7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大崎市議会 2019-10-01 10月01日-04号

についてでございますが、大崎古川と加美町をつなぐ国道朝夕通勤時における慢性的な渋滞が発生している原因につきましては、本路線山形県と宮城県を東西に結ぶ主要路線であると同時に、平成19年には志田小学校前交差点に県道坂本古川線が接続し供用開始されたことや、平成22年度には穂波地区国道347号が連絡されたこと、さらには平成26年7月に大崎市民病院穂波地区に移転開院したこと、平成28年には国道347号の通年通行

石巻市議会 2017-12-21 12月21日-一般質問-06号

につきまして、県と、それから県議会議員団先生方のほうに要望しておるようでございますが、その結果としましては、トンネルまではできませんということで断念されたようでございますが、市のほうには長い工事期間や膨大な、多大な費用を要するので無理であるが、ただ同一規格の道路整備方針は示されまして、整備は進めていくということで、今第1期工事といたしまして、まずは平成32年度まで冬の通行どめを解除するということで、通年通行

仙台市議会 2017-01-23 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2017-01-23

それから、その上の国道347号、鍋越峠ですけれども、これも御存じのとおりこの冬から通年通行できるようになりました。この道路を通った方、薬莱のところを通って抜ける道路ですけれども、山形側はすごい立派なんです。宮城側がとてつもない道路なんですけれども、ここもちょっと改良を重ねて除雪もできるようにして通すということで、もうこの通年通行に対しても期待は大きい。

石巻市議会 2011-09-29 09月29日-一般質問・委員長報告・質疑・採決-09号

この路線通年通行できるようにトンネル化による事業展開、これは前者の質問の中にも出てきているわけなのですが、トンネル化による事業展開をできるように県に働きかけをするべきだというふうに思うのですが、その辺について当局の御所見を伺います。 ◎櫻田公建設部長 お答えします。 

  • 1