運営者 Bitlet 姉妹サービス
111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-22 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月22日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 ◆2番(髙橋憲悦議員) これらの議論の状況を考えますと、同僚議員からも指摘がありましたように、夕張市のような財政再建団体に陥落しそうな気がします。これだけは絶対に避けなければなりません。だからこそ早い時期に先々を見据えた財政計画運営を望むのであります。冒頭申し上げた早目の手当てが必要なのであります。  次に、処分、責任問題に入ります。お配りしました白黒の資料をごらんください。 もっと読む
2015-06-18 石巻市議会 平成27年 第2回 定例会-06月18日−一般質問−03号 について、るる報道されているとおりでございまして、竹下復興大臣御自身の問題意識もこれありまして、3月から今に至るまで、このような議論の経過をたどった次第でございますけれども、市長を先頭に、また議長を初め、議会にも多大なる御協力をいただきまして、とにかく一円でも少なくという形での要望活動を続けていただきまして、なかなか負担することそのものについては最後まで頑張る姿勢を貫きますけれども、負担感としてすぐ財政再建団体 もっと読む
2015-03-24 石巻市議会 平成27年 第1回 定例会-03月24日−一般質問−10号 それはそうですよね、将来石巻市が財政再建団体になって、国は支援する側ですから、少しでも石巻市は自力つけてくださいというような話をするのは当然です。ぜひ市長、自信を持って指示して。だから、市長、私思うには、自由に使える人はそれでいいのですよ、余裕ある人は。車買ったり何したり、あと被災してまだまだやっぱりいろんなそろえたいものがあると。 もっと読む
2015-02-17 東松島市議会 平成27年  3月定例会(第1回)-02月17日−一般質問−04号 ◆3番(小野幸男) それでは、3番目、定住人口の促進も含め、市長の答弁にもありますが、田舎暮らしということで、2008年に財政再建団体になった島根県の隠岐の島の海士町という、これはいろんなの見るといつでも出てくるのです。その中で、一番給料が安い自治体として生き残りをかけたと。別に俺、市長に給料安くしろということではないですよ。 もっと読む
2014-12-19 石巻市議会 平成26年 第4回 定例会-12月19日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 政府だって、例えば石巻市が財政再建団体になって、面倒見るのも大変なわけです。自立していただきたいと。元気なまちがよくなるよりも、財政再建団体に落ち込むような市町村が自立できるほうが、私は国もいいと思うのです。そういった意味では、今後基金に関してどのような余り方をするのか。 もっと読む
2014-09-24 石巻市議会 平成26年 第3回 定例会-09月24日−一般質問−06号 最近では、千葉県富津市が財政再建団体への転落の危機があると報道されております。これらの財政力について市長の見解を伺います。 ◎亀山紘市長 お答えいたします。  財政力指数についても厳しい指数にはなっておりますけれども、財政再建団体に陥るほどの指数にはなっていないと。まだまだもちろんこの財政力指数の改良は必要ですけれども、すぐに財政再建団体に陥るということはないというふうに見通しております。 もっと読む
2013-10-04 大崎市議会 平成25年 第3回定例会(9月)-10月04日−06号 夕張市から何を学ぶかということでございまして、御紹介もありましたように、夕張市が平成19年3月に財政再建団体に指定されて、事実上財政破綻したことは、当時の多くの自治体関係者に強い衝撃を与えたことは鮮明に記憶しているところでございます。 もっと読む
2013-09-24 石巻市議会 平成25年 第3回 定例会-09月24日−一般質問−05号 いろんなテレビでも報じられていますが、財政再建団体になるのも間違いないのではとかとさまざまな声が飛んでおります。そういった意味で、大きな企業に向けて、市長がトップセールスをかけるべきだと、もう少し積極的に。例えばこれまで発災後何軒くらい足を運んだのか、あと今後の決意をちょっとお伺いしたいと思います。 ◎亀山紘市長 お答えいたします。   もっと読む
2013-03-04 石巻市議会 平成25年 第1回 定例会-03月04日−施政方針に対する質疑−02号 このまま市政運営に支障を来すようであれば、夕張市のような財政再建団体の文字が頭の隅をよぎるのであります。これまでの復旧事業対応についてもさまざまな批判と評価があるわけでありまして、まさに本格復興に向けたこれらの施策により復興が実感できる年にすることができるのかどうか、改めて市政運営に取り組む決意と所信を伺いたいと思います。 ◎亀山紘市長 ただいまの御質疑にお答えいたします。   もっと読む
2012-09-26 石巻市議会 平成24年 第3回 定例会-09月26日−委員長報告・討論・採決−07号 先般監査委員から異例の指摘があり、震災復興の中で本市の財政が危機的状況に陥り、財政再建団体に転落する可能性があると言われました。震災からの苦境の中にある市民のために、それは何としても回避しなければならないわけであります。そういった観点からも、このたびの災害廃棄物及び入浴支援業務に見られるような事態は、余りにもずさんな政治手法であり、容認することができないものであります。 もっと読む
2012-09-24 石巻市議会 平成24年 第3回 定例会-09月24日−一般質問−05号 石巻市の財政指数を見ると、財政力指数は対前年度0.02悪化し0.48、地方債残高は29億円増加し713億円、経常収支比率が10%悪化し102.2%と弾力性がなくなり、市税収入も半減し、財政再建団体に陥る危険な状態となっています。東日本大震災最大の被災地である石巻市が復旧、復興、そして発展するためには復興交付金事業を最大限に活用すべきであります。   もっと読む
2012-09-20 石巻市議会 平成24年 第3回 定例会-09月20日−一般質問−03号 市長はいつぞや新聞に上がっていましたが、財政再建団体に陥るかもしれないなんて言われていますが、そんな次元でないですよ、これ。ステップ2はまだ概算もできていないのですか。ステップ1は20億円ですが、ステップ2はどうなのでしょうか。だって、もう大体54人の地権者の中、52人の地権者に計画の説明をされているのですもの、せめて用地買い上げ費ぐらいは出せるのではないですか。幾らぐらい見込んでいるのですか。 もっと読む
2012-09-07 石巻市議会 平成24年 第3回 定例会-09月07日−議案説明・質疑・委員会付託−02号 ◆4番(黒須光男議員) 228ページ下から10行目ぐらいに書かれているのですが、一歩間違うと財政健全化団体や財政再建団体への転落の可能性さえ秘めているという厳しい御指摘でございます。私もこの今の石巻市の状況を見ていますと厳しいなと思っているのです。例えば寄附金ですとか、自発的に全国から届いたお金ですとかも総額検討しますと仙台市に劣っているのです。仙台市より集まらなかった。 もっと読む
2012-06-18 石巻市議会 平成24年 第2回 定例会-06月18日−一般質問−04号 こういうふうな状況でありますので、財政が逼迫していく中で、財政再建団体に落ち込まないためにやるべきことはやりますけれども、やはりしっかりとした政策を進めていきたいというふうに考えておりますので、御理解いただきたいと思います。 もっと読む
2011-12-08 石巻市議会 平成23年  総務企画委員会-12月08日−09号 今回の復興予算がどのようなペースで進むかまだわかりませんけれども、意見書の中にも指摘されているとおり、本当に短い言葉なのですが、一歩間違うと財政健全化団体、財政再建団体に転落しかねないという表現なのですよ。  まさにこのとおりだとは思うのですが、しかしこういうふうにならないためにも財政計画をしっかり立て直していかなくてはならないと。 もっと読む
2011-08-08 石巻市議会 平成23年  総務企画委員会-08月08日−06号 ◆阿部欽一郎委員 2ページの中長期の課題についてなのですが、その中で、まずもって率直に私、今回この大震災というふうなことによって、この石巻市が大きなダメージを受けて、なおかつ今後、復旧からさらに成長を目指してまちづくりをやっていくと、そういう中で大変な財政がそこに投資されるわけなのですが、早い話、こういうことをやっていく中で財政再建団体に陥るのだろうなというふうな心配をずっとしていたのですが、この国庫補助 もっと読む
2011-07-12 石巻市議会 平成23年 第2回 定例会-07月12日−議案説明・質疑・委員会付託−02号 ◆9番(阿部和芳議員) 変化に対応するということは大変必要なことですけれども、やっぱりこの大震災で石巻市が例えば財政再建団体になったといったら、国民みんなに笑われますよ。しっかりと対応したということで評価があって、その分の補てんを国がするというのは当たり前の話です、これは。そういった部分でいくと、こういうふうにして石巻商業高等学校の付近でハエ、またにおいが出るということで大騒ぎになっています。 もっと読む
2011-06-21 大崎市議会 平成23年 第2回定例会(6月)-06月21日−02号 これは財政再建団体が350%以上でございますので、それにはひっかからないわけではございますけれども、実質公債費比率は25%を超え35%未満であろうと推測されます。これは財政健全化法に基づきますと早期健全化団体という範疇に入るであろうと考えられます。 もっと読む
2011-02-15 大崎市議会 平成23年 第1回定例会(2月)-02月15日−01号 財政再建団体への転落回避を目標としておりますが、依然として厳しい財政状況が継続するものと見込まれております。  一方、自動車関連を初め製造業の集積が着々と進むなど、企業誘致が順調で、ことしはセントラル自動車が先月6日に操業を開始したのを初め東京エレクトロンや関連企業の工場が次々と稼働を始める予定であり、富県宮城実現に向け、着実に進んでいると言えます。   もっと読む
2010-12-08 石巻市議会 平成22年  総務企画委員会-12月08日−11号 しかしながら、池田市では何と平成7年度に決算で赤字団体に転落したということでございまして、当時作成された財政見通しでは、最小限で毎年20億円以上、向こう5年間で111億円以上の歳入欠陥が生じたということでございまして、3年後には財政再建団体に転落する危険性があったということでして、そういった状況の中から、平成9年から見直し元年と銘打って行財政改革の取り組みを積極的に行ってきたということでございます。 もっと読む