13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

東松島市議会 2021-02-16 02月16日-一般質問-03号

当市でも国が定める統一的な基準で怠りなく監視を行い、万全な体制で安全性の確保をしているものと思うが、道路構造高齢化は着実に進行している。また、道路構造の適切な段階で修繕を行わなければ、近い将来大きな財政的な負担が生ずると考える。そこで以下の所見をお伺いします。  (1)、前者の長寿命化について。  1、健全度判断基準建設後50年経過した道路橋梁等割合は。  

白石市議会 2019-09-19 令和元年第437回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-19

道路標示などについて市内全域調査を行ったことがあるかということでございますが、道路標示のみでの市内全域調査は行っておりませんが、これまでも道路施設に関する点検といたしまして道路構造点検、さらには橋梁点検、他の要望等調査、そして、道路パトロールなど市内全域道路等を巡回する際に区画線などの道路標示点検をしているという状況でございます。  

石巻市議会 2014-12-16 12月16日-一般質問-04号

本路線は、延長約3.5キロメートルと長く、山地部ではトンネルなどの道路構造が多くなっておりますが、平成30年度の完成を目指して進めてまいりたいと考えております。 ◎髙橋正則健康部長 私から、渡波地区に予定されている診療所開設に向けた医療法人との協議進捗状況についてでありますが、現在本市では青森県八戸市に本部を置く医療法人仁泉会協議を重ねております。

東松島市議会 2014-09-26 09月26日-議案説明、質疑、討論、採決-06号

その辺を考慮しますと、3.11の震災当時の状況からすると、瓦れきが水田のほうに流れ込んだというのは多分地元の大きな心配の部分かなというふうに予測していますので、その部分瓦れき方策部分道路構造なり等で、具体的に言うとガードレールの設置等部分をきちんと現地調査しながら対応していくということでご説明申し上げたいなというふうに考えているところです。  

仙台市議会 2014-06-17 平成26年第2回定例会(第2日目) 本文 2014-06-17

国においては、平成二十四年の笹子トンネル天井板崩落事故を契機に、法改正を行い、道路構造の適切な点検を義務づけたところであります。事故を未然に防止し、市民の安全・安心を確保するためには、これまで以上の施設点検対策が必要となりますが、現下の厳しい財政状況において、資産の有効活用維持管理平準化を目的とした、長寿命化対策も含めた計画的な維持管理が早急に求められているはずです。

仙台市議会 2011-03-07 平成23年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2011-03-07

14: ◯道路管理課長  橋梁以外の擁壁のり面及びトンネルなどの道路構造につきましては、平成18年度に道路防災点検を実施しているところでございます。また、年に1回の職員直営による防災点検を実施しているところでございます。 15: ◯鈴木勇治委員  耐震度というか、その辺のところは何か調査をされたということはありますでしょうか。

仙台市議会 2008-11-21 都市整備建設委員会 本文 2008-11-21

一般的に橋梁を含む道路構造の寿命は50年と言われていますが、橋長15メートル以上で建設後50年を経過する橋梁割合は、現時点では12橋、全体の4%となってございますが、20年後には10倍の40%、123橋に増加いたします。なお、このような高齢化橋梁増加傾向は全国的にも同じ状況となってございます。  

仙台市議会 2004-06-17 平成16年第2回定例会(第6日目) 本文 2004-06-17

一方、高度成長期に集中的に建設された道路構造も四十年近く経過しており、今後、老朽化が急速に進行してまいります。  経済社会情勢が大きな転換期を迎えており、税収が落ち込み、公共投資が抑制され、予算面での削減は理解できますが、道路市民の根幹をなすものであり、市民利便性に寄与する道路維持管理が重要であります。そこでお伺いいたしますが、道路維持費の主な具体的用途はどのようなものがあるでしょうか。

仙台市議会 1997-11-19 防災都市建設調査特別委員会 本文 1997-11-19

また、このほかに危険物高圧ガス等の漏えい、爆発等の措置ということでの危険物等災害対策、それからトンネル崩落事故のような道路構造に関する道路災害対策、それから大規模な火災、それから林野火災ということで考えております。それから、そのほかの災害ということで、例えば広域的な停電であるとか通信情報ネットワーク事故であるとか、そのようなものもここで盛り込むということで現在作業を進めてございます。  

仙台市議会 1995-01-20 都市整備建設協議会 本文 1995-01-20

今回の事例を見てみますと、私どもこれまで経験のないような事例といいますか、想像もつかない、従来絶対壊れることがないというものが壊れておりまして、今後、国あるいは県、市というものの調査の中で、いろんなデータが解析されまして、恐らく今後、道路構造あるいは公園の構造物等についても基準を一部変える等の見直しが出てくるのではないかというふうな気持ちを私個人としては持っております。

  • 1