290件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-02-28 平成31年度 予算等審査特別委員会(第6日目) 本文 2019-02-28

東日本大震災で農業用ため池の決壊による被害が生まれたこと、西日本豪雨災害では大雨による被害もあったことなどから点検や対策が進められてきたからだと思いますけれども、この間の経緯についてお知らせください。 107: ◯農林土木課長  東日本大震災において農業用ため池の決壊が起きたことを受け、平成25年から2カ年にわたり全国で農業用ため池の一斉点検が実施されました。

栗原市議会 2019-02-27 平成31年産業建設常任委員会 本文 開催日:2019年02月27日

この事業は、平成27年9月関東・東北豪雨災害で渋川流末の宮野地区において、浸水被害が発生したことにより、平成30年度に排水対策工法などの検討を行うこととしておりましたが、宮野地区において築館高校の新設グラウンド整備や中核機能地域整備の構想を踏まえ、平成31年度当初予算に計上しております中核機能地域築館宮野地区基本計画等作成業務において一体的な排水対策を検討することとしたため減額するものです。  

栗原市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年02月26日

この事業は、平成27年9月、関東・東北豪雨災害で渋川流末の宮野地区において浸水被害が発生したことにより、平成30年度に排水の対策工法などの検討を行うこととしておりましたが、宮野地区において築館高校の新設グラウンドの整備関連や中核機能地域整備の構想を踏まえて、平成31年度当初予算に計上をしております。

仙台市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018-12-14

まず、豪雨災害について伺いたいと思います。  河川管理、護岸改修、ダムの管理等は宮城県の仕事ですから、県との連携が不可欠です。上流域の間伐、森林の保全、貯水池の増設など、やるべき抜本的対策は多くあります。来るべき災害に備え、一つ一つを確実に進めていかなければなりません。  冠水常襲地帯である七北田川、名取川などの下流域には津波が遡上しました。

仙台市議会 2018-10-01 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3日目) 本文 2018-10-01

新たに西日本における豪雨災害あるいは北海道胆振東部地震など大規模災害への備え、猛暑への対応としては学校へのエアコン整備、公共施設等の老朽化などへの対策、こういった喫緊の課題もあるわけであります。こういう政策課題がある。加えて本市の場合は35人以下学級を導入したということで、1年間で7億数千万円、10年間では70億円の恒常的な費用もかかるという現状にあります。  

栗原市議会 2018-09-26 平成30年総務常任委員会 本文 開催日:2018年09月26日

19節16万円の追加は、西日本豪雨災害により被災した市及び各県市長会の中で、東日本大震災の際に宮城県市長会に対して見舞金等をいただいた6市4市長会及び被害の大きかった広島県、愛媛県各市長会に対し、宮城県市長会として見舞金を贈呈するため、その負担金を計上するものでございます。以上でございます。

気仙沼市議会 2018-09-26 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日

近年、全国的に各地で頻繁に、そして突発的に発生する豪雨災害に対して、先ほど天気予報とかいろいろ休み時間に見ましたら、10月1日あたりも台風が通ってくるというような予想でありますけれども、危険リスクを心配している方々が多くいます。  (1)大雨やゲリラ豪雨に対する防災対策について。  河川対策について、松川、神山川、面瀬川の各流域における低地周辺への対応を伺います。  

美里町議会 2018-09-25 平成30年行財政・議会活性化調査特別委員会(第3号) 本文 2018-09-25

全国各地での豪雨災害が多発し、甚大な被害が生じている今日で、早急に美里町自体の水防訓練を考えていく必要があるのではないかという意見が出されました。また、原子力防災についても、東日本大震災から7年の歳月がたち、住民の危機意識も薄れていることから、防災意識の構築や訓練の充実を考えてほしいとの意見もつけ加えておきます。  

仙台市議会 2018-09-25 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-25

地球温暖化に伴い、西日本豪雨災害のような被害が仙台でも起きない保証はありません。事業期間内に工事を完了する努力をすべきですけれども、いかがでしょうか、伺います。 22: ◯河川課長  現在の事業期間の工事完了というのは困難だということでございますけれども、引き続き着実な事業の執行に努めてまいりたいというふうに考えてございます。

栗原市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月20日

今回の西日本豪雨災害の教訓により、宮城県でもため池が6,000カ所あり、緊急の点検のため池は9カ所あるということで、8月中に点検との報道がございました。  以下についてお伺いいたします。  細目1、2011年東日本大震災時に、ため池の点検は実施されましたかどうか。点検された場合、被害内容はどうであったのかお伺いいたします。  

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2018-09-19

評価でございますが、西日本の豪雨災害を受けまして先日開催いたしましたハザードマップの見方に関する説明会や、今月中旬から各区、総合支所ごとに開催しております同様の説明会においても多くの市民の皆様に御参加いただいておりますことから、一定程度浸透しているものかなと、このように認識しているところでございます。 109: ◯佐藤幸雄委員  今さまざまお示しをいただきました。

白石市議会 2018-09-18 平成30年第432回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-09-18

まず、質問に入る前に、先般の西日本豪雨災害、それから台風等で被災された方々、そしてこのたびの北海道胆振東部地震で被災された方々に、心よりお見舞申し上げるところでございます。また、一日も早い復興を心よりお祈りいたしております。  それでは、早速質問に入ります。  まず1点目、発達障害の早期発見について伺います。  

仙台市議会 2018-09-18 健康福祉委員会 本文 2018-09-18

先月発生した西日本豪雨災害において、要援護者の避難にかかわる支援の重要性を再認識した二つの災害の報道内容を紹介させていただきます。  一つは、岡山県倉敷市真備町で死者50人のうち、約8割に当たる42人が避難に困難が伴う高齢者や障害者であり、行政がリスト化した名簿に掲載されていた方々であったということが報道されております。

仙台市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 2018-09-14

この防災タウンページの前段部分には、豪雨災害、地震、津波、原子力災害、ミサイル落下時の対応など、各種災害への備えから始まり、災害が発生した際の避難行動までが記載されております。また、後段部分には、指定避難所、公衆電話、水害、土砂災害のおそれのある区域が表示され、見やすいものとなっております。  

白石市議会 2018-09-11 平成30年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018-09-11

これは平成30年7月の西日本豪雨災害に対するお見舞金として、宮城県市長会から被災自治体(6市・6市長会)に贈呈するための負担金を計上いたしております。  次に、7目企画費12節役務費に96万8,000円を計上いたしております。これは福岡長袋地内に整備を進めている農産物等販売施設の愛称が「おもしろいし市場」と決定したことから、愛称の商標登録に要する手数料でございます。  

仙台市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018-09-10

児童生徒の健康管理を念頭に置き、普通教室を第一に必要な整備を進めることが基本でありますが、ことし七月に西日本を襲った豪雨災害においては、暑い時期の避難所における環境確保がクローズアップされました。本市の学校は避難所となっていることから、体調管理に配慮が必要な被災者に対する対応も含めた検討が必要となります。

白石市議会 2018-09-03 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-09-03

歳出の主な内容は、西日本豪雨災害支援のための愛媛県鬼北町訪問に係る経費及びスパッシュランドしろいし費、中学校教育振興費などを増額しております。  歳出予算に要する財源といたしましては、繰越金を増額して措置しております。  以上が地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分いたしたもので、同条第3項の規定に基づき承認を求めるものであります。  

仙台市議会 2018-07-20 健康福祉協議会 本文 2018-07-20

西日本の豪雨災害で被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、被災地で猛暑の中での救援救助活動に取り組む方々に敬意を表するものです。市立病院はDMAT指定医療機関に指定されて2チーム編成しているということですけれども、出動状況について伺います。