105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2019-12-19 12月19日-07号

それから12月については、今先生方まさに進路指導調査書作成と同時に2学期の通信表作成が重なり、大変な思いをしておりますのが、そこに1つなくなりますから、非常にある意味でゆとりを持って子供たちと接して、そして、さまざまな行事の組みかえを今図っておりますので、少しずつ御期待をしていただければと思っております。

石巻市議会 2017-12-21 12月21日-一般質問-06号

いじめや不登校の対応、そして中学生であれば部活動指導進路指導など、教職員の長時間勤務改善のため、勤務時間に上限を制定するなどの教師の働き方改革が検討されておりますが、教育長はどのようにお考えでしょうか、お聞きいたします。 ◎境直彦教育長 教職員の働き方改革ということでお答えいたします。 

仙台市議会 2017-12-18 平成29年第4回定例会(第5日目) 本文 2017-12-18

企業労働機関等連携を強化し、キャリア教育進路指導の一層の改善が求められますが、あわせてお伺いいたします。  最後に、仙台特別支援教育プラン二〇一八の策定により、インクルーシブ教育システムのさらなる充実が図られ、誰もが互いの人格と個性を尊重し、支え合い、認め合える共生社会実現に向け、本市特別支援教育がさらに前進していくことを期待し、私の第一問といたします。  

仙台市議会 2017-09-25 市民教育委員会 本文 2017-09-25

進路指導の際というのは、多分三者面談できちんと保護者の方と学校先生が対面をしながら、進路をどうするかという相談をする機会もあるわけですから、そのときにちゃんと被災者被災状況はどうでしたかということを問いかける、こういうことを入れるだけでも全然違うと思うので、ぜひそういうことも方策の方法にきちんと入れ込んで周知を図っていただきたい。このことを重ねて要望申し上げて終わりにしたいと思います。

白石市議会 2017-09-21 平成29年第427回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-09-21

本年も先日、ポレポレの所長さん、それから角田支援学校進路指導先生に講師で来てもらって研修会を開催したところであります。  内容としては、障害者年金の申請と福祉という本当に現実的な部分の話とか、あるいは将来に向け、今のうちに身につけておいてほしいものということで保護者参加も15名ほどおりました。非常に参加者からは好評を得たというふうに聞いております。

石巻市議会 2017-03-08 03月08日-一般質問-07号

発達障害のある生徒やその保護者に対しましての進路指導というものは、両者の思いに沿いながら、ほかの子供たちと同じように進路指導を進めているところであります。進学するに当たっては、例えば教科等も個別の指導が必要な場合がありますので、そういう場合は個別にその学校教員が対応するというふうなことも行っているところでございます。 

大崎市議会 2015-06-29 06月29日-04号

学校では、進路指導充実ということで、例えば中学校1年生に入った時点から3年間、継続して進路指導を行っております。その中で、当然そのような経済的なことも発生してくるということは教師自身も認識しておりますし、その進路指導のカリキュラムの中で、そのような助成制度があるのだというようなことも当然指導していただいております。 

大崎市議会 2014-10-01 10月01日-04号

次に、中学校卒業に当たっての進路指導の現況についてお答えしたいと思います。 中学校における進路指導は、生徒地域実態を踏まえまして、志教育や各教科等、全ての教育活動との関連を図って進めているところでございます。また、勤労観職業観を育成するために、家庭や地域関係機関連携を図りながら、職場体験など進路指導に関する啓発的な体験活動を計画的、そして継続的に推進しております。

仙台市議会 2014-05-14 次世代育成調査特別委員会 本文 2014-05-14

進路指導も同じだと思います。君の能力で行ける高校はここしかないぞとか、君の能力で行ける会社はこんなところしかないぞ。違うんですね。マッチングの妙で。  ぜひ、やっていただきたいのは、発達障害に限らずですけれども、障害者差別解消法が施行される前から、先駆的に合理的な配慮をやりますよというのを高々にうたっていただけるといいなと。そういうものだとなると、多分学校先生方もそうなんだと思ってやるんですね。

石巻市議会 2013-12-19 12月19日-一般質問-06号

石巻市立桜坂高等学校では、これまでの2つの高等学校の伝統を引き継ぎながら、地域社会に貢献する生徒の輩出を目指しており、入学する生徒の多様な進路希望や興味、関心に応じた科目の選択が可能なコース内選択制を設定するほか、個々に応じた適切な進路指導を行うなど、生徒がみずからの可能性を開くことができるよう配慮してまいりたいと考えております。 

仙台市議会 2013-02-26 平成25年第1回定例会(第6日目) 本文 2013-02-26

仙台市内のある高校では、進路指導課の先生が、卒業生の進路先の問題にも取り組んでおられることを伺いました。学校側とすれば、学生を就職させればそれで責務を果たしたと言えるでしょう。しかし、その後の問題点にも対応しておられるところに私は共感いたしました。  さて、この問題についてさらなる御意見をいただき驚愕しました。何と本市の業務においても、サービス残業実態があるとのことです。