と捉えておりますので、このような観点から各施設のトイレの洋式化を計画的に積極的に進めているものでありました。 以上です。 ○議長(相澤孝弘君) 大塲市民協働推進部参事

石巻市議会 2021-03-16 03月16日-一般質問-10号

議会提案のあった第32号議案の17億8,200万円の契約金増額分が不透明であることについてでありますが、提案理由で御説明申し上げましたとおり、漁業集落防災機能強化事業及び低平地整備事業において、防集残土置場に係る整地工事追加地域住民要望等による設計内容及び施工方法変更に伴う増額であり、県の基準に準じて行っておりますので、御理解を賜りたいと存じます。

石巻市議会 2021-03-15 03月15日-一般質問-09号

私から、現時点での進捗状況と遅れている復興事業への対応についてでありますが、本市の復旧、復興事業につきましては、震災復興基本計画に基づき、震災から10年間での完了を目指しておりましたが、令和元年東日本台風新型コロナウイルス感染症等の影響により、下水道事業漁業集落防災機能強化事業など、約60の事業が未完了となっており、現時点進捗状況事業費ベースで約92%となっております。 

白石市議会 2021-03-08 令和3年第447回定例会(第4号) 本文 開催日:2021-03-08

具体的な位置、施設の概要はこれから関係機関と調整してまいりますが、私としましては自然災害猛威を振るっている中にあって、やはり防災機能を兼ね備えたものにしてまいりたい、また、地域活性化拠点となる効果的な取組提案しまして、何としても国からソフト、ハード両面から強力な支援を受けられる重点道の駅としての設置を目指してまいりたいと考えております。

白石市議会 2021-03-05 令和3年第447回定例会(第3号) 本文 開催日:2021-03-05

蓄電システム整備により、災害時に必要なエネルギー供給が可能なことから、指定避難所としての災害時の防災機能強化を図ることとなっておりますが、2月13日福島県沖地震による被害状況により、2月14日から2月24日まで一時閉館となり、現在は2月25日から一部の営業は再開しているとのことですが、東日本台風など災害の都度にこのような被害において指定避難所としての機能は果たせるのか、私は疑問を抱いております。

白石市議会 2021-02-25 令和3年第六次白石市総合計画審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2021-02-25

私としては、現在様々な自然災害猛威を振るっている中にあって、ぜひ防災機能を備えた重点道駅等整備できれば、非常に本市防災力向上につながると思っています。  県内を見ましても、現在国道4号沿いの道の駅は、北の三本木にしかございません。あそこから南をずっと見ますと、4号沿いには道の駅は一つもございません。

石巻市議会 2021-02-24 02月24日-条例案等審議-04号

本案は、清水・奥村石巻復興整備事業半島部防災集団移転促進事業等共同企業体に、コンストラクションマネジメント方式により、契約金額682億1,064万円で一体的に委託している業務のうち、漁業集落防災機能強化事業及び低平地整備事業において、防集残土置場に係る整地工事追加や、地域住民要望等による設計内容及び施工方法変更に伴う増工等により、17億8,200万円の増額となることから、契約金額を699億9,264

石巻市議会 2021-02-10 02月10日-施政方針演説-01号

東日本大震災後のまちづくり基本的な考え方として、「災害に強く安全・安心でコンパクトなまちづくり」を目指し、市街地部では、石巻周辺防災機能を高めるため、市立病院防災センター、ささえあいセンターを集約した津波復興拠点整備事業の推進とともに、中心市街地に賑わいの創出と交流拠点となるかわまち交流拠点整備事業を進めてまいりました。 

石巻市議会 2020-12-16 12月16日-一般質問-05号

その事業の性質といいますか、目的によって様々な開催方法があろうかと思いますけれども、例えば当部でやっております漁業集落防災機能強化事業でありますとか、低平地整備事業につきましては、漁業者の方云々ということではなくて、地域皆さんが一堂に集まっていただいてこれまでも説明会などを開催しておりますので、そのやり方で進めていきたいというふうに思っております。

大崎市議会 2020-12-16 12月16日-05号

また、被災が著しい中心市街地活力再生防災機能強化するため、平成25年に策定した中心市街地復興まちづくり計画では、大崎広域消防本部古川消防署建設をはじめ、災害公営住宅整備や新図書館整備、道の駅おおさき整備子育て支援拠点施設整備など計画していた建設事業については着実に完了しており、市役所本庁舎建設事業古川七日町西地区市街地開発事業が大規模な事業として継続中という状況でございます。 

大崎市議会 2020-12-11 12月11日-03号

これを踏まえまして、今現在、この代替施設といたしまして、安全なところということで志田谷地地区水防災拠点のほうに一時避難所と、そしてまた防災倉庫などの防災機能を兼ねた、そういった機能を持った施設整備できないかということで、現在検討を進めているというところでございまして、これにつきましては、古田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト取組一つとして取り組むものでございまして、国土交通省とも協議

大崎市議会 2020-12-10 12月10日-02号

佐藤勝議員から、4回も5回も陳情をという、そのとおりではございますが、何もしてきていないわけではなくて、期間をかけて定期的に地域住民皆さん地域づくり委員会皆さん意見交換をしながら、やっと、お互いにこういう形であればコミュニティセンターとしての2つの機能が、1つ防災機能もう1つ地域づくり拠点機能、これが果たせるのではないかということで現在に至ったということを御理解いただければと思います

石巻市議会 2020-12-04 12月04日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

次に、2漁業集落防災機能強化事業費に2億6,324万7,000円を計上しておりますが、これは設計変更に伴う工事費等増額措置するものでございます。 次に、52ページ、1目商工総務費で3億4,410万円を減額しておりますが、これは休業等協力金支給事業費の確定に伴うものでございます。 次に、4目に345万円を計上しておりますが、これは河川堤防階段への照明灯設置に要する経費を措置したものでございます。 

石巻市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-04号

特に三陸縦貫自動車道桃生豊里インターチェンジに近接する立地条件から、今後想定されるあらゆる災害に対応できる、議員も御指摘のように防災機能の充実と三陸道から道の駅へ多くの誘客が見込める直接乗り入れを可能とするように注力をしてまいりました。機会を捉えて国に対して施設整備財政支援要望活動のほか、関係機関から講師を招いて道の駅設置に向けた勉強会を行ってきたということです。

東松島市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-04号

本市の農業、水産業をはじめとした産業振興交流人口の拡大による観光振興、さらに高台に立地する利点を生かした防災機能向上基本として施設整備を計画しております。私としても国土交通省に要望しておりました道の駅構想の実現、課題はないのかというと、多少あるのです。これは、国のほうから言わせると、高速道路に道の駅は直接というのはないのですよということで、ジャブは打たれているので、あちらから。