15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

仙台市議会 2020-04-15 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2020-04-15

例えばAの郊外大型増加に関して、現在協議会で取り組んでいる対応ということでは、さっき申し上げた例えば共通駐車券であったり、安全安心な環境をつくるとか、あとインバウンド対策であるとかですね。  あと、今年度の課題で挙げられているのが、中心部商店街子育て世代子供連れへの配慮ということで、子供未来局とも話をしているんですが、例えばベビーカーのシェアリングができないかとかですね。

石巻市議会 2017-03-09 03月09日-一般質問-08号

震災からの復旧復興の推進についてでありますが、初めに石巻中心市街地活性化基本計画につきましては、平成22年3月に策定した第1期計画では郊外大型進出中心市街地空き店舗増加等による商業活力低下が顕著であったことから、市内中心部にぎわいの回復を目標に掲げておりましたが、震災の影響により計画で定めた多くの事業が実施困難となったため、計画全般の見直しを行い、平成27年1月に第2期計画の認定

大崎市議会 2014-06-24 06月24日-05号

次に、大綱4点目の商業振興についてでございますが、各地域中心市街地活性化とその振興策についてですが、中心商店街を取り巻く経営環境は、郊外大型進出ネットショッピングなどにより、消費多様化が進むとともに、経営者高齢化後継者不足空き店舗増加などにより、古川地域も含めいずれの地域においても厳しさが増しております。

大崎市議会 2014-06-23 06月23日-04号

また、商店街を取り巻く経営環境は、郊外大型進出ネットショッピングなどにより、消費者多様化が進むなど一段と厳しさが増しております。本市といたしましては、一日も早い復旧復興と、各商店街活性化支援するため、空き店舗を活用した起業者商店街がみずから取り組むイベント事業に対する助成など行っております。 

大崎市議会 2012-06-27 06月27日-07号

次に、中心商店街振興策についてでございますが、中心市街地を取り巻く経営環境は、郊外大型進出ネットショップなどにより、消費者多様化が進む中で、個店の経営不振、経営者高齢化後継者不足空き店舗増加が一段と激しさを増しております。しかし、このことも震災を契機に、改めて個店の果たす役割というものが再認識されたのではないかと思っております。

仙台市議会 2010-09-15 平成22年第3回定例会(第5日目) 本文 2010-09-15

また、仙台市の都市の魅力の大きな柱ともなっております中心部商店街について、今回、(仮称)仙台中心部商店街将来ビジョンを出されましたが、郊外大型、中央資本進出全国展開チェーン店増加、そしてJR仙台駅の百貨店化、何よりも消費低迷により地盤沈下を起こし始めておるのではないか、その活性化対策が強く求められているところでありますが、疲弊による景観の悪化は最も避けなくてはなりませんが、商業地区における

仙台市議会 2010-03-10 平成22年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2010-03-10

83: ◯地域産業支援課長  中心部商店街における通行量減少あるいは空き店舗増加などの原因といたしましては、中長期的な視点から見ますと、郊外大型あるいはネット販売などとの競争激化、それから、少子高齢化人口減少による購買力全体の低下、こうしたものが大きな要因になっているというふうに考えております。

仙台市議会 2010-02-26 平成22年第1回定例会(第5日目) 本文 2010-02-26

しかしながら、郊外大型ネット販売等との競争激化、現在の経済不況による個人消費低迷、さらには人口減少による購買力全体の低下など、中心部商店街を取り巻きます環境は非常に厳しく、空き店舗増加通行量減少といったデータにも顕著にあらわれてきているように感じております。  

仙台市議会 2009-06-18 平成21年第2回定例会(第5日目) 本文 2009-06-18

担当局商店街が疲弊した要因として、郊外大型出店消費者購買動向変化等による歩行者通行量売り上げ減少ナショナルチェーン店進出不動産ファンドなどによる土地活用の停滞などを挙げております。これを否定するものではありませんが、みずからの改善に向けた取り組みに力が入らないということになっていないかどうか、商店主を初めとする関係者がこれまでの努力も含め見直すことが大切だと思います。

大崎市議会 2008-02-19 02月19日-03号

しかしながら、昨今、車社会の進展と郊外大型進出により、旧来中央商店街はかつてのにぎわいや活気がなく、まさにシャッター街を呈しているのが現状であり、一方、国においては、意欲のある地域で財政難など山積している課題を抱えながら、慎重な姿勢を崩さない市に対して支援をする、まちづくり三法の1つである中心市街地活性化法平成18年に改正し、施行されたと公表されています。 

大崎市議会 2007-12-20 12月20日-07号

現状は、郊外大型などの進出によって、地域経済はその還流システムが寸断されている状態にあるというふうに思っております。その地域経済が、本来あるべき正常な姿を取り戻すためには、その場づくりが欠かせないというふうに考えるところでありますけれども、地域商業のとらえ方であります。昭和60年代の後半までは、いわゆる大店法が生かされておりまして、大型店出店規制がございました。

仙台市議会 1997-03-11 平成9年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 1997-03-11

私は、大型店郊外中心増加しており、軒を連ねる郊外大型と新聞に評されるような現象がある一方で、旧来からの商店街が寂れてきており、また商都仙台まちの顔と言われてきた仙台駅前から中央通、一番町にかけての中心商店街においても、店舗業態変化が進んでいる現状を見ますと、商店街振興策は単なる商売上の存続だけではなくて、今やまちづくりという広い観点から考えないと解決できない問題になっているのではないかと

仙台市議会 1996-09-11 平成8年第3回定例会(第3日目) 本文 1996-09-11

収入未済中、公設小売市場使用料五百三十一万円に関連して伺いますが、御案内のとおり公設小売市場は、生鮮食品を初め、生活必需品などの安定供給並びに小売業近代化を図ることを目的として設置してきたとありますが、近年の大きな社会状況流通機構消費者ニーズ変化、さらには郊外大型・スーパーの進出等により、公設小売市場を取り巻く環境は、経営そのものが大変厳しい状況に置かれているのが現状であると思います。

  • 1