43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2018-10-19 市民教育協議会 本文 2018-10-19

そこの史跡の価値のところに、仙台城跡は石垣や堀などにより区画されたくるわや曲がりくねった登城路などの地形により構成される近世城郭としての姿がよく残っております。さらに、発掘調査により、石垣構築技術の変遷が確認されたことや、金箔瓦やヨーロッパガラスなど貴重な遺物が出土するなど仙台歴史を理解する上で重要な成果が得られております。  

美里町議会 2018-06-01 平成30年度6月会議(第2号) 本文

やはり、「東大寺と東北」というものは期間限定で、4月28日から6月24日までの展示ということでございますけれども、そのほかに多分、常時展示しているものがあるんですけれども、やはり宮城県というか、東北地方歴史とか、その辺をやはり時代に分けて、古代古墳とか貝塚、あと近世武士の関係ですね、あと農民、あとはこういうふうなストーリーをして展示していたんですけれども。  

仙台市議会 2018-02-19 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 2018-02-19

以前、先輩が、仙台市の未来の発展を考えるとき、伊達政宗公がその礎になり仙台が発展してきたことは知られているが、政宗公以前仙台はどうであったのか、日本の歴史中世近世を分ける一大動乱の時代、いわゆる戦国時代を含め中世時代の中心は、仙台平野の北東部、高森山の岩切城だったというのを思い出します。田園調布のゆえんであります。

仙台市議会 2017-08-21 市民教育委員会 本文 2017-08-21

これは近世初期の江戸の様子を描いた屏風絵です。この中には伊達政宗の終焉の地となった江戸桜田の上屋敷の豪壮な姿も描かれています。これも当館では初めての公開となります。  また、この展覧会の関連イベントとしては、河北新報紙上で漫画独眼竜政宗が連載されておりますが、この漫画の執筆者である千葉真弓さんの御協力をいただき、原画やミニ動画を館内のギャラリーで展示いたします。

仙台市議会 2016-03-08 平成28年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2016-03-08

そういう中で、この奈良平安時代の遺跡を初め、中世から近世に至るまで歴史文化遺産が重層している、非常に貴重な場所というふうに認識しております。  そういう中で、現在も年中行事やイベントが行われるなど、地域の人々の生活に根ざした空間としても親しまれている場所でございます。新年度はガイダンス施設や多目的広場を整備し、史跡見学者への歴史情報の提供等を図ってまいりたいと考えております。  

仙台市議会 2015-10-20 平成26年度 決算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2015-10-20

77: ◯文化財課長  国の史跡における近世建築遺構の復元は、史実に基づく復元を行うため、1、復元しようとする遺構が現地に存在すること、2、建築図面存在すること、3、建築物の絵図面、古写真存在することの3条件を満たす必要があるとされておりますが、これについては基本的に現在も変更はございません。

岩沼市議会 2014-12-10 平成26年第6回定例会(4日目) 本文 2014.12.10

現在は、考古、それから古代中世近世近代現代、自然、民俗、6つの部会でそれぞれ刊行に向けて調査執筆を進めております。今年度は3月末までに、考古と古代中世の資料編の刊行を予定しております。以上です。 議長(国井宗和)佐藤一郎議員。 9番(佐藤一郎)そうしますと、来年の3月をめどに、何らかの発刊の予定でございますか。

気仙沼市議会 2013-12-16 平成25年第57回定例会(第3日) 本文 開催日:2013年12月16日

次に、旧大柴佐藤家の資料の調査と保存についてですが、旧大柴佐藤家資料は気仙沼本吉地方における近世の産金、製鉄、製塩の歴史を知る上で貴重な歴史資料であると考えられます。現在、資料は本吉教育センターで一時的に預かっております。資料の調査、保存管理につきましては、所有者の意向を踏まえ専門家の意見を聞きながら適切に対応してまいります。  

仙台市議会 2011-03-10 平成23年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2011-03-10

200: ◯教育長  ただいま委員の御指摘にありますように、市内にはたくさんの原始、古代から中近世までの遺構、遺物、そしてなおかつ建造物を含めて点在しております。そういった歴史を学ぶ資源といたしましてまちづくりに生かしていくのは、市民の多様な学びを支えているものだと思います。なおかつ、仙台を訪れる方々についても魅力を伝えていく上では重要なものだというふうに考えております。  

仙台市議会 2010-07-21 市民教育協議会 本文 2010-07-21

東西線関連では仙台城跡、それから桜ケ岡公園遺跡、薬師堂東遺跡、沓形遺跡、これは荒井地区にございますが、それらの調査を行っておりまして、弥生時代から近世近代までの展示が可能でございます。特に桜ケ岡公園遺跡では市の公会堂の前身と考えられます和洋料亭でございますが、ユウ翠館というものの跡が発見されており、ヨーロッパ産、フランス製などの高級陶磁器類が出土しております。  

岩沼市議会 2010-03-03 平成22年第2回定例会(4日目) 本文 2010.03.03

4番(渡辺邦信)編さん委員会でひょっとしてまだ審議されていないのかもしれませんけれども、ほかの自治体を見ますと、例えば考古とか、近世とか、自然とか、民俗とか、いろいろ振り分けた分冊になっております。その辺なんかはこれから編さん委員会なり編集委員会なりにこれは諮ることになっているんでしょうか。何か決まっている部分がもし何かありましたら、今の段階の発表をお願いいたします。

仙台市議会 2009-12-15 平成21年第4回定例会(第6日目) 本文 2009-12-15

最後に、茂ケ崎城跡、大年寺の調査研究についてでございますが、御指摘のように、茂ケ崎城跡、大年寺など大年寺山一帯の歴史は、中世から近世にわたる仙台歴史を知る上で欠かせないものでございまして、とりわけ大年寺につきましては、歴代藩主とのかかわりが深く、その重要性が高いと認識してございます。  

仙台市議会 2008-03-11 平成20年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2008-03-11

114: ◯文化財課長  龍ヶ崎市に所在する仙台藩関係の資料につきましては、文化財課としては特段の調査はしておりませんが、仙台市博物館仙台市史編さんの過程において調査、整理されているものもあり、その成果は「仙台市史通史編3近世1」にまとめられているところであります。

仙台市議会 2008-02-26 平成20年第1回定例会(第6日目) 本文 2008-02-26

本市には、古代歴史に思いをはせる地底の森ミュージアムあるいは縄文の森広場、また古代大和朝廷東北支配の遺跡としての郡山官衙跡、陸奥国分寺跡の薬師堂中世近世においては藩祖伊達政宗公の先見性に見られる貞山運河の偉業などなど、多くの文化財を挙げることができます。これらを観光あるいは視察の折に目にする文化財などの標柱と説明板は、本市の歴史を知っていただく中で何よりも大切なものであります。