14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

仙台市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 2017-09-15

復興公営住宅家賃については、国が十年間の特別家賃低減措置を講じていますが、これは六年目から段階的に軽減割合が縮小される仕組みとなっております。早いところでは、北六番丁復興公営住宅において、来春にも段階的に家賃負担が増額されていくことになります。  これまで前市長が、東北市長会などを通じて国に制度延長を訴えてきていました。

石巻市議会 2015-09-16 09月16日-一般質問-03号

次に、石巻市鳥獣被害防止計画実績についてでありますが、まず被害軽減目標としての年度実績につきましては、平成22年度農林業被害面積29.47ヘクタールに対し、平成26年度は19.60ヘクタールであり、被害軽減割合は約3割減となっております。また、交通事故発生件数につきましては、平成22年度の72件に対し、平成26年度は同数の72件となっております。 

白石市議会 2014-03-03 平成26年第408回定例会(第5号) 本文 開催日:2014-03-03

国保では、税の軽減、7割、5割、2割軽減割合拡大保険者への財政支援はありますが、70から74歳の患者負担特例措置見直しがあり、平成26年度から70歳になった人から順次1割負担から2割負担にしていくとあります。  介護でも所得の低い人への軽減策はございますが、一定以上の利用者自己負担引き上げ預貯金の額の勘案などとの抱き合わせの予算で、十分な公費負担手当てとは言えません。

白石市議会 2014-02-28 平成26年予算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日:2014-02-28

国保では、税の軽減7割、5割、2割軽減割合拡大保険者へも財政支援はありますが、しかしその一方で、70から74歳の患者負担特例措置見直しがあり、平成26年度から70歳になった人から順次1割負担から2割負担にしていく内容があります。  介護でも所得の低い人への軽減策はありますが、一定以上の利用者自己負担引き上げ預貯金の額の勘案などとの抱き合わせの予算で十分な公費負担手当てとは言えません。

大崎市議会 2013-06-13 06月13日-01号

議案第88号大崎国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、税制改正に伴い、特定世帯世帯割額軽減措置について、これまで後期高齢者医療移行後の5年までとしていたものを、その後、軽減割合を4分の1として、さらに3年間延長するための改正を行うものであります。 40ページから41ページをごらん願います。 

石巻市議会 2013-06-11 06月11日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

次に、第23条は、保険税減免について規定したものでありますが、軽減割合ごとの軽減額を規定するものでございます。 次に、附則第19項は、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限延長特例について規定したものでありますが、地方税法の一部改正にあわせ引用条項等の整理を行うものでございます。 

仙台市議会 2012-10-05 平成24年第3回定例会(第10日目) 本文 2012-10-05

また、「軽減割合を四分の三とした理由」について質疑があり、これに対しまして、「下水道部局と協議をした結果、本市においては、除害施設設置仙台下水道条例において義務づけられるとともに、下水道担当部局指導等により、適正な設置がなされているということが認められること、また、軽減率を高くし、税負担軽減することで、除害施設設置を促進しなければならない特段の事情が認められないことから、これまで地方税法

仙台市議会 2012-09-19 総務財政委員会 本文 2012-09-19

26: ◯税務部参事税制課長  今回の市税条例改正の趣旨でございますが、地方団体が地域の実情に対応した政策を展開できるようにする観点から、地方税特例措置におきまして、法律で今まで全国一律に定めておりました軽減割合を、地方団体が自主的に判断しまして条例で決定できるよう、平成24年度税制改正により地方税法改正がなされたところでございます。  

仙台市議会 2011-12-09 平成23年第4回定例会(第4日目) 本文 2011-12-09

試算値は、国の考え方に基づき、児童クラブ運営費の二分の一を保護者負担するとした場合に算出される額として八千七百円、また、この八千七百円を基礎に仙台市の保育料軽減割合を仮に乗じれば六千円となる旨をお示ししたものでございます。  次に、低所得世帯子供たちへの影響についてでございます。  

白石市議会 2009-03-03 平成21年第377回定例会(第5号) 本文 開催日:2009-03-03

また、軽減制度のほかにいろいろと減免制度を考えざるを得ない状況にもあり、セーフティネットも整備されていない中での税率の引き上げには反対であるとの反対討論があり、一方、国民健康保険制度相互扶助の原則を堅持しつつ、納税者負担に配慮し、一般会計から不足する財源を補てんするとともに、今後の事業運営に必要な最低限の金額を算定したものであり、現行の軽減割合を確保しながら、偏った負担にならない公平性を確保する

石巻市議会 2008-06-09 06月09日-議案説明・質疑-02号

次に、後期高齢者医療制度創設に伴う国保保険者に対する軽減措置についてですが、後期高齢者医療制度への移行により、国保保険者が減少しても5年間は従来と同様の保険税軽減割合を適用するとともに、後期高齢者医療制度移行したことにより国保に残った者が単身世帯となった場合、当該世帯特定世帯として、5年間平等割額を半額とする措置がそれぞれ地方税法に規定されましたことから、本市におきましても同様の軽減措置

  • 1