147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-06-19 令和2年第2回定例会(第6日目) 本文 2020-06-19

狭隘協議に伴う測量拡幅後に道路敷地となる部分に存在する門や塀の解体費用につきましては、その拡幅により建築行為が可能となる土地の所有者等に負担していただくものと考えておりますので、助成制度は設けてございませんが、今後も建築行為のタイミングに合わせて狭隘協議を促進し、道路幅員確保に向けて鋭意取り組んでまいります。  私からは以上でございます。

仙台市議会 2020-05-21 経済環境委員会 本文 2020-05-21

次に、現状の道路幅員では車両の擦れ違いが困難な狭い農道もあります。そのことから全ての道路有効幅員4メートル、路肩を含む全幅員5メートルの道路に改築しております。  続いて、用水路パイプライン化と、これに併せて用水をくみ上げ水圧をかけて送水する揚水機場整備されております。以前の土水路板柵渠、老朽化した水路も今回の圃場整備コンクリート製水路整備しております。  

東松島市議会 2020-02-13 02月13日-議案説明、質疑、討論、採決-01号

そういった部分道路幅員確保できておりますので、そういった部分については、順次設置していくということでご理解いただきたいと思います。 ○議長大橋博之) ほかに質疑ありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長大橋博之) これをもって質疑を終結します。  お諮りします。ただいま議題となっています議案第18号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。

仙台市議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第6日目) 本文 2019-12-17

この考え方に基づき、これまでも宮城野通自転車道や荒町地区、宮町地区での自転車レーン矢羽根型路面標示による整備などを進めてきたところであり、引き続き、道路の新設や改築を行う際には、交通状況道路幅員を踏まえながら、自転車利用者が安全に走行できる環境を整備してまいりたいと存じます。  以上でございます。

仙台市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019-12-13

このため、これまでに実施した通学路点検などの結果を踏まえまして、保育所などの施設の存在を告知する標識設置や、道路幅員を狭く見せるドット線の表示を行うほか、一時停止の標識設置など、警察とも連携した交通安全対策を進めてまいりたいと、このように考えております。  以上でございます。 62: ◯教育長佐々木洋)私からは、教育局に係る御質問にお答えします。  

仙台市議会 2019-10-08 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2019-10-08

173: ◯道路管理課長  私道整備補助金制度につきましては、部分的な補修を除き、改良舗装を行う場合、延長がおおむね30メートル以上、おおむね5戸以上の住民利用するもの、道路幅員がおおむね4メートル以上であるものなど、所定の要件を満たすものについて工事費の10分の9に相当する額を補助するものでございます。

仙台市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 2019-06-17

この制度は、おおむね延長が三十メートル以上、道路幅員が四メートル以上、そして五戸以上の住民利用するものであるという要件があります。私は、この要件はなかなか厳しいものと感じます。  他都市での私道整備補助制度の取り組みと要件を調査いたしましたところ、熊本市では、幅員については本市の半分以下の一・八メートル以上あればよく、利用家屋は三棟以上あれば制度利用ができます。

石巻市議会 2018-09-21 09月21日-一般質問-04号

次に、道路幅員、長さ、車両交通量につきましては、現在の道路幅員は約7から9メートルで、延長は約600メートル、車両交通量蛇田新橋かけかえ事業に伴う平成25年度調査時では1日当たり約1万台でありますが、将来的には現在復興事業等により多くの都市計画道路整備されておりますことから、交通の分散が図られ、市街地中心部通過交通量は減少する傾向にあるものと考えております。 

大崎市議会 2018-06-26 06月26日-05号

また、修繕の内容や実施時期につきましては、橋梁長寿命化計画において健全度重要度により優先順位を決定して行っておりますが、議員御指摘の橋梁拡幅につきましては、利用状況交通量、前後の道路幅員及び費用を含め、検討してまいります。 なお、議員御懸念の吉田川、鶴田川の治水安全度向上についても関係自治体と連携し、国及び県に強く要望してまいります。 以上でございます。

東松島市議会 2018-06-11 06月11日-02号

そして、後からの工事にならざるを得ないのがあるのですが、そういうことも含めまして、途中までは歩道があって、あるところに行くと、踏切になると歩道がない、そしてまた歩道がつくという形で、道路幅員踏切の幅が現実には合っていないという状況、これもやっぱり交通安全上は好ましくないということですので、必要な部分はできるだけ改修の方向に進めていきたいと思っております。  

石巻市議会 2017-12-21 12月21日-一般質問-06号

また、工事区間は1,200メートル、道路幅員11.5メートルで、片側3.25メートルの車道と2.5メートルの歩道となっております。 次に、公共交通網整備についてでありますが、牡鹿地区公共交通は、地区内を循環している地域路線牡鹿地区市民バスと鮎川港から石巻駅までを結ぶ広域路線をミヤコーバスが運行しております。

大崎市議会 2017-06-20 06月20日-02号

これまで、工事につきましては、昨年の測量設計を行う時点で、要望者であります地元区長さんとも相談し、側溝を補修し、現況の道路幅員での舗装修繕をすることで了解をいただき、昨年度内に当該路線測量設計を完了しております。今年度におきましては、6月に工事の契約を行っており、間もなく現場の着手となる予定でございます。