1468件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2020年02月25日

避難の準備運営については、他の災害と同様に栗原市地域防災計画に基づいて対応することを基本としております。避難元の自治体職員が到着するまでの間は、総合支所及び市民生活部の職員が一時的に対応することとなります。また、必要な食料、寝具等の供給については、避難元の自治体宮城県協力し、避難施設に届けられることになっております。  

栗原市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年02月20日

次に、仮設用の取り出し施設の点検についてでありますが、長期間にわたる断水に備える市独自の対応策として、平成28年度に高清水、瀬峰地区の集約避難などへ給水するため、既設の水道管からの取り出し施設の整備をいたしたところであります。これは大震災の教訓からあらかじめ取り出し口を地上に立ち上げておくことで給水開始までの時間短縮を図ったものであります。  

栗原市議会 2020-02-19 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年02月19日

次に、46カ所ある避難施設は、全て市の指定避難となっておりますことから、改めて広域避難者の避難としての周知は行っておりませんが、通常の災害時の受け入れ体制で対応をしてまいります。  また、必要な資機材、食料、寝具等の供給については、避難元の自治体宮城県協力し、避難施設に届けられることになっております。  

角田市議会 2019-12-19 令和元年第400回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

次に、「避難の閉鎖について」であります。  台風第19号による災害により市で開設しておりました避難17カ所には、最大で489世帯、1,030人が避難し、地区で開設した自主避難には41世帯、125人が公民館等に避難しておりましたが、全ての世帯が自宅等に戻るなど退所したことから、12月17日午前9時をもって全ての避難を閉鎖いたしました。  

白石市議会 2019-12-17 令和元年第438回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-17

本市では、10月12日13時から10カ所の避難を開設し、最大で15カ所の避難に713人の市民避難されたと報告がございました。  19時42分に市内全域へ警戒レベル避難勧告を発令されましたが、市民の中には状況がわからず、避難のタイミングを逃し、気づいたときには道路への冠水、避難に向かうことができず、自治会の判断で集会所等に避難を促したと聞いております。

気仙沼市議会 2019-12-17 令和元年第105回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月17日

答弁は要りませんが、最近の新聞紙上で、つい土曜日でしたか、財政難がキーなんですが、住民の避難保険、損保会社が市長会や町村会と制度設計をするという動きがあって、人口規模で加入をして、いわゆる避難設営の問題とか、食料支援の問題とか、時間外手当までカバーリングするんだという考え、損保が今制度設計をしてスタートをして、350の自治体がもう加入しているということ。

気仙沼市議会 2019-12-16 令和元年第105回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月16日

避難のあり方については、ほとんどの地域についても何も解決されていません。気仙沼市が示している使用可能な避難は115カ所です。これだけの被害が予想された大台風19号の襲来において、実際に開設した自主避難も含めて20施設のみであるという現実はどういうことなのでしょうか。そもそも開かずの避難避難と言えるのでしょうか。

栗原市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月12日

24番(佐々木嘉郎議員) 今回の台風19号関係については、私の住んでいる地域4軒が常にその避難すべき対象になりますので、今回4回目の避難をしているので、避難でのあり方というのをつぶさに見てきまして、本当に職員は一生懸命にやっていたなと思います。  ここで県内で最初になる避難準備などに県内で最初に当たられたというのは、ここはすごくよかったと思うんです。

栗原市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

次に、避難での簡易ベッド等の設置についてでありますが、避難である体育館等に段ボール製ベッドを設置することにより、床に直接寝るよりも体の負担が少なく、エコノミークラス症候群やほこりの吸引防止に効果があるほか、パーティションを設置することによりプライバシーの確保にも有効であることから、市におきましても避難での生活環境の向上のために必要であると認識をしておるところであります。  

栗原市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

栗原市が12日の午前中に避難を開設し、避難者の受け入れを始めたことは、人命重視のすばらしい判断であったと評価するものであります。私も地区内の避難に行きましたが、高齢者の方々と迫川沿いの地区の方々が多いなと感じたところでございます。  このことから、今回の災害対応について3点伺います。  市では、介助が必要な障害者高齢者に配慮した避難を準備しているのかお伺いしたいと思います。  

白石市議会 2019-12-06 令和元年第438回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-12-06

本市では、台風の接近に備え12日午後1時に10カ所の自主避難を開設いたしました。午後2時56分には大雨警報、午後3時20分には土砂災害警戒情報が発表されたことから、午後6時に災害対策本部を設置し、午後7時42分に避難勧告、午後9時6分に避難指示を市内全域に発令いたしました。午後11時10分には大雨特別警報が発令され、最大で15カ所の避難に713人が避難いたしました。  

気仙沼市議会 2019-12-06 令和元年第105回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年12月06日

あと、馬籠小学校の入り口は2カ所ありまして、片方は倒木で、片方は増水ということで、高台で夜を明かした市民の方もいたとお聞きしていたので、ぜひほかの避難環境も含めて検討をお願いします。  あとは、避難の担当職員と市当局側との情報共有について、どのようなやりとりを行っていたか、お聞かせください。

栗原市議会 2019-12-03 令和元年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年12月03日

避難については、10地区23施設で開設し最大1,310人が避難したほか、自治会自主防災組織なども開設いたしました地区の避難にも115人が避難しており、避難者数は合わせますと1,425人となりましたが、10月13日には全員自宅に戻られております。  また、住家の「り災証明発行」に伴う被害認定件数は、11月22日現在で82件となっております。

角田市議会 2019-12-03 令和元年第400回定例会(第1号) 本文 2019-12-03

災害救助事業では、1億1,520万円の追加で、住宅応急修理のため、修理件数150件を見込み、需用費、修繕料9,000万円を追加するとともに、避難の設置や運営管理経費として、非常勤職員報酬、インフルエンザ予防接種に係る医師等謝礼、消耗品費、食糧費及び電気料などの需用費、郵便料などの役務費、椿の湯避難者無料支援のため、入浴施設管理業務委託料120万円及び市民センターの仮設トイレ借上料4万円を追加したものであります

美里町議会 2019-12-01 令和元年度12月会議(第2号) 本文

5)住民に対して、避難までの避難誘導はどのように行ったのか、お伺いいたします。  (2)令和元年台風19号の際の避難について。  1)避難設置箇所の地域バランス、開設数は十分であったのか、お伺いいたします。  2)各避難責任者は配置されていたのか、お伺いいたします。  3)それぞれの避難で状況に応じた緊急時の判断、指示、誘導の体制についてお伺いいたします。